般若心経を唱えたり、般若心経を知る者は、その意味を一度は考えたことがあると思います。


そこに書かれてある『空』とは何か?


人それぞれ様々な答えが浮かんだと思います。


般若心経の本を読んだりネットで検索したり


一般的に『空』はあなたの周りにあるものは全て実体のないもの(妄想)であると書かれているものが多いです。


では、これは真実なのでしょうか?

だって目の前に見えるものは存在しないのですよ!そこにあなたも居ないのですよ!そんなバカなことがありますか!

誰もが一度は疑ったと思います。


だって、目の前に見えているものは、妄想だと言っているのですよ。


現にあるではないか!


疑って正解だと思います。疑うことによって自分で真実を見つけ出させようとしているのです。


人というのは疑うから自分で真実を探し始めたりするのです。そして、自分だけの答えを出していくのです(気づきを得るために)。


自分と同じように他の人も自分だけの答えを出していくのです。
その答えは人間の数に比例するくらい無限にあります。


しいて言うなら『空』とは無限を表し、『色即是空・空即是色』とは無限にあるということはそこに答えがないということを言っているのです。


自分の考えが正しいと言い切ることはその人にとって正解であるように、他の人も同じように正解なのです。


ここから何が言いたいかというと、人それぞれ導き出された回答は縁起によって生み出された経験(価値観)から生じているので、人それぞれ答えが違って当たり前なのです。

ようするに、価値観を持ってしまった偽りの自分から物事を捉えているから偽りの世界しか見えないのです。誰もが同じです。

それが、妄想の世界を作り上げているのです。

したがって、世界が偽りなのではなく、あなた自身が偽りのあなたなのです。

この世界の見えている物の全ては現実に存在する真の世界なのです。


AD