2016-03-30 10:14:49

大型店の進む道

テーマ:地域スポーツ店の大型店対策はこれだ!

こんにちは。


スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ アメリカ生まれのチェーンストア理論は破綻をしている


今まで見てきましたように、実は大型店も見た目ほど経営は楽ではありません。
今後も同じ方法で拡大していくとも思えません。


そこで、大型店は今後どのような戦略をとってくるだろうか、ということを私なりに推測してみたいと思います。
それが、あなたのお店の今後を考える上でも役に立つと思うからです。


総合スーパーにしろ、食品スーパーにしろ、ディスカウントストアにしろ、アメリカのチェーンストア理論をベースにしています。
その後に出てきた、家電、紳士服、DIY、書籍など各種大型専門チェーンもアメリカの理論を学んでいます。


ですから、高度成長の時代に、経営者はこぞってアメリカ流通業の視察に出かけたものでした。
スポーツ用品業界の人たちも同じです。


チェーンストア理論の根本は、いかに効率よく売上と利益をあげるかということです。
人件費を含めた店舗運営費用を極力押さえ、出来るだけ商品を安く仕入れて利益を出します。
そして、セルフサービスが基本です。


出店地は主に都市計画によって開発された、ロードサイドの立地を確保します。
モータリゼーションの発達による消費者の購買行動の変化を、見事にとらえました。


売上を稼ぐ手法は、新聞などで大々的にチラシをまいて価格勝負をします。
不特定多数の顧客に宣伝をして、一網打尽にしようという作戦です。
売りものは、広い売場と駐車場、それに安い価格。


そうした戦略は、最近の成熟市場でも通用していくのでしょうか?


既に、アメリカ生まれのチェーンストア理論は、破綻をしています。
その証拠に、多くのスーパーは閉店を余儀なくされ、幾多の業界の専門店チェーンが苦しんでいます。


スポーツ用品市場はどうかと言えば、大型店チェーンは、日本ではまだ勢いがあります。
ところが、アメリカのスポーツチェーンは、その輝きを失っています。


このまま進めば、いずれアメリカと同じ道をたどるのではないでしょうか。
ですから、きっと大型店の経営者は危機感をいだいているに違いありません。


そして、ひそかに次の戦略を考えていることでしょう。

その戦略を私なりに想像してみました。

それは次回に回します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。