ダ・カーポ@五反田

テーマ:



「鯛うどん」                      「鯛玉」



「お店の外観」                   「店内の様子」


五反田「ダ・カーポ」に行ってまいりました。

かなり変わったお店だということで、ずっと行きたいと思っていたのですが、五反田に行く用事もなく・・・。

今日原美術館に行ってきたので、五反田まで歩いて行ってみました。(ヘンリーダーガー、良かったです)


「CD・LD 輸入雑貨」そして、・・・・「鯛焼き」・・・・?噂に違わず不思議なお店です。

店内には雑貨やCD,レコードがいっぱい!店主はどうやらプレスリーが好きらしい・・・。


先日テレビで紹介されたらしく、予約注文でいっぱいで、20分~30分は待つことが多いようです。

私は少し待つぐらいのほうが焼き立てを食べられるし、気分が盛り上がってよりおいしく感じるし、ゆっくり焼いているところを見られるので良いですけど、

あまり時間のない方は予約をしたほうが良いかもしれません。

私は12個買ったので結構待ちましたが、1つ、2つの人は先に廻してくれてるみたいでした。


養殖物、型は半回転式のバタバタタイプ。

タネを薄くひき、しっかり火が通ってから中身を投入しています。


お店の中や焼いているところを見ていたら、焼きあがったようです。

「あんこと鯛うどんは、絶対頭から食べてくださいね」と店のおばちゃん。「・・・・・・・・?????」


種類は鯛焼き(あんこ)、鯛玉(卵、ベーコン、水菜、)、鯛うどん(キーマカレー)の3種類。

しょっぱい→甘い→辛いの順番でいこう、とまずは鯛玉から頂きました。


うん、おいしい!!

ベーコンエッグは以前京都で食べたことがありますが(ベーコンエッグ鯛焼きの記事) 、水菜が入っていたり、粒こしょうが効いていたり、あちらより凝っていて、完成された感じ。


あんこも甘さ控えめで、おいしい!バリも残っているし。皮に甘みはなく、しっとりタイプ。

食べ進めてしっぽまで行き着くと・・・・おっ!?何だコレは・・・!

なるほど、「頭から食べてくれ」と言ったのはコレのせいか。


最後に食べたのは鯛うどん。うどん、といっても麺は入っていません。

近所の「うどん」というカレーやさんが中のカレーの味付けを担当しているのだそうです。

油が染み出てくるのでコレだけ耐油紙でできた袋に入れてくれます。

表面にはクミンシードがまぶしてあって、雰囲気ありますね。

うわーーーおいしい!

中身はカレー味のひき肉とチーズ。辛さも香りも、本格的です。

鯛焼き巡りにはまる前に神保町カレー巡りにはまっていた私が太鼓判を押します。

もちろん、しっぽに秘密入り。


ブログでお店を紹介してもいいですか、おばちゃんに聞いたら、

「いいけど、しっぽの事は秘密ね」とのことだったので、しっぽの秘密は是非、お店で確かめてください。


ググっちゃだめですよ・・・??


価格 鯛焼き(あんこ)130円 鯛玉150円 鯛うどん180円

住所 東京都品川区東五反田1-3-10
TEL   03-3440-5708




AD

コメント(2)