2005-11-06 12:14:34

SWING GIRLS and a BOY

テーマ:MOVIE/映画

SWING BOY?

これまた、画像を再利用でECOな今日この頃。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?


昨日TVでやってた、スウィング・ガールズを観て、去年を思い出した

なんか、タンスの奥から、懐かしい写真を見つけた感じだ。

・・・で、馬鹿だなぁ、こんな顔して若いなぁ、みたいなぁ。


って、この友達は飲んだら、今でもこんな顔だけど・・・若くもないけど。

頭をスウィングし過ぎで、頭を回るアルコールで、今宵も宴でアンコール!


今宵限りの晩餐、エプロンする奴としない奴

あなたはどっち?で料理でしょう?


1度っきりの人生、スウィングする奴としない奴。

あなたはどっち?の通りでしょう?


・・・エプロンしながら、スウィングとか・・・

音に合わせて、腰をスウィングして、包丁、ブンブン振り回しちゃってさ。


良いねぇ。楽しそうで。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-30 18:15:25

24hour party people

テーマ:MOVIE/映画

24hour party people

この人トニー・ウイルソン。
カマッぽいけど、気にするな。


ケンブリッジ大卒、ファクトリーレコードの創立者であり、伝説のクラブ「ハシエンダ」の創設者であり、マンチェスターのテレビ局の司会者であった人物。(彼はいまではそのテレビ局の社長らしい)。

この人、すげぇの。


なにが凄いって。この人のレコード会社「ファクトリー」は何も所有せず、アーティストが全てを所有するアーティストはクリエイティブに自由(ドラッグまで・・・)で、やめるのも自由(free to fu*k off)


ってな、一枚の血判状だけで、会社を運営して、イギリスで一大ムーブメントを巻き起こしてた。しかも、ケンブリッジ卒のくせに、音楽業界で。興味のある人は「24hour party people 」って映画を見たらいいかも。


昔、自分でデザイナーとして会社モドキみたいな事をやっていた時の名

「aReam design factory」 ※aream=art+dream 「夢とアートのデザイン工場」


ファクトリーをつけたのは、この人とアンディー・ウォーホールの影響。


多くの優秀な人々が「文化の世界」に興味を持って欲しいと激しく思い、
日本のクリエイターの地位向上を夢見るぼかぁ。


こんな会社を是非、創ってみたいね。

24時間パーティーチューンな会社。とにかく、所属している人は自由な会社。
ただし、作品には魂をかける、そんな奴らの集団を。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-22 00:50:48

キューバ・リブレ

テーマ:MOVIE/映画

Che_Guevara

クラブで働いている頃から、好んで飲むカクテルは、ラム(ハバナクラブ)&コーク。


別名、「キューバ・リブレ」

味も名前も大好きだ。


ラムとライムで、ライミング(韻を踏む)。

次から次へと流れる、言葉と、この場、

滑らかに口はまわるが、アルコールで頭が回る。


そして、歴史の世界へ。


フィデル・カストロとエルネスト・ゲバラが運命的にメキシコで会う。

英雄ホセ・マルティに続き、キューバとラテンアメリカの自由を夢見て革命を起こす。

打倒バチスタ・ヤンキーズ(米国)・・・


でも、暮らし!は厳しいから、デモクラシー(民主主義)。
ってな、自由への革命。

先日、このブログで紹介した「ドット・ジ・アイ」って映画に出てたガルシアが主演の

「モーターサイクル ダイアリーズ」っていう、革命家チェ・ゲバラの若き頃を題材にした映画を観て、

その後「チェ・ゲバラ&カストロ」を観た。


自由への革命。革命の善し悪しは、きっと誰にもわからない。


ただそこに命をかけた、人々の魂は消えることはない。

また、それに応じて起きた「変化」は消えることはない。


現にこうして人の思想に影響を与え続け、起きた変化から歴史はチェーンのように

続いているのだから。ぼかぁ、生涯革命家だったチェ・ゲバラに大きな、リスペクト。


体制を変えるということの、大変さ・・・革命に、痛み・犠牲はつきものだ。

なぜなら、革命を起こす方も、命をかけて、理念を突き通そうとするからだ。

って僕の言葉足らずな説明だと、非常に薄っぺらいものに見えてくるので、ここまで・・・


"my revolution first and then yours" by カストロ to チェ・ゲバラ


人道自由快楽主義者

11760。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-21 00:10:09

dot the i ドット・ジ・アイ

テーマ:MOVIE/映画

dot the i


「ヘン・ナイト・パーティー」でのKISSから始まる。愛とミステリー。


  dot the i


「変な意図」のパーティーではなく、結婚前の女性がその場にいる、もっともセクシーな男性と最後のKISSをするという、フランスの由緒正しい?パーティーらしい。カッコイイじゃなくて、セクシーっつうのが、フランスらしい・・・とカルチャーショック。


そして本編を見て、さらに2005年、東洋の小さな島でオイラ、ショック!

