普通の大学生が内定をとるための”考える”就活ブログ

普通学生が大手企業から内定を取る秘訣を書いていきます。
このブログのおすすめポイントは
①就活したのが割と最近なのでおっさん達の意見よりリアルタイム
②神スペックではなくノーマルスペックだったので親近感があり
③文系就活


テーマ:
まだまだ行きます!!
今日このブログを読んで少しでも意識が良い方に変わる事を願いつつ一生懸命記事を書きます。ここに書かれている事は全て大切です。この考え方が成功する為の思考なのです。

ここに皆さんへの応援ソング動画のリンクを張っておきます。
疲れたときに見て下さい!!笑いと気合いがみなぎってきます!
【松岡修造】無限応援曲 ~富士まで届け、不死鳥の雛~【完成版】
(音量注意!!自分の好きな方です^^)

3、4年生に教える就職活動の要領 2009内定者が悟った800の事
から大切なこと伝えてます。まだ半分なので付いて来て下さい!!

65
スタートの早い就職活動は危険。 
俺のように意識の高い奴にありがちな失敗は、9月くらいから始めて11月にはやりきった感でいっぱいになってしまうことだ。 
気付くと2月とかで俺は結局合同説明会5、OB訪問0、個別説明会0という最低な結果。 
それでも就職偏差値60以上のところには受かったけど周りに比べて焦る。

早く始めても集中力が持つ人もいるし、短期集中の方がいい人もいます。ただし、私は前者をおすすめします。短期集中はあるていどやりたい事が決まっていてポテンシャルが高い人向けの就活だからです。とにかくメインは2~4月です。ここでだめでも5月末までは諦めないで下さい。その後は秋採用まで期間が空きます。
66
合同説明会はいらないって意見多いけど、俺は一・二回は行くのも有りだと思う。 
あまり知らない業界覗いてみると幅が広がる。 
ただそれは就活でないに等しいから満足したら負け。 
業界研究の一貫でしかない


合説に行った、説明会に行った、就活本を読んだ、ESの下書きをした、友達と就活の近況報告をした→これらは面接一回の大切さに劣るくらいですから、とにかく1回でも多く面接を受けて慣れて下さい!!
67
2ch就職板の情報なしに就活は戦えなかった 

十分な情報リテラシーが備わっていないと使いこなすのは難しいがよくも悪くも2chはすごい

>>299 
俺もそれは思う。 
2chは偉大だ

この時代情報リテラシーで遅れているのは致命的です。ある意味就活の見えない部分は情報戦です。ただし、情報が多すぎて何を信じて良いか分からないと思います。自分のブログを過大評価するつもりはありませんが、自分のブログはかなりリアルな情報だけを書いています。好き嫌いはあると思いますが参考にして頂いて結果が付く事は保証します!!
68
間違ってもランキングで企業選びはするな。 
ランキングはブラック企業ランキングだけ見ればいい


ランキングで選んで、自分の人生を振り返ったときに「自分はいい会社選びをした。」と胸を張って言えると思いますか?上記の上記の通りブッラクだけはいっていけません。休みなく毎日朝から深夜まで働かされると人間は転職しようと言う考えすら思わなくなります。それがブラックの思うつぼなのです。人生捨てますよ。(※仕事内容がクリエイティブや転職出来るだけのスキルが付く会社は別です。高給も別です。)
69
嘘でも第一志望というべき。じゃないと内定くれない。 
他と迷ってるでも結構落とされると思う。


この迷いは絶対に魅せては行けません。自分の他に喉から手が出るほど入りたい子が控えている事を忘れないで下さい!!
70
年収に関しては夢を見すぎないこと 
全産業の平均が500万円ぐらいなんだから、それぐらいで人並みの生活ができるわけだし


電博 TV局 総合商社 のような給料が本当に稀です。あんな会社は長くは続かないと私は信じています。給料はその人の実力に合わせて支払われるもので、会社にいれば保証されるものではないと私は考えています。自分がスキルアップした先に高い給料があると考えるべきです。
71
大手だから優良、中小だからブラックというわけではない。 
そこら辺は企業によるから説明会、OB訪問などでは聞きにくい質問もするべき。 
特に大手はCMなどのイメージ戦略で無条件に優良のイメージがつきやすいので注意


大手の自体基準が曖昧。自分は売上高、従業員規模を大きい会社を大手、安定はしているかもしれませんが、社風は詰める文化が根付いてる所も多いと思います。
それよりも、中小=ブラックはありえません。中小企業でも良い会社はたくさんあります。それは大手も羨ましいくらいに。
あと、CMをやっている会社は就活倍率だけ以上に高くなりますので要注意です。

72
顔の良し悪しも個人の能力のうち

ルックスは営業にあいても非常に大切です。男性はイケメンかどうかよりも清潔感が大切です。残念ながら、女性は美人の方がかなり特です。それは日本の企業が男性社会であり。採用する役員に男性が多いから同じ評価ならルックスを良い方を選ぶのは当然かも知れません。これは生まれ持った才能でどうすることも出来ません。ただし、偏見かも美人の人は生まれながらに努力を怠る傾向にあると思います。けれど、男女ともに愛嬌だけは捨てないで下さい。愛嬌がある子は、冷たい美人よりも魅力的なのです!!
73
内定者体験談は参考にしないように。 
大学のなかでも「超優秀」な奴らから選りすぐった奴だから。そして、就活は年によって違う。 

自己PR、志望動機を一本の糸で繋げろ。 
よく考えれば当たり前のことなんだけど出来てない奴が多いよ。


内定者体験を話す方のスペックは以上に高いのをご存知でしたか?彼らの意見は凡人には何の役に立ちません!!

自分の以前記事にも書いていますが、履歴書を見てその子のイメージがわかないのはアウトです。デザインが好きだからアップルの家電を作りたい。大学ではプロダクトデザインを先攻し、デザインコンペ受賞。趣味はヨドバシの探索。極端ですが、コレぐらい1本軸が必要なのです。内容がしょぼくてもこの軸がしっかりしていればライバルと差をつける事が出来ます。

74
リクナビなんかでよく見る、 
「要領のいい人が、仮面をかぶって演じて内定をたくさん取っている。 私は真面目に地道にやっているのに内定が貰えない。ずるい。でも演じてまで内定貰う意味を感じません。」 

とか、まるで要領のいい人が何の努力もしてないような言い方、 
自分が最大限努力してるかのような言い方をするやつ。こういう奴には絶対なるな。 
見ていて頭悪いなって思うし、大抵こういう場合は本人の性格に問題がある。


ビジネスは要領と結果です。日本の就活制度にブーたれるのであれば、結果を出してからにして下さい。それでもいやなら、完全実力社会の欧米で就活してみては如何でしょうか??
75
面接官の「なんで?なんで?」攻撃が自己分析に一番良かったりする
>>341 
同意 
「なんで?なんで?」は自己分析の段階でやっとくといい 

あと面接ではとにかく自分に自信を持って話すこと 
または自分に溢れるほどの自信を持ってる風を装って話すこと


面接をたくさん受けて欲しいと話している大きな理由が2つあります。1つはその場に慣れ上手く話せるようになる事。2つ目は自分の話すべきエピソードが勝手に固まって行く事。ここで上手く話した内容を文章にすればESや履歴書の完成です。簡単な事です。

慢心に見えない自信は大切です。企業が新人を採るという事は未来を見据えての投資なのです。その経費に見合う子を採るのに自信のない子は採りたくありません。ただし、謙虚と感謝の気持ちは忘れずに。

76
就職活動中は自分のテンション高めに保て 
萎えてると面接で伝わる 
萎えるような企業は切ってよし


まさに、これ。萎えているような会社に入っても楽しくありません。入りたいと面接の時からワクワクするような会社をたくさん見つけて受けて下さい。自分が何をしたいのか自分の過去の記事を読んで頂ければきっと見つかります!!質問してくれても結構です。
78
スタミナとメンタルとスピードあるやつが勝つ。誰よりも早く始めて、テンションややる気を高いまま何ヵ月も持続できれば、学歴なかろうが、少々頭悪かろうが、ある程度のところには就職できる!

学歴と強いエピソードを補うのが唯一これなのです。学歴やエピソードに引け目を感じているのに就活の行動力もなければ、3つある子も多いのに絶対に勝てません!!
79
学歴通じるのはエントリーシートまでだな本当に。エントリーシート9割通過も面接全滅だ。@早慶上位

逆にESが通ったという事は自信を持っ面接に挑んで良いという事。
80
自己分析に時間使うくらいなら、志望業界の面接を受けまくれ 
志望動機も自己PRも勝手に掘り起こしてくれる


さっきも言ったように、面せるの回数は本当に貴重な財産。
81
就活なんてろくな慣習じゃないです。これだけは本当だから、良い顔して面接したり 
謙ったりした方が好感が持たれるから、そこ覚えとくように。


就活はある程度、割り切って欲しい。内定もらってそこから、選んで、1年必死で働いて見てから全ての始まり。日本にいて凡人ならとにかくやる。それだけ。
82
全部の会社で第一志望と言って、内定もらえるならいくつでもキープしとけ 
迷惑かかるって言っても向こうは織り込み済みなんだから全く大丈夫。


内定とりあえず貰えるだけもらって、内定者懇親会にも出てからお断りを入れるのがベスト。今までさんざん上から目線で選考を受けていたのだから。とったあとはこちらにイニチアティブがあるのは当然です。一生に一度の決断ですから。
83
基本は相手の目を見て聞き取れるスピードでハッキリ話す。 
それと口下手な奴は前もって資料を用意するとかアピール方法を工夫をしろ。


前者は当然。面接慣れれば勝手に出来る事。
後者は、大切な戦略。資料を持って来たら駄目などと誰も一言も言っていない。人がやらないことをやるのが差別化戦略。

84
早い段階から面接を受けておくといい 
特に突込みがきつい面接は受けておいたほうがいい 
すると自分のどの部分が駄目かに気づくことができる


圧迫面接ほど、自分がどれだけ日頃考えて就活しているかが分かる良い機会。自分はよく考えていたので、圧迫だと感じた事は一度もありません。
85
どんな面接でも終わった後は毎回フィードバックするべき 
失敗しても落ち込むより先に次に繋げる努力をするほうがいい


面接は慣れだが、フォードバックせずに受けていては時間の無駄。しっかり振り返り婚儀に活かせば6回目位から余裕ができ世界が変わる。
86
とにかく、どんなに内定が出なくても自暴自棄にならないことだ 
フィードバック続けてれば少しずつ面接が得意になってくから 

