{0EDE3F06-CEF5-4743-960C-44B4854DB7F8}

5月13日からはじまり

本日11回目のカラオケ教室

本日最終日です。

 

午前の部は 女性中心(男性1名)

午後の部は 初の男性のみ(偶然ね)の参加でした。

 

今回も2回目受講という方がいらっしゃいました。

今日の日に合わせて宿泊されたとか。

本当にありがたいです。

横浜から 今日のために参加されたかたもいます。

1回目がとても勉強になり

最終日の今日 来てくれたのだそうです。

本当にうれしいです。

その方 司会のプロらしく

歌もうまい(滑舌がいいのはそのせいだったのですね)

それでも教えるところを(教わりたいところを)見つけて指導します。

 

細かいことも知らないうちに教室はスタートするのです。

当然 プロ並みにうまい方

絶対 プロかプロだった方

いるわけです。

一方で 初心者のかたも参加されてます。

歌は好きだけど 一人で歌ったことのない方もいます。

 

脚や腰の悪い方も参加されることが多いです。

脳梗塞を克服した方もいらっしゃいました。

 

幅広い(広すぎる)受講の皆様に充実した教室となるよう

心を込めて 誠心誠意 務めさせていただきました。

 

宿泊者無料の教室です。

でも 無料だから どうでもいいのではありません。

イベント業者からの依頼時には

「先生のプライドもおありでしょうが 参加した方が楽しく歌って帰ればいい」

そのようなニュアンスでお話がありました。

始まってみたらお客様の要求は

そういった「ただ歌えばいい」ではなかったのです。

 

無料だからこそ付加価値があります。

無料なのに有料以上のことが習得できましたと

たくさんのお客様に喜んでいただきました。

教えるというのは

教える側も「教わる」のです。

だから プライドではないのです。

先生も生徒も一緒に向上していくものですから。

 

そこの大事な部分がかみ合わない。

方針の違いは仕方ありません。

ホテル側からは 次もお願いしますとのお話はあるのですが

イベント業者が先に入ってる場合は 少し面倒がおきます。

難しいんです・・・('ω')ノ

 

また機会がありましたら

カラオケ教室 楽しんでみたいですね

 

受講された皆様

素敵なうたをありがとうございました

 

 

 

 

 

AD