思わず、アラブにアブラを探しに行きそうだ・・・意味不明な蜃気楼。


久々にのめり込む、映画だった。先が読めない。

音も良い。しかも、主演の二人、ガエル・ガルシアとナタリア・ヴェルベケの演技がまた良い。


ただの三角関係と思っちゃいかんぜよ。ミステリーサークル改め、ミステリートライアングル。

緊張感もあるうえに、オシャレな映画でした。普段あんまし、褒めることのない自分ですが・・・なんかわからないけど、全体的にセンスを感じる、MOVIEでした。


結末は言っちゃいけない感じですが、


ドットは愛を完成させる、最後の言葉らしい・・・(スペインでは)


・・・何度もドットを打ってる、おらぁ、沢山の愛に終止符を打つのか?


打ちまくる。ドット。怒涛のドット


おっと、ドットじゃなくて、ちょっと「。」を使っちまった・・・

ドットを打って欲しい人、大募集。ドットだよ。全員集合!

ミステリートライアングル(三角)関係、改め、ミステリーペンタゴン関係希望!

←こんなの良いよね?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-05 01:15:18

NANA

テーマ:MOVIE/映画

nana ナナって子と、「NANA」って映画を観た。

奈々って同じ名前の二人が、上京する話。


前みても、ナナ。横見ても、ナナ。

ナナめを観たら、間違いなくナナな訳で。

ナナ×3人で21になるわけで・・・(意味不明)


さて。この映画の原作は「ご近所物語」で有名な?

矢沢あいで主題歌は中島美嘉、作曲はラルクのHYDEらしい。

ほっといても、売れそうな予感。(良し悪しは別として)


主題歌「GLAMOROUS SKY」 ・・・グラマラスな空と聞いて、

女体の雲を思い浮かべたのは、きっと、僕だけじゃないはずだ。


まっ、普通に訳すと「魅惑的な空」って、

女体とはまったく関係ないんだけど・・・って当たり前か。


正直、この類の感情に語りかける、映画は苦手なんだが、

まあ、なんも知らないで観ても、普通に楽しめた。

ただ、問題は東京生まれのぼかぁ、夢を追って「上京」するという、

感覚・価値がわからない。


如いて言うなら、小さい時に、親に連れられて、「どらえもん」の映画を見に新宿に出た時の感覚が、上京に近いのだろうか・・・

かなりの勢いで「夢(どらえもん)」を追ってた事は、間違いない。

そして、その夢は、走るチョロどらえもん(映画の付録)となって、

叶っていたような記憶がある。


とにかく!今回も、キャラメルポップコーンとコーラを無事完食。


・・・脈略が感じられず、なぁ~なぁ~だなぁ。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2005-09-02 01:05:34

星になった少年

テーマ:MOVIE/映画

star

 「星になった少年」

 といえば、「スター★にしきの」を思い出す人は、

 

 おしいっ。

 いや、おしくない。

 むしろ、おいしい。 

 

 でも実は、ここだけの話、

 誰もが「心」癒され、胸がいっぱいになる、象と少年の話。

 

 でも実は、ぼくだけの話、

 キャラメルポップコーンLを食いすぎて、

 腹が満たされ、胸焼けになる、象と少年の話・・・

 

 ・・・に、成り下がったから、ビックリだ!ランディーも、泣いてたよ。


 でも、内容は良かった。Boys be Ambitious って言葉を思い出した。

 音も凄く良かった。坂本さん、あんた「ら」はやっぱり、世界の男だね。

 (主人公の坂本哲君、坂本龍一君、なぜか、ここで坂本九もリスペクト)


 ただ、問題は、タイトルだと思う。

 「星になった少年」って、なんだかんだ言っても

 「スター★にしきの」を思い出す。というのは、オツムがオカシイけど。

 

死ぬんだなぁ~、彼。ってタイトルから分かっちゃうの。

 

やっぱ、死ぬと分かってしまうと、

そのタイミングとかが、気になって、気になって・・・


ポップコーンから、手が離せない。

もとい。

スクリーンから、目が離せない。

結局のところ、ポップコーンから、手を離さない。


象を洗うシーンで、川で溺れるんじゃねぇ~の。

サーカスちっくな動きをしてる時に、踏まれるんじゃねぇ~の・・・とか、心配で心配で、夜も眠れない。


そんな、いらん想像を沢山してしまった・・・象。(かなり弱気。かなりオヤジ)

しかも、そんなんいらん象。


まあ、でも実話にしては、沢山「想象」できた、良い映画でした。

ぱおーん。

いいね!した人  |  コメント(76)  |  リブログ(0)
2005-07-06 02:43:26

いまを生きる

テーマ:MOVIE/映画
seize the day

Seize the day

最近、薦められて見た映画「いまを生きる」に出てくる、言葉。


良い響きだ。


キャプテンと呼びたくなったわけではないが、映画も、まあ良かった。

ノスタルジックな感じ。(今日も快調に適当批評+見るのが異様に遅いぞ)