と簡単に言うが、正直言って就活はキツイ 
何やっても誰も褒めてくれないし、最終まで行っても落ちたら無になる 
そして自分で動かなければどんどん時間が過ぎてく 


この言葉は良い言葉です。時間は有限なんです。ただし、一日一日をしっかり過ごせば後悔はしないはずです。
87
「御社が第一志望です。」 
「ありがとう。でも、○○さんもうちと同じような業務内容だけど、むこうもいいんじゃないかな?」 
「確かに選考を受けさせて頂いておりますが~」 

当たり前だけど、最後の行をちゃんと練っていくんだぞ。 
ここでちゃんと自分の考えを言えないと、第一志望なんて言葉を人事は信じてくれないぞ。


御社は◎◎と違ってここが優れていると思います。自分はそういった△△をのばして行く事に尽力出来ればと考えておりますので、御社が第一志望です。と言った具合です。
89
大手病は厄介な病気だが、隠れ優良中小病も凄く厄介。大手は周りのレベルも高く人気だが、採用人数も多い。だが、後者は採用人数が少なく実質倍率が非常に高くなる事も。しかも、ミーハー層がなくなるだけで、知る人ぞ知る企業なので、決して周りのレベルも低くはない
>>436 
その例が化学業界だな。 
あれは周りのレベルが高い。 
大手に複数内定もらったやつでも、化学はきついわって言ってたわ。 

志望動機は薄いとやはり落ちる。 
ありきたりなことでは面接官の心には響きません。 
自分はこうしたいという意見がないときつい。

>>436に付け足すと、業界的には化学食品にこういう企業が多い気がする 

若干名の枠を奪いあう戦いは余程優秀でないと勝てない。企業側は採用0でも仕方ないと思ってる場合も多いから
>>439 
確かに有名な最終食品メーカーはミーハーが多かったが、飼料や食品素材メーカー等は事務系に理系が大量に集まっていて、文系の俺はキワモノ扱いされる位で大変だった


まさにこれ、有名な話しなので何度も食品は厳しいと言いましたが。化学メーカーもとは知りませんでした。ちなみに内定4つ頂いた私でも、化学メーカーはESすら1つも通りませんでした。悔しいですが、違うなと感じてもいたので早々にその業界から身をました。固執せず結果的に良かったです。こういう事がよくあります。これは情報収集と運かも知れません。
90
面接では答えられない質問は実はチャンス 
きちんと誠実に誤魔化さず「分かりません」と言うことができれば勝ち 
取り繕ったら落とされる


コレの本質は、分からない事を全部分からないと言って良い事ではないのです。あきらかに知らないだろう事を「分かりません。」と嘘をつかず堂々と言えるような人間と面接官は一緒に仕事がしたいと思うのです。
91
大手でも面接が易しいとこもあるし、 
逆に中小で厳しいとこもある 
知名度や倍率に臆せずいろいろ受けるといいよ


倍率が高くても受かるときもあります。何度も何度も言いますが、なのでバランス良く受けて下さい。
92
・部屋を片付けろ 
・規則正しい生活をしろ 
↑は就活始める前に人事をやっている親戚に言われて、?と思っていたが、今になって分かった。

これは就活に限らず、仕事でも日々の生活でも言えますが、心の乱れは生活の乱れと繋がっているのです。まさしく、サッカー日本代表キャプテン長谷部選手の「心を整える」という本にも書いてあります。今部屋が散らかっていたり、規則正しい生活を送れていな人はそう言う基本的な事を変える事が大切だったりします。
93
学生に厳しくするとネットで叩かれるから面接官はみんなにこやかにしてるし褒めるような言葉もいう 
でも内心は厳しく評価してるから勘違いしないことが大事


就活生の本性を如何に引き出すかが面接官の仕事ですから。心を許しては行けません。
気を抜いたときこそ、ミスが起こるのです。

94
面接官の目の色を一回でも変えさせたら勝ち
>>495 
あるあるw 
興味を持たせたら勝ちだね


この瞬間が分かるようになれば、言う事はありません。内定をたくさん採るように人はみな面接官が自分の話した事に対して等感じているのか分かるほど面接慣れしているということです!!そこまで、慣れれば完璧です。会話はキャチボールですから相手の反応が見えなければ次のボールは投げれません。
95
説明会での人事を信用してはいけない。

このときの人事こそ、会社を良い風に魅せようとウソばかりつきます。それなのに就活生がウソをつくことを嫌がるのですからおかしなはなしです。人事ではなく自分が感じた感情で企業を選んで下さい。
96
グループディスカッションはテーマの難易度もだが、それ含め運がまず大きく絡むな。 
日本語の通じない女の子3人と一緒だと開始前に死亡確認。


自分もGWは同じチームの人につぶされた事が何度もあります。こればかりは、どうしようもないです。GWがあった事が運の尽きでしょうね。
97
ネガティブよりポジティブ 
これは就活だけではなく、これからの人生においても大事だと思った


今後の人生のある意味勉強かも知れません。今まで大きな挫折をしない人でも、社会に出れば何度も挫折します。なので、就活はその練習だと思って下さい!!
98
自信持つのはいいけど過信に気をつけて 
早慶は大手病から無い内定ってやつ多すぎ 

東大京大のような天上人は 
日本語ができればどこでも行ける


高学歴の人は、求められるレベルが高いのでうかうかしていると内定0といこともありえます。過信は絶対に駄目。自分の実績をがないのに学歴=実績と捉えるのは尚早です。
99
誰でもいいから 
グループディスカッションの受かり方教えてくれ!
>>557 
人の意見を否定しない。 
建設的な意見を出す。
>>557 
その場にいる全員を受からせる気持ちで臨む。それだけ。


答えは、まさにコレしかないかも知れません。この3つを念頭において臨んでみて下さい!!
100
一次面接は笑ってりゃ通る。
>>566 
一次面接はたしかに 
笑顔清潔感さわやかさでいけるな


前にも書きましたが1次は集団で15分くらいと短いですから、
面接は1次が一番難しいという事実の記事に書いたような対策しかないのです。

以上100まで書きました。次回が自分のブログのラストになります。
少しでも皆さんの意識に波を立てれるよう精一杯書きます!!

AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は続きをどんどん書いていきます。
3、4年生に教える就職活動の要領 2009内定者が悟った800の事から先人たちのありがたいお言葉お抜粋し、自分の解釈も青字で加えて紹介して行きます。
自分の考えを今伝えておかないと手遅れになるような気がするので、頑張ります!!
ではさっそく

31
自分を売れ

質問に答える場を面接だと勘違いしている人といませんか?面接はアピールする場である事を忘れないで下さい!!
32
メーカー受けるなら筆記はほとんど関係ない。採用試験に一期、二期があっても 
勉強してから二期に受けるようとか考えて、もたもたしているより 
無勉でもさっさとエントリーして一期の選考に進んだほうが受かる可能性高い。 

もっと言うと筆記の勉強は足切りされてない程度でいいので早めにやること 

志望動機なんて受かったやつのコピペで十分


筆記試験の準備が出来ていない、面接の準備が出来ていな、だから受けない。こんな気持ちでは絶対に受かりません。筆記試験なんて所詮そんなもんです。実践の帆が100倍大事です。
33
エントリーシートの締切日はしっかり把握していること 
面接会場の地図は持っていくこと


スケージュル管理等は、今後ビジネスを行う上でもマストなので、この機会に絶対身に付けて下さい。簡単な事が出来てい人が実際にいて驚きます。
34
ここ良スレだな。 
説明会の予約の取れなさ異常な企業もあるが、後から電話して熱意を伝えればだいたい参加させて貰える。Webで埋まったからって諦めるな。
>>100 
同意 
無い内定の友人に片っ端から「電話して予約しろ!」って言ってるのにしない人多すぎ 
電話怖いの?って思う 
残弾少ない方が怖いだろうと・・・


予約が埋まったから、受けれない。採用募集してなから受けない。その発想自体が主体性を失っているのです。相手が決めた事を全て鵜呑みにしていては絶対に運命は切り開けません。本当に行きたい会社なら、電話するなり、当日か以上行くなりやるべきです。かっこつけてて恥ずかしがっててる人に未来はありません。4月のこの時期は死にもの狂いになって下さい!!
35
スケジュール管理は重要。ちゃんと組まないと予定がカオスになる 

あと志望業界の選考までに絶対に練習企業を受けて面接しまくること。


何度も言っていますが、面接は慣れなんです。とにかく練習をすれば誰でも上手くなります!!
36
真実を話す事が必ずしも得ではない。 
これに尽きる


真理ですね。ビジネスでも馬鹿正直に言う事が良い事ではありませんから。。。
37
ありのままの自分を出せと言われるが、真っ赤な嘘。 
自分を盛って盛って盛りまくれ!


小さな嘘は大いにつけ 
大きな嘘は気をつけてつけ

小さい嘘は確かに必要 
ただし1を5にする程度。0を10にするとボロがでる

前にも話していますが、盛る事は決して悪い事ではありません。少しの1を5にする程度の誇張なら誰も傷つきません。
38
面接行く場合は、「その企業に行きたい!」っていう気持ちまでモチベーションを上げておいた方がいい 
パンフレット読んだり、採用HP見れば自然とそうなるはず、そうなるように作ってあるから 
「行きたい!」っていう気持ちで行った方が面接も楽しくできるよ


スポーツもそうですが、どのように臨むかで結果は大きく変わってきます。受ける前のモチベーションアップは大切な儀式です。
39
運は結構重要 
グループディスカッションはメガンテされたら終わり 
去年1次で落ちた会社から今年内定出たから面接官との相性は重要


自分が一番苦手なGDこれはたしかに運なきがします。。。
面接官の好みや主観(面接官が個人ならなおの事)で決める事が多いのでここもたしかに運です。

40
就活頑張るなら、それ以前に大学生活頑張れ。

コレ大好きな言葉です。自分は1番のアピールが学業を言えと酸っぱく言っていましたが、3年の早くから学校そっちのけで就活している子がいますが、学業をおろそかにするとアピールすることがなくなります。そこそこしっかりやっていた人なら存分に盛ってアピールして下さい。
41
大学の就職課は役立たずだから求人票だけ見に行け

大学の就職課は現在の就活はなんたるかわかってないですからね。ただし、企業の人事をやられてたかたがいらっしゃる場合は存分に活用して下さい。まだ間に合いますよ!!
42
面接はとにかく受けて練習、演技力もあげとけ

以前も書きましたが、面接は、おどおどせずに役者になりきればいいのです。その役者はここに書かれた事をパーソナリティとして持っている設定で演じて下さい!!
43
言ってる内容も大事だけど 
面接官の印象をどうよくするかの方が重要


