2015-10-25 09:49:26

人とコトを区別する

テーマ:従業員がやる気になる方法

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 「人とコトを区別する」ことを、お店の文化にする



前回は、「ありがとうカード」で従業員の人たちのやる気を引き出す方法をご紹介しました。


今回は 「人とコトを区別」してやる気を出す方法です。


「人とコトを区別する」というのはどういうことかと言いますと、


従業員の仕事中に、何かトラブルが発生したとき、「トラブルを発生させた人」と「トラブルの発生したコト」を分けて考えるということです。


つまり、トラブルが発生しても、「トラブルを発生させた人」を責めません。

それよりも、「トラブルが発生したコト」を改善するようにします。

発生した原因を考えて、それを取り除くようにするわけです。


例えば、


Aさんが手配をした商品の納期が遅れて、お客様の試合に間に合わなかった、というようなトラブルが発生したとします。

ちろん、迷惑を掛けたお客様にはお詫びをしなければなりません。

だからといって、Aさんに「駄目じゃないか」といって追求をしないことです。

そうではなくて、「納期が遅れた原因」を追求します。


お店の納期チェック体制がまずいのかもしれません。
受注台帳が分かりにくいということも考えられます。
メーカーやお客様への確認連絡を入れるルールがしっかりと出来ていないのかもしれません。


いずれにしても原因を見つけて、同じトラブルが発生しないようにします。


そういう習慣にすれば、トラブルが起こってもお店の問題が改善されていきます。
また、起きたトラブルを隠そうとすることもなくなります。


これが「人とコトを区別する」ということです。


さらにいえば、トラブルの責任は全てあなたにある、とも考えられます。
そうすれば、従業員の「ヒト」を追求はできません。


そうした姿勢があれば、従業員の人たちには伸び伸びと仕事をしてもえます。

これも、やる気の素なのです。


ぜひ、「人とコトを区別する」ことを、お店の文化にしてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。