この映画で一番共感できたのは、ヌワンダこと、チャーリー。

最後まで、自分の意思を貫き通し、その時を生きたのは、彼だけな気がする。


Seize the day

と言いながら、高校のとき、今を生きすぎて、Seized by the 香港Policeみたいな・・・

Seize=逮捕って意味もあったよなぁ、確か。

その時、一緒に捕まった友達は、今では立派な 香港ポリ公 (実話)


そんなときもあった。


時が経ち、いまを生きられているか・・・イインダこと、イイチロウ。

こんなんで、良いんだ?


photo&art by 11760

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-07-05 02:34:30

ピニェロ

テーマ:MOVIE/映画

pinero

Final Chapter of my life

Even if nothing was happening in my world

Life was there


Even if nothing was happening in my words

but I was there


人生のピエロだった、ピニェロは間違いなくエロだった。

こんなステキな言葉を吐けるヤツなんて、プロに決まっている。

感性ビンビンの自分に正直なヤツ。


昔のヤンチャだった、イイチロは間違いなく麻呂だった。

こんなステキな唾を吐けるヤツなんて、エコに決まっている。

歓声ブーブーの自分に自暴自棄なヤツ。


Even if nothing was happening in my words

MAYUGE wasn't there...


But life was there ・・・ and here!


流れる言葉の世界に酔いしれる、言葉の力を思い知る

そんな貴重な時間でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-13 00:03:03

Ray

テーマ:MOVIE/映画

Ray

目を閉じて、自然の音に耳を傾ける

 そこには、新たな発見が・・・


遅ればしながら、映画「RAY」を観て、ふと、そう思った。

彼はイッちゃってる。凄すぎ!


でました、相変わらずの適当映画批評。


ただ映画が、僕にどれだけ、「影響」を及ぼしたかというと、

トイレまで手を広げて目をツブッて行ったぐらい、影響力があった。 ただ・・・


その際、右足の小指が、壁の角にHIT!


俺もイッちゃってる。痛すぎ!

目を閉じて、自然の音に耳を傾ける そこには、新たな発見が・・・小指が膨張。凡人は煩人。


ただ、彼のおかけで、久々に創造活動への意欲がでた。で、上手(じょうず?)に見えますのが・・・

ECO-ART。「目を閉じて、音を聞き、背中で語る・・・」 


RAYの前に音楽があり、RAYの後ろに音楽がありました」 by ボニー・レイット

11760の前に壁があり、11760の後ろに苦痛がありました」 by 11760


RAYには音楽が先にあって、女性。覚醒剤。お金があった。

11760にはECO-ARTが先にあって、女性。覚醒剤。お金までない。


その全てを手にしたRAYの生き甲斐は、やっぱり音楽。

その全てを手にしてない11760の生き甲斐は・・・やっぱり道楽?


RAYはやはり、天才だ。

11760はやはり、天災だ。


はぁ・・・


彼の  I Can`t Stop Loving You  でも聞きながら、今宵は酒でも飲もう!

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2005-06-05 04:20:48

2046

テーマ:MOVIE/映画
2046

「恋する惑星」「花様年華」「ブエノスアイレス」の香港が誇る巨匠ウォン・カーウァイ監督作品・・・「1176」

ん?勝手にタイトルを変えて、右見て、左見て、右で・・・手を上げて、渡る歩道はガキばかり。


本当のタイトルは「2046

社会の評価はいまいちだったみたい・・・やはり、渡る世界は鬼ばかり。


2046の話題は女優・男優のことばかり・・・それってどうなの?

ぼかぁ純粋に、この作品の映像美とその雰囲気が好きだ。DVD 買っちゃったし。

ウォン・カーウァイの作品は昔から、2つの話が交差したりという、想像力を描きたてる感じ。

というか、先が見えすぎるストーリーが多いハリウッド系よりも、全然刺激的で美的で、素敵。


意味がわからない・・・ツマラナイとか、ってコメントを良く見かける。


でも、では、聞きたい。何の意味を知りたくて、映画を観るのかと?

情報を与えられれば、それでHAPPY?意味がわかる映画って・・・なに?


未来からロボットが来て、正義が戦って、勝利して、おめでとう?

もしくは、苦境におかれた恋する二人が、SEXして、でも死んだり、悲しい?


とにかく、人に答えを与えられるだけでは、悲しすぎないかい?

自分が理解できる範囲が、意味わかる、感動する、良い映画なのかぁ?


そうだとしたら、ぼかぁ、人生、相当ツマラナイ・・・だって、このオツムにゃ、知らない事が多すぎる。

ぼかぁ、自分が想像出来ないことを、さらっと想像しちゃう人を、凄いと思うけどなぁ・・・
だって、楽しくなるじゃん・・・想像したモノを創造したら。


莫大な資金で作る、わかり易い映画。

膨大な想像力で創る、わかり難い映画。


前者、後者、あなたはどっち?


まあ、ぼかぁ、彼の映画を観ると、こんなカックイイ映画を作るアジア人がいるんだぁ!

・・・と感激した高校生の時を思い出す。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。