内容だけに固執するのではなく、「この子と一緒に働きたい」と思ってもらう事が大切。そんな子になりきって下さい。演技演技ですよ~
44
社会勉強としてのバイトの経験は必要ないが 
知らない人間相手に何かを説明したり笑顔で話せるようになる練習にはなるので 
接客バイトを一年でもいいから真面目にやれ


接客のバイトは、営業職を社内で上手くやって行く上でマストです。
45
SPI対策は理系文系限らず一応やっておいた方が精神衛生上良い 
やらずに祈られたら、やっておけば良かったと後悔しちゃう


なんでもそうですが、意味があるかもしれないものはやっておいた方が後悔しません。日本の新卒制度は一生に一度ですから。。。
46
合同説明会が意味があるかないかは本人次第。 
ただ聞いてるだけでは無意味。 
採用担当に話まくれ(個別説明会も同じ)


自分から主体的に動けば、どんな場所も価値があります!!その気持ちが結果として現れるのです。
47
笑顔で説明する機会を作ろう。接客バイトでもなんでもいいけど。 
理系院生は論文発表、教授との研究打ち合わせなどなどで論理的に説明する能力は高いけど、 
どうしても面接だと表情が硬くなりがち。 
面接は発表の場ではなく、会話する場所だと思いましょう。


面接は会話のキャッチボールなのです。一問一答でもなければプレゼンでもありません。論理的に楽しく会話出来ればオーケーなのです!!
48
マニュアル本はガチで無意味、リア充を越えたハイパーリア充の例しかない

私のブログのコンセプトです。人と同じ事(マニュアル人間)をやっていては今の企業から欲しがられる事はありません!!差別化戦略です。
49
始まるときから正直勝ち負けはある程度決まってる

これは仕方がないです。大学時代意識が高く目標に向かって頑張っていた人が報われない方が私はおかしいと思います。ここは割り切って今出来る事に命をかけましょう。
50
2~4月は必死に活動しろ。理系は分からないが… 
出来るだけ説明会に行くんだ、微妙な企業でも行け、それだけでとりあえず持ち駒になる。 
上記の期間の休みは作るものではない 
どうしても予定が入らなくて仕方なく休みが出来るぐらいの覚悟で行くべき

自分も2月~4月の内定が出るまでは休みの日はほとんどありませんでした。(あっても就活の準備をやっていました。)これくらいのスケジュールでやらないと凡人は受かりませんし。内定が出なかったとき後悔します。
51
合同説明会はいろいろ見て、個別説明会に参加する企業を増やす場。 
個別説明会は志望動機と志望職種を固める場。 
漠然と出てもまったく無意味

こういう風に使うのが理想です。漠然と出てた人は無意味です。
52
最大手に行くべき!っていう考えは捨てた方がいい 
自分で足を運んで説明会に出て、自分にあってそうなところをちゃんと探すんだ 
オレは大手みたいに丸投げじゃなくて、その子会社でしっかりと技術をつけたいと思った

最大手に行きたい理由を考えて下さい。自分の人生は一度ですから後悔しないように選択してください。周りに流された判断をしてしまっては一生後悔しますよ。
53

大事なのは、ストレスをためないこと
>>261 
確かに。 
三月下旬から内定貰う奴がバンバン出てくるが、 
それに心乱されず、いつもの自分で面接に挑むべき。 
変に焦ると、面接に影響出かねない。 
自分のペースで就活した方がいい。 
とはいえ、多少の焦りも感じるべきだがw


自分はプライドが高かったので、上手く言っていないと思われるのも嫌でしたし、周りが上手く言っているのを見るのも嫌だったので、あえてその期間は距離を置きました。結果的にその選択は良かったです。
54
部活(体育会)、アルバイト、ボランティア、文系ならゼミに必ず入る、理系なら研究を真面目にする 
悪いことは言わないから、苦労しろ

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」好きな言葉です。大学時代に苦労しなかった人は、この4月5月の時期に死ぬほど苦労してみて下さい!!きっと報われますよ。
55
受ける企業は自分のアピールできることから逆算して決める。

自分のアピールが合いそうな所が結局一番受かりやすいので。だから学部との相性をしっかり見極め、とんちんかんな所にばかり受けないで下さい。
56
面接で自分を出そうとか考えてはいけない 
受けやすい人を演じることも大切 
面接なんてあくまで通過点でしかないし、そんな短時間できちんと人を見るなんて無理 
割り切ったもん勝ち


面接はあくまで面接、正直そんなにしっかり何千名もの就活生を面接官は見ていません。営業活動も演じず素のままいくと得意先に嫌われます。ビジネスも就活もそんなもんです。割り切りましょう。
57
大手病にはなるな。特に早慶・旧帝下位。 
いざ全滅したときに中小受ける気が生まれないし、普通に全滅する。 
3月中に中小の内定取っておくと気が楽だと思う。 
ソースは俺。


大手病というより人気企業病にが一番たちが悪いです。自分の昔の記事を参考にして上手く受ける会社をバラして下さい。このご時世大手しか受けないのは馬鹿かよっぽど自信がある人だけにして下さい。
58
面接でリラックスじゃなくて集中しろ 
上手くリラックスできない奴がリラックスしようとしても逆効果 
頭の中が真っ白になるだけだ 
面接は集中しろ 
緊張でもリラックスでもない集中だ


面接中は気を抜いたら行けません。あいては少しでもこちらのミスを狙っていますから。表情は和やかに、ただし、心は気を引き締めて臨んで下さい。特に集団面接のときの他の人のアピール中はあなたの仕草は見られてますよ!!
59
メンタル強い奴が勝つ。落ちてもへこたれないメンタル、説明会続いても億劫になってブッチしたりしないメンタル、頑張って企業研究や筆記勉強、自己分析、履歴書記入等をやり続けられるメンタル。学歴なくてもメンタル強ければ、超一流以外はなんとかなる

メンタルが弱い人は資格をとってそういう職業に就いて下さい。ビジネスでメンタルが弱かったら話しになりません。就活くらいの短いイベントでメンタルやられるような人は社会に出ても通用しないので、資本主義が作用しない仕事を選ぶべきです。厳しいく聞こえるかもしれませんが、社会でメンタルをやられると取り返しのつかないことになるので。。。。本当です!!
60
どんなに留年してても成績悪くても、「勉強してない」とか「勉強好きじゃない」って絶対言ってはいけない

勉強しないやつに会社に来てたくさんのことを教える気にはなりません。時間の無駄です!!
61
現3年はこのスレ保存するか、ノートにまとめておけ 
下手な就活本よりはるかに役立つ


これは本当です。3年生の人穴が空くほどこのスレを噛み締めて下さい!!君たちはチャンスですよ!!
62
説明会入れすぎてオーバーヒートしないようにな 
体壊したら一切活動できなくなる事を忘れないように 
だから入れすぎだと感じなくなるように体力は付けとけよ


だから、体育会系が有利なのです。体力がないとこの長丁場は戦えません。
63
「不況だし、俺なんてどこにも就職できねーよ」って口先だけ言う奴は沢山居るが 
そういうやつに限って大概大手病だったり仕事選り好みしてる。 
大事なのは傲慢になったり卑屈になったりせず謙虚にやることだな


この言葉は、現在内定のない人の多くに当てはまるのではないでしょうか?不況の性にしてしまった時点で、その先の成功は決してありません。とにかく「謙虚」そして「感謝」の気持ちを忘れずに!!
64
面接は今までやってきたことのエピソードの大小より、集中力と論理性。 
面接官の質問に対して問われたことに対して、論理的に自分の言葉で返す。その反射神経に自信がないなら自分のエピソードの引き出しを増やしておく。 
自己分析はそのためでもある。


営業もそうですが、即座に会話のキャッチボール出来なくてはいけません。言葉が詰まるようでは駄目です。肩肘張りすぎず、相手を楽しませようと必死で考えれば自ずと良い返答が出来ます。

以上、次は65から書きます。ここにかかれている言葉はガチです。全ての言葉に無駄はありません。これらがわかるようになるのもちょうどこの時期だと思います。まだまにあいます。頑張って下さい!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お疲れさまです。
この時期、最終面接も始まり、内定を頂いた人と一気に持ち駒を減らして自分の就活が上手く行っていないと感じ始めた人に分かれていると思います。

正直、長く就活を始めて最終選考ラッシュで一個も内定が取れなかった人は、厳しい言いかも知れませんがやり方を変えなければ、取り返しのつかない事になります。取れる人はこの時期に絶対取れるし、この時期取れない人はずっと取れない可能性が高いのです。

ここで自分が好きな書籍「夢をかなえるゾウの名言集から1つ」、この言葉は就活だけでなく、行き詰まっている方にも響く言葉です。神様ガネーシャのありがたいお言葉です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今まで、自分なりに考えて生きてきて、それで結果出せへんから
、こういう状況になってるんとちゃうの?」

「ほなら逆に聞きたいんやけど、自分のやり方であかんのやったら、人の言うこと
素直に聞いて実行する以外に、何か方法あんの?」

「それでもやれへんていうのは、何なん?プライド?
自分の考えが正しいに違いない、いうプライドなん?」

「成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。
そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今
までずっと変われへんかったっちゅうことは、それはつまり、
『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内定が出ない人の、共通点がこれなんです。「人の話しに耳を傾けない。」上手く行っている人は、自分の我流で何ら問題ないです。ただし、上手く行っていない人はじぶんのやりかたに何か問題があって、変えた方がいいと考えるのが普通ではないでしょうか?しかし、内定が出ない人は絶対にやり方を変えず、自分でなんらか言い訳をつかい就活が上手く行かない理由を他に逃避しようとするのです。修正するならこの時期が最後です!!では、本題に入ります。


今回からは、「3、4年生に教える就職活動の要領 内定者が悟った800の事」という自分が昨日見つけて衝撃を受けたサイトから就活の要領の金言を説明して行きます。
自分の就活の考えと先人たちの考えがあまりにも一致しすぎていた事がその理由です。
正直これは、論語とかのように就活の真理です。何千~何万の就活内定者のこれが成功への秘訣だというものが抽出されてますので、一度騙されたと思って読んでみて下さい。一言では分からないこともその理由も私が青字で説明を入れて解説します。800の中からさらに良いものを紹介します、では!!


就活は「運」が大事。 

面接官との相性 
集団面接時の他の学生 
日程の被り具合


就活は全てが運で決まるのではなく、上記の事に関しては運も大きく左右されるので、落ちて無くよくよしない、運を呼び込むためにあるていどは受ける必要有り。


まじで就活は運。中小落ちても、大企業受かったりする。 
一般常識は実はあまり聞かれない。


だから大企業ばかり受けるという事ではない、その先の理由が見えなければだめ。大企業は採用人数が多い。中小企業は少ない。つまり、大企業でありながら人気企業ではない所が実は一番受かりやすかったりする。落ちる人は大抵ミーハーな人気企業病。

早めに行動することはいいことだけど、集中力切れに注意

ベストは秋から春先!!

