ドタンバタン仕事日記6

テーマ:

行きたいーーーーと熱望した会社祈る


まだまだかとそわそわshokopon  1週間目 ポストに 郵便~~~


不採用通知がーん


ほんまかいーーーがーん


行く気まんまんやったわけで・・・・・がーん



へこみますがな・・・・ガーン



どよーーーんがーん



逆境に強いんですが打たれ弱いんです わたしへこむ



まー落ち込んで当たり前ですわい。 


笑える人 おるんですかちゅう話で 


正直に


私 へこみましたSOS で・・・・よろしいの 



ふしぎなともだちがおおいので何かをキャッチして


お~~~い  と連れ出してくれて あっちこっち


ありがたいことですしあわせ



連休明けには よーーしと ハローワークへ


時間かけてピックアップして窓口に持っていき


会社に問い合わせすると 40才までーーとか


20代 30代とか 言われてしまうわけで・・・・


全滅の時もあるんでさー


いっつも思うことだけど怒



書いとけーーーーーーーーーーーーーー勝者勝者勝者 




そういうこと 繰り返すと へこむようなかわいらしいこと言うてられなくなるので



こっちが選んでんのよ~~~と 悟りという名の 


やけくそ???? 開き直り????気味



いえいえ 自己否定 自分の無価値感を 持ち続けてるのを


いやというほど観て 気づく


会社が採用してると表面的に見えるけれど 外側じゃなく


内側に起こっていることなんですね。


選択肢はこちらにある。


就活という 私に一番 身近で 必要で 意識が集中する出来事の中に


大事なレッスンが 組み込まれています。






今日は  面接へ


通された会議室の壁に はってありました。


もしかして もうここに来ることがない たった1度の出会いにも


すてきなメッセージを心に残してくれるんですねキラキラ


愛に溢れてますねおっきな愛?



「ほほえみ」
                   ロバート・バー


ほほえみ

それは一文も元手はかからない。

しかし、おどろくべきものを人に与える。


ほほえみ

それは人に与えても一向に減りはしない。

しかし、もらった人を限りなく豊かにする。


ほほえみ

それは人生のあらゆる問題に対して
 

神の与え給うた妙薬である

しかし、このほほえみは、
 

金で買うことも、人から借りることも、
 

盗みとることも出来ない。


ほほえみ

それを生み出すのに
 

時間は少しもかからない。

しかし、それを受けた人の記億の中には。
 

永遠に残ることさえある。


ほほえみ

これがなくても生きてゆけるほど強い人は、この世にいない。

これがなくてもいいほど豊かな人もいない


ほほえみ

それは家庭の中に幸福を作り出し

職場に善意をつちかい

友情をやしなう


ほほえみ

それは 疲れ切った魂に安息を与え、

悲しい心に光をもたらす。

それはあなたの、心の奥底から湧き出して、

惜しげもなく与えられた時だけ、

値打ち出てくるものである。


ある人々は、

あなたにほほえみを与えることができないほど疲れている。

だから、その人に ほほえみをあげることの出来るのはあなたです。







ペタしてね
AD