最初にお伝えしますが

自力整体の教室は、症状別に行うものではありません。

いまから読んでいただく自力整体を

全部やります

 ゆるゆるとね・・・



身体が硬い人

自力整体はヨガとかストレッチとは別ものなんです

決して周りの他の人と動きを比べません

違う動き、違うカタチになるものなんです

だって、凝っているところ痛みがあるところは人それぞれ違うんですから

自力整体のいろんな動き

そこへ向かおうとするときに身体にくる刺激を味わうのが自力整体

そう・・・痛気持ち良いを味わったもん勝ち!!

無理をして頑張る人は自力整体をやっていません

それはストレッチや運動をしているんです。

逆に身体が柔らかい人やコリや痛みのない人が

自力整体をやっても

この気持ちよさを味わうことはできないのかもしれません・・・

でもコリや痛みのない人がこの世にどれくらいいるんでしょう?

ほとんどの人が何かしら

自分の身体にスッキリしない部分をもっていると思います

身体の硬い人ほど

自力整体は向いている・・・とも言われています

刺激を味わう・・・これが自力整体です。


首や肩のコリ

これは案外簡単に和らげることができます。

肋骨を持ち上げてあげるんです

脱力して首を動かしてあげるんです

骨盤のねじれを正すんです

ゆるゆるとね・・・


腰痛・坐骨神経痛・脊椎管狭窄症・膝の痛み

痛いですよね、辛いですよね・・・

大腰筋を緩めてあげるんです

中臀筋の緊張を解いてあげるんです

仙腸関節のずれを元に戻すんです

背骨の隙間を広げて神経圧迫を解放させてあげるんです

ゆるゆるとね・・・


生理不順・生理痛・生理前症候群(PMS)

女性として生まれてきたことに喜びを感じましょう・・・

毎月やってくる生理を億劫に思ってはいけません

身体がその思いに反応してしまうんです

仙骨をゆるめて

仙腸関節の開閉がスムーズにいくようにします

ゆるゆるとね・・・


高血圧

気持ちをゆったりさせる癖をつけましょう

日中はしっかり身体を動かしましょう

頚椎の動きが悪い

首が肩にのめり込んでいる人は

自力整体で全身を緩めて

脇を伸ばして肋骨を持ち上げ

しっかり脱力が出来てから頚椎を緩めていきましょう

とにかく全身の血流をよくしてあげましょう

ゆるゆるとね・・・


更年期障害

日中はなるべく外に出てよく身体を動かすこと

少し大げさなくらい大声で笑う

私は1961年生まれです。

わりと楽に更年期障害を通り過ぎることができたと思っています。

母に言わせると、まだ終わってないよと言われますけどね(笑)

私の場合、それは不眠というカタチで現れましたが

症状は人それぞれ

時々、体温調節が不安定になるよ

でもそんなの気にしない!全然

なにか夢中になることを見つけるんです!

どんな形でもいいから、それに打ち込むんです。

楽しい・嬉しい・わくわくする

こんな時間を少しでももつことで、自然と通り過ぎていきます。

自力整体で仙腸関節の開閉をスムーズにしながら

通り過ぎるのを待ちましょう

両脚をピタッと付けて立てますか?

背筋は真っ直ぐに伸びていますか?

肋骨が下がって、骨盤が上がっていることで老けて見られませんか?

これら全部を自力整体でよくしていけます。

ゆるゆるとね・・・




だからね・・・

何度も言っているように

ゆるゆるとね・・・そうして欲しいの。






 

 

 

 




 

AD

コメント(3)