適当な考えでは勝てない。 
適当に見えて、実はしっかり考えている者だけが残る。 
あとは周りに構わず、自分の意思や読みをしっかり確立しておくこと。 読みを外すと、いくら早期から準備していても無い内定だよ。


考えはあさはかではだめ、常に考える癖をつけ。馬鹿な学生と思われない事が必要。
読みは大切、業界が違えば結果は全く変わってくる。なので2~3業界受けリスクを分散すべし。それを感じ取るのはセンスと嗅覚。第一印象。2社連続でES落ち等の吉兆を先に感じ取るように。噂もその一つ。


エントリーシートはたくさん出したほうがいい 
持ち駒残り一つだけとかマジ焦る 
学歴が見られるのははじめだけ 
旧帝だろうと早慶だろうと容赦なく祈られる 
「御社が第一志望です」は嘘でも言うこと 
リクルーターに気に入られてもこれが言えないとさよならされるから


ES出し過ぎも禁物だが、「エントリー数の黄金比」でも言っている25社くらいがベスト(ある程度通る前提の企業数)。学歴を鼻にかけているやつは落ちます。採用担当に一緒に働きたくないと思われればアウト。「御社が第一志望」は絶対。迷ったらアウト。役者になりきるべし。

エントリーシートは修正マーカー使ったり、コンビニでコピーしたものでも通るし、内定もとれる。

その通り、そこが汚いから落としますという企業は本質が分かっていな残念な企業。
ただし、内容はしっかり書くべし。


滑り止めと思ってた中小に落ちて予想外に大手にぽんぽん進んだりする。 
就職偏差値はあんまり意識するな。相性の方がでかいから。


これも、倍率と相性の問題。逆に大手に全く受からない人もたくさんいる。

筆記の勉強なんて必要ない 
SPIを一週間くらいやれば良いだけ


SPIを2~3冊やれば大抵大丈夫です。(苦手な人はやらないと駄目)

就活本はいらない 
マニュアル本じみた就活生こそ現場では通らない 
大切なことだから二回言う。 
マニュアル本じみた就活生はマジで通らない


自分のブログのコンセプトは実際に受かるマニュアルを作る事です。人との差別化が一番重要なのですから。
10
世の中の景気は確かに採用活動に大きな影響を与えるが 
自分が就活生のうちは景気がどうとか考えるな 
氷河期でも受かる奴は受かる、と意識を前向きにしておけ 
責任転嫁をし始めるとやばい


景気の理由にしたところで、何も変わりません。今自分に力がないのなら、専門学校行くなり、お金貯めて留学するなりいくらでも道はありますから。まだ20代前半ですよ皆さん!!
11
理系の院生が就活で有利なのは自分の研究内容と一致してるときだけ

理系に限らず、自分の学部との相性は重要。先輩の就職実績を学務課で見せてもらって
穴が空くほど見て下さい。傾向がありまうから。(逆に傾向がない事はどこでも可能性があるということ。)先輩が一人も受からない業界は絶対に受からない。

12
年内は自己PRと学生時代に頑張ったことを考えておくだけでOK 
実際に会社に回るのは年明けてからで十分 
就活のヤマは4月。 
あまり早くから動き始めると一番肝心なこの時期に燃え尽きかねないので注意する。 
ヤマを張るのは2月 


就活の山場はまさに今、4月!!ここでしっかりやってきたものとそうでないものに大きな差が出ている。やって来た人はすんなり受かるし、やらなかった人は、やって来た人の壁を越えられない。ヤマを張るとは受ける企業を絞るという事。ここが実は一番大切。この選び方は以前のブログ記事を読んで下さい。
13
言葉遊びを沢山しろ。面接で効いてくるから。

面接も営業も会話!!人を引きつける人間たるにはそう伝えるそう努力すべし。面白い学生とそうでない学生どちらを採りますか??
14
業界ごとの選考時期を早めに把握しておくといい

コンサルやITははやくアパレルは遅い。こういた時期を早めに把握しておかないと受けるときに準備不足だったり、他を受けたいと思ったときに終わっていたりします。電通などでも秋募集やってますから、今日の記事を読んで変わろうと思った方は秋まで絶対諦めないで下さい!!
15
携帯、固定電話ともに非通知許可をしておくこと。

企業から通知はこの時期、2~3日以内できますので、油断しないように。
16
・業界が決まったら、机上で企業研究なんかせずに、気になった企業はとにかく説明会に行きまくれ 
・説明会に行ったら絶対にそこの社員と話をしろ。質問しまくれ、社員の話から社風と企業の悪いところ(直接は言わないだろうが)知れ。 

・企業をたくさん見ると目が肥えてくる。

説明会に行かないと分からない事もある。企業の雰囲気よりも学生の質に注意。せっかくいったのだから働いている人の本音が聞けるような質問をして自分が人生を捧げるべき会社かを知ろう。企業をたくさん見ると「何か自分と合わない」と直感的に感じてくるはず。その直感を大切に。
17
ネクタイは良いものを。 

スーツは安くても良いですが、ネクタイは良いもの付けると締まります。スーツはこの時期みんなよれて来ているので、クリーニングに出して下さい。印象がかなり変わります。
18
とりあえず金融は危険。 
採用数は多いが、受ける奴も多い。 
選考が長いので拘束されて、他社の選考辞退したのに、6次ぐらいで切られるとマジで泣きそうになる。


自分は金融受けていないので、知らないですが、きっと本当なのでしょう。このように、業界ごとに色々な決まりがあるのです。これは先輩や知り合いに聞きましょう。
19
面接寝坊しても、電話したら意外と大丈夫。それで内定もとれた。

そのような気持ちで臨んで良いという訳ではなく、しっかりと理由を説明すれば挽回のチャンスもあるということ。ちょっとしたことで自分から諦めない。
20
エントリーシートはその仕事に活かせそうな経歴をいくつか書けば簡単に通る 
清書なし一発書きでも問題なく通る 
エントリーシートに時間かけるのは愚の骨頂、面接呼ばれる程度のクオリティであればいい 
そんなことより面接で自分をアピールする会話力を磨くべき 
エントリーシートはチラシでしかなく、面接はお前という商品を企業が実際に試す場だ


何度も言いますが、ESは面接で話すないような簡単な目次のようなもの。面接でしっかりしゃべる内容を書くだけで良い。まさに上記の通り。このことがわからない学生がなんと多い事か。。。
21
志望度がある程度以上高い所じゃないと、熱意がないので落ちるだけ。 
入りたい気持ちが伝わらなきゃ、立派な学生時代の経験とかを持っていても落ちるのが面接。 
本当に入りたい所に絞って全力で挑むのが吉。 
(ただしその企業と学歴が釣り合っているのが前提)


熱意は舐めては行けません。ビジネスでも最後の一押しは熱意です。熱意だけはもちろん駄目だが、熱意がないと絶対駄目。そんな会社なら言っても楽しくないと思います。
22
エントリーシートはコピペでOK 
業界が同じなら志望動機すらもほぼ同じでOK 
文字は少なくて十分
>>58 
志望動機ってほぼ同じでいいの? 
会社ごとに調べてその会社でしかできないことを書くんだと思っていた
>>64 
それでも最後の2行をいじるだけでおkなレベル


ESは業界が近ければ一つ通ればだいたい通ります。上記の通り。企業の感覚がにているのでこういう風になるのです。
23
捨てる神あれば拾う神あり 
ただ捨てる神の方が圧倒的に多い


神頼みではないですが、このように考えるのも必要かも。頑張りにたいして神様はしっかり見ています。自分は就活中は友達と一人も合わず、バイトもせず、学校にもいかず、死ぬ気で就活だけに打ち込みました。それくらい捧げないと神様は助けてくれません。息抜きなんて採用が決まった4月以降で十分です。
24
本当に受けたい企業だけ受けると意外と駒が少なかったりする 
後でもっと受けときゃよかったってちょっと悔やむ


自己分析~受けたい会社の見つけ方~の記事にも書きましたが、ベストは行きたい会社行くと頑張ってみつけるかが企業研究なのです。
25
業界により向き不向きがある 
ある業界は全滅して 
ある業界は全勝、とか全然ある話

本当にそれ、特に人気企業の倍率にやられる、高学歴企業の学歴にやられる、語学必須企業のTOEICの点数にやられる。面接やESでは分からない所で採用が決まったいるなんて事はよくあることです。ある程度業界の裏事情を分析し、リスクヘッジのため業界は2~3個にばらすようにして下さい。
26
早いうちは興味ない業界でも見ておいた方がいい 
駒増やす意味でも、興味関心を広げる意味でも

これも大切、受けろとは言わないが見て損はない。見た事で本当にやりたいことが見つかる事も多い。
27
何をやりたいかが一番重要。 
やりたいことがあれば志望動機も書ける。

自分も志望動機が書けないということは、行きたくないという事だと思います。行きたければ自然と濃いものが書けるはず。
28
本気出すのは2月からでいい

そう!!
29
10月から初めて、本気は2月から。
>>82 
俺もこれでいいと思う 
周りの無い内定の奴は大抵準備不足


その通り、9月10月で準備時始め、とにかく慣れるように頑張るのが2月。おのずと結果が4月に現れます。いまピンチな人は考え方を変えないとまずいです。私はがむしゃらにサポートします。
30
合同説明会は就活してる自分に酔うためのもの

私はゴウセツが意味のないものだとは思いません。周りの就活生の熱気を感じ負けてられないと奮い立つ良い場所だと思います。ただし、ナンパ目的や友達と一緒に来て観光している学生のなんと多い事か。。そんな学生が内定でなくても私は知りません。

以上4分の1をお伝えしました。本当に大切な事が書いてあるので参考にしてみて下さい。言葉遣いが厳しかったらすいません。この時期は本当に頑張らないとまずいですよ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。

また更新がとまってしまいました。
無事棚卸しも終わり次の年度に向けスタートをきりました。
ではさっそく!!
今日は面接でよく聞かれる36の質問の内の最後の25~36をお伝えします。

25.セールスポイントは何ですか?
これは自分の学生時代頑張ったことや、長所等、以前の記事
面接でよく聞かれる36の質問の答え方 7~16を参考にして答えて下さい。

基本自分はこれが得意です。出来ます。長所です。学んできました。負けないと思います。のような事で実績(結果)があれば完璧ですが、経験(学んだこと)をしっかり伝えて下さい。この軸があなたの最大の強みなんです。何度も言いますが、面接は大きく分けて2つのことしか、聞かれません。

①あなたはどんな人ですか?(メインは何が出来ますか?)
②あなたはなぜ弊社を志望するのですか?


