1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-01 09:07:57

在庫は甘い蜜

テーマ:町のスポーツ店の商品・店舗管理のツボ
こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。

今日お伝えしたいことは


■ お客様の要望を聞いていると、知らないうちに在庫が増える


在庫の話が続きます。

お客様は、ほおっておけば毎年2割づつ減っていくといわれます。

在庫は逆です。
ほおっておくと、知らず知らずに増えていきます。

まだスポーツショップの数が少ない頃、お店で売る商品もそれほど必要ではありませんでした。
メーカーさんの数も、少ない時代です。

野球用品を中心に、学校の授業や部活で必要な用具やウエアをそろえておけば十分です。

徐々にメーカーさんも増え始め、いろいろなブランドがお店に入ってくるようになります。
ゴルフやスキー、テニスといったスポーツが盛んになってくると狭いお店の中は商品であふれかえってしまう状態です。

力のあるお店は、どんどん大型化していきます。
そうでないお店は、依然、狭い売場で何でもかんでも売っている状態です。

お客様が広告で知った新製品やブランドが欲しいといって、お店にやってきます。
お店に置いていない商品も多いので、メーカーさんや問屋さんから取り寄せることになります。

仕入れる予定のなかった商品の問い合わせが、何度も続くことがあります。
そうなると、その商品が売れるような気がして、仕入れてしまいます。

このように、お客様の要望を聞いていると、知らないうちにお店の商品が増えていきます。

売れれば、それでも良いでしょう。
しかし、多くの場合、思ったほど売れなくて在庫として残ってしまいます。

実は、小売業にとって、在庫は甘い蜜です。
売場に在庫があると、安心します。

そして、何となく儲かっている気にもなります。
しかし、それは錯覚です。

在庫をコントロールしないと、大変なことになります。
どうしたらいいでしょう。

その方法は次回。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-30 08:48:09

適正在庫を知ろう

テーマ:町のスポーツ店の商品・店舗管理のツボ
こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。

今日お伝えしたいことは


■ スポーツ用品小売業の統計資料から、自店の適正在庫を知る


ところで、在庫を調べるのはいいけれど、適正な在庫というものはあるのでしょうか。

他の店は、どのくらいの在庫を持っているものなのでしょう。
他人事ながら、知りたいものですよね。

ここに一つのデータがあります。
日本政策金融公庫が調べた、「2014年業種別経営指標」です。
それを見ますと、スポーツ用品小売業の在庫に関するデータは次のようになっています。

・商品回転率:4.3回
・売り場1坪あたりの年間売上高:3,794千円

これから計算しますと、例えばあなたのお店が「年商1億円」であれば、「約26坪の売り場面積」を持っているのが平均です。

その場合のお店の「平均在庫は2,300万円」ということになります。
「1坪あたりの平均在庫は88万円」です。

また例えば、あなたのお店が「50坪の売り場面積」ならば、「年商は1億8,970万円」が平均だということです。
その場合、「在庫金額は4,410万円」になります。

これは、あくまで平均ですから、あなたの店はそれよりも良い数字でなくてはなりません。

もちろん、商品回転率は高い数字の方が良いですし、商品在庫金額は少ない方がいいです。

一度、あなたのお店の数字と比較して下さい。
それよりも悪い数字ならば、もっと商品在庫を絞るか、売上を上げる必要があります。

どちらが簡単かといえば、商品在庫を絞ることです。

とはいえ、在庫はほおっておくと増えてしまいます。
どうしてでしょうか?

その話は次回
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-29 09:52:35

お店の在庫が頭に入っていますか?

テーマ:町のスポーツ店の商品・店舗管理のツボ
こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。

今日お伝えしたいことは


■ 商品調べをすると、効率的な接客やニーズの把握にも役立つ


商品在庫をたずねると、即座に「ある」「ない」と返事の返ってくる店長がいます。
大したものです。

在庫のサイズと数量だけでなく、入荷予定まで教えてくれます。
店長の頭の中には在庫表と発注書が詰まっているようです。

どうして、こんなことができるのでしょう?
それは、常に在庫を調べているからです。

あなたのお店でも、在庫を調べて一覧表にしておくといいでしょう。

在庫を調べるには、そのための専用の用紙を作っておきます。

表のスタイルは、お店ごとに工夫をするといいですが、最低でも品番、カラー、サイズの書ける欄は必要です。
サイズの欄には、ウエアとシューズの全サイズを載せておくといいでしょう。

在庫を調べる時間や担当は、事前に決めておきますが、売場の忙しさの程度によって臨機応変に対応します。

この在庫を調べる作業を行うと、良いことがあります。

一つには販売スタッフが在庫の内容を頭に入れることが出来ます。
すると、接客をしているときに、いちいちバックヤードに在庫を見に行かなくても在庫の「ある・なし」が分かるので応対に無駄がなくなります。

また、在庫を調べれば、当然ですが品切れを起こしている商品が分かります。
補充が必要な商品ならば、発注担当者に連絡をします。

補充が必要なければ、「品切れ」を全従業員に伝えます。
中には「品切れ台帳」を作って、徹底しているお店もあります。

さらに、在庫調べは、商品の動きを知ることが出来ます。
どんな商品がよく売れて、どんな商品があまり売れないか、といったことです。

ということは、お客様のニーズが見えてきます。
これは、お店の品揃えを検討するときに、大変参考となります。

いかがでしょうか。
在庫商品を上手に管理すると、いろいろと良いことがあります。

ぜひ在庫の管理をしっかりと行ってください。

次回も在庫調べの話が続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。