2015-10-10 09:29:13

利益作戦1と2

テーマ:スポーツ店の価格戦略を考える

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 「旧シーズン作戦」と「アクセサリー作戦」で利益を出す



地域のスポーツ店さんも、価格競争の中にあって、利益を出し続けていかなくてはなりません。

そのための作戦を3つ考えました。


作戦の1「旧シーズン作戦」


以前にも言いましたように、まずは、何でもかんでも1~2割引で販売することをやめることです。


商品によって、定価で売るものとそうでないものとを決めます。
例えば、今シーズンの新製品は、発売から3ヶ月間は定価販売をすると決めます。


そして、時期を見て徐々に販売価格を下げていきます。
そうすれば、最初から割引価格で販売するよりは利益がでます。


一方では、値ごろ感を出すための商品も必要です。
それには、問屋さんやメーカーさんに余っている在庫商品を安く仕入れます。


先シーズンのもので十分です。
余程新しい機能がついていれば別ですが、お客様にとっては、先シーズンのものか今シーズンのものかは、大した問題ではありません。


これらは、うまく交渉すれば定価の20%か30%で仕入れられますので、
それを定価の4割引で売れば50%以上の粗利率です。


仕入れた商品を店頭でにぎやかに陳列しますと、店内に割安感が演出できます。


これが、旧シーズンの商品を販売して利益を出す方法です。


作戦の2「アクセサリー作戦」


次の作戦は、絶対に定価で売れるものをたくさん揃えることです。


例えば、リストバンド、テーピング、ロージンバッグ、スパイク鋲、などの消耗品です。
業界では「アクセサリー」と呼んでいる商品群です。


その内、1000円以内の商品は、まず定価で売れます。
そして、アクセサリーは比較的仕入掛け率が低い物が多いので、利益率に貢献します。


これらのアクセサリーの中で、ソックスを利益の稼ぎ頭にしているお店も多いです。
ソックスも消耗品ですから、数が出ます。


ランニングソックスやサッカーソックスなどを、自店オリジナルとして製造して売ります。
メーカーさんに頼んで、ブランド品の自店オリジナルを作ってもらうことも可能です。


あなたのお店で、ソックス以外にも数の売れる消耗品があれば、自店オリジナルとして製造販売します。
そうすれば、もっと利益がでます。


これが「アクセサリー作戦」です。


そして、最も重要な作戦3は次回で。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。