全ての質問はこの2つに集約されます。
さらに②の質問は違いが作りにくいですが、①は就活生同士で大きな差がでます。
よってこの①のなかの自分の強みをしっかり伝えれば面接はぐっと良くなります。


強みは何でも良い訳ではありません。さらに2つ用意しといて下さい。
なぜなら向こうもあの手この手を使って長所を聞いてくるので2つは用意しておかないと長い面接では話す事がなくなってしまいます。

私がお勧めする強みは以下の2つです。どちらをエース、サブとするかは自分のエピソードの強さによって変えて下さい。

A.学業
これは、あたりまえなのですが、押さない人が多すぎてあえて言います。他の人と差別化でき、他の人よりも優れているものは自分が学校で学んだ事は鉄板です。
自信がなくても、一番学んだであろうものを知っている風にぶつけてみて下さい。分からないなら少し勉強してから知ってる風にぶつけて下さい
意外に面接官はすごそうだなと思うものです。
※注 この方法で受かった場合は、内定後からの1年間でしっかりウソがばれないように必死で勉強して下さい!!

B.人とは違った経験
これは難しく考えなくても良いです。ただし、普通のサークルとバイトを使うなと言っているだけです。それ以外なら旅とかマラソン大会とか毎日読書とか書道とかセミプロに近いものとかもいいですね。なにかキラーエピソードを作って、面接官に「おっ、今回はいつものなんちゃってサークル長とバイトリーダーとは違うようだ」と思わせてみて下さい。

この2つを軸にすれば大丈夫です。実践して成功した私が断言します!!

26.リーダーシップを取った経験はありますか?
これは、私も2度ほど聞かれた気がします。嫌いな質問ですね。ありませんと答えられればいいですけど。。。
私の持論ですが、本当のリーダーはリーダーシップを取りません。リーダーが何もしないで組織が上手く機能しているときこそ真のリーダーだと思うのです。
よって私は質問にはまず、「リーダーシップと言えるか分からないですけど~」と前置きしつつ論点すり替えをします。「私は周りのメンバーが話し易いような環境づくりを心がけ、陰のリーダー良く言えば縁の下の力持ちとしてリダーシップを見えにくい発揮しました。」という風に話しました。

本当にリーダーシップを取った経験がある人は、是非そのエピソードを話して下さい。ただし、私は思うのですが、私はこうこうこうでリーダーシップを取りました!(ドヤッ)って人は商社などには好かれそうですが、私は採用したくないですね(笑)

27.今までの人生で最もつらかったことはなんですか?
これも、かなり難しいですね。自分は高校、大学も運良くストレートでしたので、実は大きな挫折がないのです。ただこの質問は、バイトが長続きしなかったことを話した記憶があります。「バイト3つくらい1ヶ月くらいでやめていたので、自分は根性のない駄目な人間だと思いました。~~~~けれど、現在続けているバイトは◎◎を意識し、◎◎を改善し、素敵な仲間にも恵まれ昔の自分に説教したいくらいです。」
このように駄目だったことを生々しく話し、そこから良くなった成功体験へ一気に繋げるのがポイントです。先方さんはだめどろ体験を聞きたいのではなく乗り越えたファイトー一発体験が欲しいのです!!

28.パソコンはどの程度使えますか?
エクセル、ワード、パワポくらいは使えます。でいいんじゃないでしょうか?
使えない人は無理にウソつかず、これから勉強しますで問題ないと思います。
IT系は別だと思いますが、臨機応変に盛って下さい。

29.友人や周りの人からどんな人だと言われますか?
これも、自分の強みや長所と合わせてづれないように話して下さい。例えば、自分の長所が思慮深いであれば、「自分はよく相談しやすい人だと言われます。~~~それは、先ほどお話しした思慮深い性格が幸いしていいアドバイスが出来ているからかもしれないです」こんな感じでどうでしょう。もっとふざけても大丈夫です。この質問は笑いをとりに言っていい質問だと思います。
ここでのポイントは、自分を過大評価しない事です。先ほどのリーダー関連の質問もですが、強みを伝える系の質問では存分にアピールして結構なのですが(ここも謙虚に)
、第3者からのどう見える系の質問で自分をアピールしすぎるのはナルシズムが出過ぎでかっこわるいです。よって、ほどほどに

30.あなたの夢を教えてください
ここは、聞かれる質問②の
あなたはなぜ弊社を志望するのですか? の一部ですね。
あなたの本当にその入りたい会社で叶えたい夢を目を輝かせて、沸点は他の就活生を凌駕するほどに熱弁して下さい。それだけでOKです。

ここでのポイントは2つ
・その会社以外で実現すべき事は言わない(独立なんてもってのほかです。リクルートやサイバーは別ですよ。)
・その会社の今後のポートフォリオにあり得ることをなるべく言う
→その会社が今後大きくしたい事業分野の中で自分は新しい力になりたいという答えがベストでしょう。

31.この業界についてどう思いますか?
しっかりその会社に入りたいと思えば自然とその業界には詳しくなるもの。
良い所も悪い所もおぼろげながら見えてきてそこを他の就活生とは違った視点から伝えるのが良いです。どこぞの新聞に書いてそうなありきたりな解答は×。自分なりの感想(ここはありきたりでも詳しければよし)と+αこうしたいということをお伝えして下さい!

32.趣味を教えてください
悩む必要なし。好きに答えるべし。
ポイントは自分の色を出す事。オシャレが売りならオシャレな趣味。まじめが売りならまじめな趣味。大きなギャップもそれはそれで面白いのでオッケーです!

33.尊敬する人は誰ですか?
コレは、自分は聞かれなかったです。特にそのときは、尊敬する人はいなかったですけど、両親とは答えてやらないと中二病的に考えてました。今ならそう答えるかも
人が言わなそうな自分の好きな人、特にビジネスに強そうな人やスポーツ選手なんか良いと思います。マニアックな人はNG、上手く説明出来るなら良いですけど、空気読めとなるかもしれません。

34.今まで一番感動したことは?
これも、27の質問同様に難しいですね。もし序盤で聞かれれば
学生時代一番頑張った事→感動体験→◎◎を学んだ で上手くアドリブで自分のメインエピソードに繋げて下さい。
ただ、後半で色々なことを話し終えて聞かれた場合は、自分の中学校からの記憶を呼び起こし何か感動した事を伝えましょう。
ついでなのでここで【アドリブ】と【演じる】ことの重要性についてお話しします。
【アドリブ】:正直ここ数回の記事で面接での答え方に付いて書いてますが、メインのエピソードは上手く話せるよう準備すれば良いですが、全て準備する必要はありません。さらに暗記で話すとウソっぽくなるので、一語一句覚えては行けません。そのとき出た言葉があなたの言霊となって相手に通じるのです。アドリブ苦手な人は、たくさん面接を受けてみて下さい。前回上手く言ったコメントが二回目になればすんなり口から出てきます。そういうものです。上手く話せなかった質問だけ少し練習すればいいのです。さらに、隣の人の話していることを次回真似してみるのもいいでしょう。どうせ次ぎ同じになることはないのですから。
【演じる】これも大切です。面接官に話すときは恥ずかしがらずになりきってください。そこはステージなのです!!
あなたがなりきる役はもちろん就活生、ここで大切なのは設定です。この設定で演じて下さい。「この会社が第一志望、アピールしたい事では他の人には負けない、それでも嫌みもなくとても謙虚、この子となら一緒にはたらきたい」この役を演じて、さらにあなた独自の個性を滲みだせば完璧です。

35.残業が多いかもしれませんが、気になりますか
気になりません。で大丈夫です。あとは先ほど話したアドリブで切り抜けて下さい。(笑)

36.なぜ○○大学へ入ったのですか?
以下は×フレーズです。
・偏差値がそこだったから
・地元だから
・親(先生)の進め

なるべく、学部で選んだこことその学校のその学部だから学べることを話して下さい。
ちなみに編入や院を別の大学(両方学力が上へ)の人は就活で有利です。なぜなら、それ自体が見える努力として面接官に伝わるからです。

以上で良く聞かれる36の質問を終わります。
大切なのは軸なのです。アピールにしろ学部にしろ趣味にしろあなたらしい一本軸が見えれば、全てから70点を取れなくても数社から120点を取れます。

==============================
最後まで読んでくれたありがたい皆様にお知らせがあります。

自分は凡庸なスペックながら大手から内定4つ頂きました。
その自分の就活方や考え方をお伝えしたい一心でブログを書いています。
ハイスペックの方や高学歴の方とは違った視点を自分は持っていると自負しています。

ただ、文字にすると伝えにくいこと、まだ伝えきれていない事が山ほどあります。
そうこうしているうちに、今年度の就活の山場が終わりそうなので、もったいない気持ちでいます。

そこで、こんな自分ですが明日4月6日(金)から2週間くらいの間で

特別相談会 を募集したいと思います!!

平日なら19時30分~23時くらいの間で秋葉原駅周辺のカフェあたりで開催しようかと考えております。もちろん無料です。

悩みやアドバイスなんでも結構です。
ESの添削、面接でのアピールポイント作り。業界研究のやり方。etc
どしどし質問連絡をメッセージにてお送り下さい。お待ちしております!!
時間場所は臨機応変に対応します。(土日祝も可)
個人でも集団でも可

ブログをはじめて初の試みで、有名大学出身ではないので誰も連絡が来ないのではないか心配です何とぞよろしくお願いします


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は前日に続いて面接でよく聞かれる36の質問の17から順次答えて行こうと思います。

ほかの就活生のブログを拝見していますと、ちょうどES通過だったり、面接をちらほら受け始めたりしている方が多いようです。

もしかすると、自分のブログは就活をある程度やっている方の方が、理解し易いかも知れません。そもそも、今就活を始めましたという方は就活とはどんなものなのかちんぷんかんぷんだと思います。そのレベルでは、どんな書物や人の話しを聞いても何も分からないと思います。そういう方は、この時期としては荒療法ですが、手当たり次第面接に参加してみて下さい。何度も口をすっぱくしていいますが、就活の秘訣はとにかく慣れです。経験です。前の面接は1次が一番難しいという事実という記事でも書きましたが、とにかく面接は確率論でもありますし、面接官との相性もあります。ただし、基本となる部分は、同じなので、その基本をしっかり身に付けて下さい。

それと、私のこのブログを見られた方は、どのように感じているのでしょうか?変わった考え方をしていると感じている人が多いのではないでしょうか?

