2016-04-01 10:55:05

大型店の次の戦略

テーマ:地域スポーツ店の大型店対策はこれだ!

こんにちは。


スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 大型店も、やがて時流を捕らえた業態開発をして来るだろう


大型スポーツ店のとるべき4つの戦略について述べています。


前回は一つ目の「品揃えを変える」戦略について、説明しました。

次は「製造小売になる」という戦略です。


これは、店のオリジナル商品を企画製造販売する、ということです。


もう既に、いくつかの大型スポーツチェーンは自社ブランドの商品を販売しています。
とはいえ、その数量は多くはありません。


製造小売になるというのは、お店全体が自社開発ブランドを販売することです。
いわば、スポーツのユニクロ版です。


そのためには、優れた商品企画力とマーケティング力が必要になります。
うまく行けば、ユニクロの「ヒートテック」のようなヒット商品を出すことも可能です。


このように、「製造小売」に徹することも、戦略の選択肢としては考えられるのではないでしょうか。


三つ目は、「圧倒的な物量を持ち、IT力を駆使する」という戦略です。
いわゆるアマゾンの戦略です。


アマゾンの特徴はその圧倒的な商品量にあります。
他のどの書店もかないません。


そして、机の前にいてすぐに欲しいものが手に入ります。
その他、一度購入をすると自分の好みに合わせた本を紹介してくれるという機能も備えています。


しかし、アマゾン方式を採用するには、物流のための莫大な費用と優れたIT能力が必要です。
相当な資金力と覚悟がないと、この戦略は採用できません。


また、アマゾンのビジネスの根本の考え方を理解することが必要です。
それが出来れば、スポーツ用品でも展開をすることは可能でしょう。


最後の戦略は、「顧客に近づく」ことです。

これについては、詳しく紹介することはしません。

おそらく、大型スポーツ店はこの戦略はとらないでしょう。
手間隙がかかるからです。


それでも、この方法を採用する大型店がいたら大変です。
町のスポーツ店はひとたまりもありません。


ですから、その具体的な方法は言わないことにします。


いかがでしょうか?
大型店の経営者は、今までもそうであったように、時の流れを見ながら、大胆な発想をしてくるはずです。


ただし、彼らも過去の成功体験に縛られています。
年齢も重ねてきています。


このことは大きな壁になるかも知れません。
いかに優秀な戦略家と手を組むかが、一つの鍵となるでしょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。