2015-10-19 09:12:09

端数価格

テーマ:スポーツ店の価格戦略を考える

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 端数価格はお客様の心理を利用した価格のつけ方である


お客様の購買心理を知っておくと、便利です。


前回、割引については、「○円引き」と「○割引き」とではお客様の心理が違う、ということを紹介しました。


今回は「端数価格」です。
これも、お客様の心理を利用した価格のつけかたです。


スーパーのチラシを見ると、「298円」とか、「1980円」とかの価格が並んでいます。
スポーツショップのチラシにも、「¥19900」や、「¥3980」などの表示がみえます。


この価格のつけかたが「端数価格」です。


20000円で価格をつけるより、19900円でつけたほうが、だんぜん安く感じます。
4000円とするより、3980円とした方がずいぶん安い感じがします。


たった100円、20円の違いでしかありません。
それなのに安く感じるのは、末尾の数字を「8」や「9」にすると、ギリギリまで安く売る努力をしている、というように見えるからです。


ですから、こうした端数価格を使えば、たとえそれが5%引きや10%引きでしかなくても、お客様に安く感じてもらうことができます。


ときどき、定価の1~2割引にあたる価格をそのまま表示しているお店もあります。
そうすると、3420円とか、1615円とか、中途半端な価格で売ることになります。


その場合でも、3480円とか、1680円とか、端数価格にすれば、割引表示の効果が倍増されるのです。


このように、お客様の心理を活用した価格をつければ、販売効果が高まります。


実は、この他にもお客さまの心理を利用できる方法があります。

それを次回お伝えします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。