そこが、大きなポイントなのです。マーケティングの鉄則ですが、差別化が重要なのです。他の人と同じようなスペックの方は、他の人と同じようにやっていては絶対に受かりません。断言します!!他の人とは違う事を、論理的に行う事が大切なのです。私のブログの記事はほとんど普通の人がしないような事を、薦めています。ただし、勘違いしないで欲しいのは、変人になれという事はありません。あくまで、論理的に常識の範囲内で。さらには、基本こそが大切なので基本はおろそかにしない。

それでは、本題へ

17.課外活動はなにかやりましたか?
この質問はやっていた方は、強いですね。ボランティアなどでしょうか。私は、正直やっていなかったので、海外旅行の経験を無理矢理こじつけて難を逃れました。

この機会に、話しておきますが、自分の答えにくい質問や、あまりアピールにならない質問が来たときは、パニックにならずに上手く自分のアピールへと繋げるのも大切なスキルなのです。これは、営業などでも大切なスキルです。売れていない商品を紹介するときは、それを見透かされないように提案するのも今後社会人として必要になってくるのです。

面接官は、ときとして意地悪な質問をすることがありますが、それは、答え自体よりもその人の態度を見ているのです。注意して下さい。

19.他社の進行状況
この質問は特に、面接が2次面接3次面接が中心になって来たときは、毎回聞かれる質問と言っていいでしょう。この質問は以前も書きましたが、面接官がおっと思うような選考状況を言わないといけないのです。だからといってウソをついては行けません。なので、しっかり、ライバル会社や他業界の同レベルの会社の良い選考状況を述べられるようしっかり他社も受けて下さい。そもそも、1社だけ内定なんて事はなかなかありません。1社受かる子は何社か受かるように出来ているので、自分のブログを参考にして頂けている方は、大丈夫だと思います。ここでのポイントはライバル会社で結果を出す事です。


同じ業界のライバル同士のA社とB社がありました。
両方ともに役員面接まで進んでます。このときは、隠さずにどちらの会社でも役員面接まで進んでいることを、言って下さい。向こうは何か圧迫系の質問をしてきますが、内心のどから手が出るほどこの人材を欲しがっているのです。なぜなら、自分の会社とライバル会社の両方で役員面接まで進んでいる事実自体がその人の実力と感じているからです。おなじような業界なら求める人物像もだいたい同じなで、業界研究も同じなので、この方法はコストパフォーマンスの良い方法なのです。

20.当社についての印象や認知度
この質問は、難しいのでしょうか?しっかりというか、自分がこの会社を受けた理由がその印象や認知ないようだと思うので、そのまま言えばOKです。ここでつまずくようでは、その会社を受けない方がいいです。入っても後悔します。たぶん通りませんし。
最近とにかく面接をうけるようにといってますが、だからといって入りたくない会社を受けろというのではありません。以前書いたエントリー数の黄金比の中でも、倍率の低い企業も受けて下さいと言ってますが、倍率が低い企業の中でも、少しでも自分が入りたいと思えるものがある会社を蜜かて受けて下さいという意味です。これが難しいのです。私の考える業界研究は、ただ単に色々な業界ややっている事を知るのではなく、自分のやりたい大枠の中で重なる部分が少ないながらもあり、あまり他の人が受けなさそうな、会社を受ける事でもあります。ビジネス的にはリスクヘッジですね。これは、非常に大切な考え方です。企業も人気企業だけしか受けて居ない子を見ると馬鹿か天才かどちらかとしか思いません。この就活氷河期で、受かりそうな会社を滑り止めにするのは至極当然のことです。まったく恥ずかしい事ではありません。一番恥ずかしい事は、人気企業だけしかうけずに内定0になることです。話しは変わりますが、私は、内定が足れなくてもそんない悪い事だとは思いません。内定が取れないのは実力がないからで、実力を付ける為に専門学校や職人、ワーキングホリデイなんかに参加するのも長い人生を見れば+になると思います。

21.最近関心のある事は?
これは、パーソナル&インテルジェンスを見る質問ですね。日経新聞とかを経済誌を読んでいれば大丈夫だと思います。以上!!

。。。。。といいたいのですが、読んでない人も中には居るのではないでしょうか?これは読んでおいて下さい。就活中は日経は読むものなのです。読まなくても受かる人もたくさん居ると思います。それは結果論で、今は受かるかどうかわからないので読んで1%でも確率が上がるのであれば、読むべきだと思います。(10%くらい上がると思います。)ここは、大切な要素です。企業はビジネスを行っているのです。なので、ビジネス的な発想が出来ない子ではないと採用は難しいのです。※もちろんクリエイティブ系は別です。まあ、厳密に言えば別でもないですが

22.何か質問はありませんか?
この質問で合否直結することはないと思います。ただし、アホな質問だけはやめて下さい。これは、会社説明かに言ってれば反面教師的に分かると思いますが、
①面接官自体が困る質問
②自分の知識のひけらかし
③HPで分かる内容
などですかね。

23.他に受けている会社は?
これも19の質問と同じですね。あまりにも違う業界を堪えるのは×です。一貫性のない人と思われます。そもそも私のブログではその就活はお勧めしません。似た業界やライバル会社を答えて下さい。

24.学生時代に最も力を入れたことは何ですか?
これは前回のブログ(面接でよく聞かれる36の質問の答え方 7~16)の10と同じですね。割愛します。

今回は以上にします。面接は聞かれる事がほとんど同じなので、自分の型を作れば非常に強いです。その型を作るのが練習なのです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。

ほぼ一ヶ月振りの更新となりますかね
毎日更新する事を目標にしていたのですが、とほほな状況です

ちょうどメーカー勤務なので3月度は忙しいのでした、他にも担当する得意先が増えた事もあり、更新出来ずに本当にすみません。

今日からはなるべくまめに更新出来るようにします

現在、3月中旬ですので、自分の時代(数年前)では1次面接ラッシュだったと思います。
今年は、倫理規定が守られているので、ESの提出ラッシュだそうですね。

ちょうど、インターンシップで来てた子と連絡を取る機会がありまして、状況を聞きました。ESの通過率が思ったより悪く焦っているようでした。ちなみにその子はW田でした。

う~ん、この学歴でもESが通らないとは思っていなかったので、正直自分も焦りました。分かったのは、その子が出している業界がESが通りにくい業界だと言う事は確かでした。大手の中でも、特に倍率が高い業界は、学歴+αの何かがすでにマストなのかも知れません。おそらくその+αがなければ、たとえESが通過してもその後の面接は難しいでしょう

ずばりその、倍率が高い業界とは

食品飲料 広告 TV 総合商社 ディベロッパー 

などではないでしょうか、他にもあるとは思いますが、この辺は人気企業の中でもさらに倍率が高いイメージがああります。

何度も口をすっぱくして言いますが私が以前書いたエントリー数の黄金比のように人気企業だけでなく倍率の低そうな企業もバラしてESを出して下さい。今はプライドを持つ時期ではありません!!面接が一番大切でその面接の極意は慣れなんです!!とにかく面接をこなす事が大切なので、今はESを通過して面接をたくさん受けて下さい。4月の面接ラッシュの時に如何に面接慣れしているかは雲泥の差が付きます。
※慣れを誤解して欲しくないのが、上手く伝える技術、好感を持ってもらえる技術があがると言う意味です。

なので、人気企業だけではなくバランスよくESだすようにして下さいね
後から後悔しますよ

それでは、本題に入りたいと思います。
面接でよく聞かれる36の質問 の7番から自分なりの解答を書いていきます。
これは面接での答え方ですが、もちらん面接で答える事の要旨がESに書く事なので、ESを書いている方は参考にして下さい。

7.得意なこと
特技ですね。自分の趣味の中で、特技を言えばいいと思います。あまり考えずに、素直に答えればいいのではないでしょうか。こういう質問は、その人のパーソナルな部分を垣間みようとするしつもんなのです。その特技を目を輝かせて話す人は、きっと楽しい余暇を過ごしていて、アイデア引き出しも豊富そうだなと面接官は思います。逆に言葉に詰まったりする人は無趣味なのかな?つまらなそうな子だな、会社に入ってもオンとオフの切り替えが出来るのか心配だなと極端に言えばそう思われる可能性があります。
なので、楽しそうに話して下さい。

8.あなたの長所は?
これは、よく聞かれますね?特技とは違うので、注意して下さい。言わば、長所ですね。色々答え方はあると思いますが、ビジネスで活かせそうな長所を答えて下さい。さらにそれは、学校の授業で学んだものであれば、なお良しです。

◎良い例
私の長所はアイディア発想力です。私は、学校で、商品企画のグループワークを行いました。何かを企画するときは今のはやりや消費の流れを把握しないといけないので、私は日刊トレンディを読んだりやウィンドショッピングをしながら街を歩くようにして世の中を観察しアイディアを発想する力を鍛えました。この力を鍛えたことで、アイディアマンとして私は活躍出来るようになったので、私の長所は~です。

◎悪い例
私の長所は努力です。私は小さい頃から野球をしていて~

二つの例を書きましたが、上の良い例はそんな良い例ではないかもしれませんが、私がよく話していた話しに近いものにしました。したの例は大変素晴らしい事なのですが、ありきたりすぎて埋もれるエピソードになってしまうのです。バイトや部活での成功は実績が伴って初めて力を発揮するのです。誇らしい実績がある方はそれでいいのですが、ない方は人とは学校で学んでことをビジネスを絡めて話す事がいいのです。

9.あなたの短所は?
これは、私が面接を受けたときも7割がた聞かれるキラークエスチョンですね
これは自慢なのですが、この質問が来たときに私は一度も落ちた事がありません。あるいみげんかつぎのように毎回一言一句同じ事を言いました。そして受かりました。
これは、自分だけの秘密にしたいのですが、今日は特別に話します。メモ必須です(笑)
面接官の反応も書きます。

私「私の短所は妄想好きな所です。」
面 〈変なやつだな、笑い〉
私「特に、道を歩いていても考え事をするときが多いのでお恥ずかしい話電信柱にぶつ  かりそうになったことが何度かあります。」
面 〈爆笑、こいつ大丈夫か?〉
私「ただ、この妄想中に色々なビジネスや企画のアイディアがたくさん浮かぶので非常  に助かっています。」
面 〈おっ、変わったやつだが面白そうだな〉

これで100発100中受かりました。
なぜこれが良かったのか分析してみました。
①面接は笑いを取る事が大切:これは本当に大切です。面接官は就活生の生きるか死ぬかの必死なアピールを一日何十人と見て来て相当疲れています。その中で、笑いを取ってくれる子は心が和みますし、記憶にも残ります。10の返しのうち2個くらいは笑いを取るようにすれば清潔感のある面白い子をなり得るのです。
②他の事との差別化:①にもつながりますが、他の子が絶対言わない事をあえて言う。これが面接では大切なので。さらにそこにインテルジェンスが加われば最高です。自分のには足りませんが
③短所を長所に変化させる:ここがポイントです。面接本にも書いてますが、本当の短所は言わない。短所を言っているように見せかけて長所として捉えてもらえるよう話す事が大切なのです。

