2015-11-02 09:02:31

相手に伝わらないワケは?

テーマ:従業員がやる気になる方法

こんにちは。


スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。

http://www.121con.jp/


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 自分が分かっているからといって、相手が分かっているわけではない


部下への指示があいまいだと、上手く伝わりません。


「早く書類を作っておいてくれ」という指示はあいまいです。
「早く」とは、「いつまでに」かが分かりません。


あいまいな指示には、こんな感じのものもあります。


「ちょっと後にしてくれ」


この場合、「ちょっと」とはどれ位なのでしょう。
5分でしょうか、1時間でしょうか、それとも・・・。
分かりませんね。


また、あいまいになるのは、指示をするときばかりではありません。
報告をするときも、あいまいな言葉を使ってしまうことがあります。


たとえば、「お客さんが、たくさん来ました」という報告をしたとします。


「たくさん」とは何人位をさすのでしょう。
具体的な数字を報告しないと、実際のことが分かりません。


このようなあいまいな指示や報告は、他にも多いはずです。

かく言う私も、あいまいな指示や報告をしたことは、何度もあります。


では、どうしてあいまいな指示や報告が起こるのでしょうか。


それは、指示や報告をする側には、伝える内容が分かっているからです。
もっと言えば、自分だけが分かっているからです。


それなのに、相手も分かっているものだと思い込んでしまいます。


先の例でいえば、「今日中」という指示を出すつもりで、「早く」と言い換えてしまっています。
自分の頭の中では、「早く=今日中」なのです。


ですから、相手もそう考えるだろうと、思ってしまいます。
それで、伝えるべきことを省略してしまうのです。


あうんの呼吸とか、以心伝心とか言います。
確かに、そういうこともあるでしょうが、仕事の上ではなかなかそうは行きません。


物事を相手に伝えるのは難しいことです。

しかし、仕事の上では、あいまいさを避ける必要があります。

そのためには、どうしたら良いのでしょう。

その方法は次回お伝えします。



----------------------------------------------
 ☆選ばれる店になるための方法が分かります。

  

  詳しくはこちらから
   http://www.121con.jp/select/index.html
 
----------------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。