10.学生時代に力を入れた事は? 11.学生時代に学んだ事は?
これが、面接で一番聞かれる質問でしょうね。正直この質問一つで採用不採用決まる事も多々あります。この質問は、その子の実力が分かる質問なのです。つまり、何が出来るのか?どんな能力があるのか?
この質問のベストは相手に凄そうと思わせる自分の能力を披露する事です。海外に居たので英語がペラペラです。○○のコンペに受賞しました。などが良いですね。

ただし、そんなスッペクを持っている子少数です。その子たちは就活で勝ち易いスペックなのです。私のブラグはそんなスペックを持たない自分のような子の為に書いてますので。

では、どうすればいいのか。答えはやはり、学校で学んだ事を少し専門用語も交えながら出来る人風にもっともらしく自信を持って話す事だと思います。簡単なコンペや資格等(学内でも良し)もでも取っていれば大きくして話して下さい。とにかくこの子出来るぞと思わせれば勝ちなのです。正直、まったく勉強してこなかった子にはそう思わせることは出来ないかもしれません。しかし、そこそこしっかり学校に通っていたのなら可能性はあります。こういうことは私はやってきてこういうことを学びました。このスキルは御社のこの事業で役立てたいです。と話して下さい。ここで大切なのは「上手く盛る技術」+「自信」なのです。集団面接のときは特に隣の子に負けないように私が一番学校でこんなことを学んだんだぞと話して下さい。

※ここは一番大切な質問なので苦戦している人の多くはここが弱いのだと思います。アルバイトやサークルも悪くはないと思うのですが、ありきたり感とビジネスとのリンクが弱すぎるのです。(ありきたりではないバイト、サークルは◎です。)私はなんと言われようとも大学の勉学をしっかり伝えるべきだと思います。むしろ、大学生なのに大学の勉強を一言も話さない就活生の多さに驚きです。学校で勉強してない子を面接官は取りにくいのです。

12.成功体験を教えてください。
13.失敗体験を教えてください。


これも、11の質問と同様です。自分の一番学生時代力を入れた事の中で大きなエピソードでの成功と失敗を言えばokです。さらにそこから何を学んで身につけ、ビジネスにどう活かせるまで話して下さい。11への受け答えがが出来ていれば簡単です。

14.あなたの能力を当社でどのように活かせると思いますか?
これは、割愛してもいいのではないでしょうか。毎回自分の長所や学んだ事をここに繋げるように話していれば、面接官も聞いては来ないでしょうし、この質問が先に来たならば自分の長所や学んだ事を話しつつここに繋げるようにして話して下さい。
当たり前だと思いますが、自分のいきたい部署や興味のある部署に繋げて下さいね。ではないと意味分かりません。アイディア出しが得意なら企画や営業、ファッションが好きなので御社の繊維事業部を新しい切り口で展開したいという風に、ビジネス的に繋げて下さい。

15.アルバイトはなにをしていますか?
16.アルバイトで何を学びましたか?

これもよく聞かれますね。スキルが身に付くような凄いバイトをしてらっしゃた方はまってました言わんばかりにアピールすればいいでしょう。スタバなんかも就職につよいバイトらしいですね。普通の飲食店とかだと接客スキルが身に付いたとかで十分◎だと思います。してなかったや楽そうなイメージが付いてしまっているバイトはあまりアピールしない方が良いと思います。ここをアピールの場と捉える人は頑張って下さい。そうではない方は、無難にこなしましょう。その業界に近いバイトはグッドです。その会社に入る前の勉強として言えば評価は良いでしょう。16は割愛します、以上!!

次回は17~から話します。とにかく、大事なのは「他人との差別化」「ビジネス的リンク」次から話しますが「一本線(軸)」です。では、次回


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
更新が滞ってました。今日は何について書きましょうか?
う~ん。何を伝えればこの2月中旬に読んで納得して頂けるのでしょうか?

今日は、【リアル就職活動】というサイトにあった面接でよく聞かれる36の質問内の
質問の受け答えを書いていきます。

かなり実践的に書いていくので是非参考にして下さい。
36かなり多いですが、付いて来て下さい!!
今日は1~6まで書きます。
とにかく意識するのが人とは違うぞということを魅せる事です。それを変人ではなくスマートに行って下さい。

1.なぜ弊社を志望するのですか?

これは、なぜこの会社を受けに来たのか、入りたいのか?という企業からすれば、学生からの熱意を一番感じられる質問でしょう。学生からすれば、逆に一番熱意を伝えられる質問ですので、この質問が来たときはみな待ってましたと言わんばかりに練習して来た言葉を熱弁します。

ここでのポイントはその志望するための根拠と志望しているがゆえの行動を面接官に納得してもらえるかが重要です。

①志望するにあたった根拠:体験談や会社を知った経緯などの実例をもとに構築します。これは良く目にするBtoCのメーカーやサービスの企業だと話しやすいのですが、BtoBのメーカーの場合はその商品に素材を提供しているといった切り口から話すのがベターでしょうか。ここは色々な事を知っていたり、企業について雑誌とうから情報を得る、社長の本を読むといった人があまりやらないようなことで、他の人とは違った差別化の解答が出来ます。ただし、この志望根拠は、8割方みんな一緒です。では何が、合否を分けるかというと、その人の適性又は能力にあった志望がどうかが一番大事なのです。

適性及び能力:例えば外大に行っている子が、グローバルに日本の商品を展開している日本のメーカー◎◎に興味を持ち、日本の誇る商品作りを海外の人たちに提供したい。
このような志望動機の場合、志望根拠は人並みだと思います。しかし、志望の際のその人の適性及び能力は面接官が見たときに非常にしっくり来ると感じられるでしょう。
ここを、気にしていない学生がなんと多い事か。自分の学科の採用実績を穴が空くほど見て下さい。自分の学科と業界には相性が必ず存在するのです。自分の21年間で培った適性にあったものの中から企業を選ばないと面接官から、企業を見つけて受けに来た大勢の中のひとりとしか見てもらえません。

②志望しているがゆえの行動:ここは適性及び能力とも、繋がります。つまり、電通を誰よりも志望しているのであれば学生時代広告に興味を持ち少なくとも何か(グラフィックのコンペ受賞、広研所属、イベントの企画etc)をしていないとお話にならないということです。面白い学生大好きですから、広告に関係ないことをしてた子も採用しますが、その子は他もほしがるような人材です。本流は、その業界を志望しているならその為の努力を伝えろということです。

①なんかよりも②が大切なんです。さらに、②を伝えるには学生時代にしてきたエピソードがあり、②と繋がらなくては行けません。つまり、学生時代早くから何かやりたい事をみつけてそれに向けて努力していた学生が上手く行くのは必然です。

では、②がない人はどうしたらいいのか?
私は、自分の学部でやってきたことと趣味の範囲で興味のある事、が自分の適性及び能力として行かせると思うとしっかり伝えました。すごいことはしてませんが、学科でやってきたことは胸をはって学んだ事だと言える筈です。厳しい事を言いますが、学生時代なにもせず、学校の授業も受けなかった人が大手に就職するのは1流大学以外ではかなり厳しいと思います。なので、サークル(志望企業に関係ある場合は除く)、バイト(志望企業に関係ある場合は除く)のみの人はそこから学んだ何かを②に落とし込めしかないということです。

2.入社したらどんな事がしたいですか?
これは志望動機をさらに詳しく聞いているだけです。その会社にそのような仕事があるかくらいは説明会で聞いていれば分かりますし、自分が受けのは◎◎に携わりたいからという人は簡単に答えられるでしょう。ここでも、自分の適性及び能力にあった部署を志望する方が答えとしたらスムーズです。

3.なぜこの業界を志望しているのですか?
これは簡単だと思いますが、業界何の他社もちゃんと見とけと言った所でしょうか。
業界動向などもしっかり新聞等で勉強しておけばOKです。

4.転勤があってもかまいませんか?
答えは1つ構いません。と悩まずに即答です。悩んだらアウトです。したくない人は別の会社を受けて下さい。さらに、上の解答は「ゆくゆくは海外赴任したいので、国内転勤に関しては微塵の不満もありゃあせん!!」と器の大きさをアピールして下さい。

5.簡単に自己PRをして下さい。
これは、正解はありません。通常は学生時代に頑張って事の中で自分のNo.エピソードを1分30秒くらいで伝えて下さい。最後に~なので、御社を志望しますと添えるとベターです。内容は当たり前ですが、ここでの注意は話し方です。長々と話さない事、しどろもどろになり頭真っ白にならないこと。ここは慣れですので、たくさん練習して下さい。

6.5年後、10年後自分はどうなっていると思いますか?
入った後のキャリアプランを聞いているのです。会社によって正解は変わりそうです。
ベンチャー気質のところは新規事業を自分が起こしたい(独立も辞さいない)。あえて老舗メーカーも新しい◎◎、○○をもっとこうしたい(会社はやめない範囲で)と耐えるのが今風なんでしょうかね。括弧内の雰囲気に注意して下さい。

以上1~6の質問の答え方です。次回を続きを話します。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル通りです。
よく皆さんは、1次すら通らない、私は面接が苦手、就活が上手く行っていないと感じているのではないでしょうか?

「それもそのはず、1次面接が一番倍率も高く難易度が高いのですから」

ならば一生2次に進めないではないかとお思いでしょう。たしかにそうなんですが、裏を返せば、1次さえ突破してしまえば後は比較的スムーズなんです。

説明します。その前に、前置きで、前提としてESの後、面接3回(1次、2次、最終)、間に筆記1回の一般的な企業を想定しています。大手でもおおよそこんな感じでしょう。
倍率のイメージを書きます。筆記はしっかりやればまあ大丈夫です。そんなに見てません。難しすぎて落ちた場合はあきらめて下さい。その会社に入ってもついて行けませんん。
突破率
ES通過:10%(これは厳しすぎるかも)
1次面接:20%
2次面接:30~40%(平均35%)
最終面接:50%


採用人数30人に対して10,000枚のESの応募という超大手企業(リクナビのブックマーク数はおそらく5万前後でしょうね)で考えますと、ES通過が1000人 1次面接通過が200人 2次通過が70人 最終内定者は35人(辞退も考え多めにとりました)と言った感じですかね。

ほんとに私が感じたイメージです。最終面接が半分くらいなのは事実です。
これを見ても分かると思いますが、1次面接がES通過後では一番突破率が低いのが分かるでしょう。なぜこのような、突破率になるのか根拠を説明します。

【1次面接】 突破率20%
その意味合いは、企業により様々ですが、基本的には集団が多く、個人でも5分くらいの短い戦いになります。色々なことを用意していたのに全く聞かれなかったり、あたりまえの質問だけされたりとフラストレーションが溜まる事が多いのではないでしょうか?さらに上手く言ったと思ったのに落ち、逆に駄目だと思ったのに受かるというブラックボックに近いのがこの1次面接なのです。正直私は、今でも1次面接が一番嫌いです。あんな短いあいだでいったい何が分かるというのでしょう。
それでも、おそらくここがポイントだと私は考えています。
【ポイント】
①身なり、態度、受け答えの雰囲気、明るさ、元気、笑顔
ここ舐めない方が見の為ですよ。出来ていない人本当に多いですから就活生としてあたりまえのことが出来ているかという事です。サラリーマンになれるのかこいつはという所を見ています。あの短い間ですから、入り方や、お辞儀の仕方、あいさつで判断しているのは確実でしょう。
②醸し出す雰囲気が自分の会社にあっている、弊社っぽいか
これは落ちてもしゃーないです。合ってなかったと思って諦めましょう。対策のとりようもないですし。面接官の直感に頼り過ぎでしょと直談判を起こしたくなります。でも、おそらくこれもあります。これは、明るくしておけばくぐれる所も多いので①をしっかりする事が唯一の対策です。
③ESを再度確認
今やんのかいと思いますが、やるんですねこれが。おおっ良さそうな子だ。ふむふむスペックもまずまずじゃないか。合格。こんなもんなんですね。たかだか5分見ただけでは決めれないので結局ESに頼ってしまうんですね。逆にESのスペックいまいちな人はこの1次で面接だと思いきやESの性で落ちる事になります。
④テストの結果(※)
もし、1次面接の前にテストを受けていた場合はテストで落とされず、面接後に落とされる事があります。これは、面接での挽回を設けているため、テストと面接の総合点で合否を出す企業が行います。対策はテスト頑張るくらいですかね。

以上から如何に1次面接が難しいかお分かり頂けましたか?
ではどのように対策を立てれば良いか。
再度また詳しく説明出来ればと思ってます。

【1次面接対策】
①とにかくミスをしない:短い時間ですので、ケアレスミスは命取りです。とくに基本的な挨拶等は完璧にやって下さい。No.1をとるつもりで
②集団であれば差別化戦略:集団でさらに短い時間であれば、まわりに埋もれていては相手の頭に残りません。覚えてもらえるよう他の人とは違ったことを言うべきです。もちろん節度のある範囲で
③落ちても気にしない:①②をしっかりやってアピールも練習通りにやれたなら、駄目だったとしてもくよくよしてはいけません。それくらい1次面接は謎が多く難しいのです。

【2次面接】※最終の前 突破率35%
最終は半分の人が通るイージーモードなので、ある意味本当の最終はこの2次面接だと思います。おそらく、自分は個人で相手は3人くらいで時間は20~30分くらいが多いのではないでしょうか。こちらが集団なら40~50分くらいではないでしょうか。両方一人に掛ける時間は長く、個人を見るか、個人を比較しながら見るかの違いだけだと思います。とにかくじっくり自分の人間性を見られますので、薄っぺらでは通用しないとだけ言っておきます。

しかし。私はあまりこの2次面接が難しいと思っていません。
そのポイントを説明します。
【ポイント】
①しっかりやっていれば実質の突破率はもっと高い
どういうことかといいますと、1次面接は謎が多いと言いました。つまり謎の子がけっこう受かっているのです。この子たちはほぼ90%ここで落ちます。来てはアカン子たちでしたから。この子たちを抜くと半分近くにまで突破率が上がるのです。
②たくさん聞いてもらえる分、しっかりやってる子は有利
時間が長いので、1次面接のように、あっという間に終わるのではなく、しっかり話を聞いてくれて自分が伝えたい内容も話す事が出来る2次面接はボロが出やすい分、自分を出し切れます。なので、就活を真剣にやってきた子たちの真剣勝負がここでは繰り広げられます。面接官も最終の役員(もしくは社長)に見せても恥ずかしくない子を選ぼうとするので質問も本格的です。この質問たちをしっかり考え今までの生きてきた21年間の自分とこの会社に入りたいという熱意で返して下さいなんかまた精神論になってきましたね。このブログはなるべく論理的に書いていこうと思っているのですが

以上から如何に2次面接のイメージ湧きましたか?
ではどのように対策を立てれば良いか。1次同様書いていきます。
ここは説明するときりがないので、今回も簡単に。

【2次面接対策】
①時間は長いので、あせらずとにかく手応えのある面接を心がける:時間が長いので、色々な質問の中で、自分の特徴、特技、志望理由をバランスよく組み合わせながら発言して行く。
②ミスはやっぱり命取り、面接は揚げ足取り:基本をここで出来ていない人はいないと思いますが、発言も細心の注意を払って下さい。相手はこちらがミスるのを待っています。ここまでくると就活生はみんな上手いんです。そんな中で優劣をつけるとなると、やはりミスを見つけるしかなくなります。
③もちろん差別化:時間があるからこそ、論理的に自分の差別化戦略を相手に話す事が出来る大きなチャンスです。自分は他の人とは違い事なんです。こんな事が出来るんです。この理由で入りたいです。唯一無二の自分をアピールしましょう。

とにかく、これが受かれば、次は最終です。確率5割の最終を抜ければ内定です。
後一息です

【最終面接】突破率50%
ここが最後の勝負場です。ただし、安心して下さい。突破率50%2社最終があれば高確率でどちらかは受かるのです。さらに確認だけのところもありますし、1次面接に比べれば楽勝です。

とはいっても、半分は落ちるのです。最終まで来て。ここまでくるという事は、ラッキーの人はまれだと思います。(まれという表現をあえてしましたが、います。さらに内定を取る人もいます。

最終決戦に臨むポイントを簡単に。時期はまだ早いと思いますが。ふーんと思って読んでて下さい。
【ポイント】
①今まで言われたことの復習を完璧にやる:社長及び役員は2次面接の様子など見てません。なので、あなたが魅せた素晴らしい面接を叔父樣方ににお見せすればいいだけなのです。
②あとは社長役員しだい:彼らの考える事は分かりません。きっと自分たちの会社に欲しいかどうか育てたいかどうかを見ているのでしょう。

つまり 欲しいかどうか育てたいかどうか
これが大切なんです。二周り離れたヒヨッ子が最終まで来たからと言って偉そうにもしくは自信満々に話しては行けません。堂々はいいのですが、謙虚な心だけは忘れては行けません。企業で働いている方々はその道の生き字引のような人たちです。大学ごときの経験ではなにもスゴい事はないのです。それでも、採用しようと感じるポイントは何か?

謙虚さ
であり、この子と一緒に働きたいか?ということなんです。

これからなんどもなんども言いますが、上手く言っているときほど謙虚さを忘れないで下さい。

本日は以上です。長々と失礼しました。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここらへんで、ESの書き方についてというよりもESとはそもそも何なのという皆さんにESは単純明快だということをお伝えします。

履歴書はという方の為に、ESは履歴書をさらに詳しく、又は自分の企業で聞きたい内容の設問に変更したものと考えて下さい。ぶっちゃけほぼ一緒です。簡潔に言うと企業専用の履歴書です。

ESとは面接で話す内容を簡単にまとめたものである。

これだけです。簡単だと思いませんか?袋小路に迷い込んでいる方にとってはこれだけで終わっていいのではと私は思っています。

これだけじゃ、分からないという方の為にもう少し付け足しますと、

ESを書いてから面接に臨むので、意識しにくいですが、面接をしたときにあなたが話したい内容、この内容なら面接官に伝わり、合格の連絡がきっと頂けるという自信のある内容を、ICレコーダーで録音し紙に書いてまとめればいいのです。

後半は半分冗談で、半分本気です。つまり、面接で私はこの事を話します。という池上彰さんでいうところの「地図」のようなものです。

=================================

その要点「地図」を書くにあたり注意して欲しい点を書きます。

①目を引く山場は絶対に入れる
要点をまとめても、ESパラ見の際に目を引くものがなければ、埋もれるかもしれません。そんな奇をてらったものでもなくてもいいですが、なんちゃってサークル長とバイトリーダーは如何なものかと思います。(長とリーダーをアピールしている人ごめんなさい、批判も慎んで受けますのでコメントしてもいいですよ
それよりは、授業でしっかり学んだ事や資格取得をアピールした方が良いと思いますよ。就活は差別化戦略が一番です。あまり人がしないであろうアピールを論理的に伝える事が秘訣です。
②付属情報はあえて入れない
入れるほどのスペースもないと思いますので、勝手に入れれないかもしれませんが、相手が気になるような情報は面接の際に聞いてもらうということです。
例)
面「あなたの学生時代の貴重な経験は何ですか?」
就「はい、私は学生時代に海外旅行をしたことです。」※ESの欄をチラ見
面「どこに行ったんですか?」
就「はい、シンガポールに行きました。」※ESにシンガポールと記入
面「友達とですか?」
就「いえ、一人で手探りで行きました。右も左も分からず、そこで私は◎◎を学びました。」※ESのシンガポールの横に一人旅と記入

少しマニアックな話かもしれませんが、はっきりいいますと面接官は面接を受ける学生のESに目を通していません。これは80%そうですし、面接が進むほど見ていないでしょう。見ていてもチラットだけです。忙しい役員の方や人事以外の方が学生のESをしっかり見るほど企業は暇じゃないのです。私が面接中に感じたので確かです。何が言いたいかといいますとESはこちらから、面接中に相手に読ませるものなんです。上の例題を参考にしますと。※印のような行動を面接官はとっています。もちろんとらない方もいますが、頭の中にのこるのはみな同じです。大事な部分はしっかりとメリハリを付けて発言し面接官の頭に焼き付かせることです。

この会話さらにワンランク上のアドバイスも加えてあります。気づいた人はいますかね。あえて最初の質問ですべてを答えずに相手に質問させるようにしています。面接の雰囲気や面接官の進め方にもよりますし、時間の短いに1次面接では使えないかもしれませんが、相手に質問させた方が相手の頭に残るのです。自分から伝えたい事だけをまくしたてるように話していませんか?熱意は分かりますが、コミュニケーションとはキャッチボールです。相手の様子を見てじっくり話しましょう。相手も何十人も聞くだけだと疲れてきます。たまには質問なんかもいいでしょう。◎◎さんは最近海外どこかいかれましたか?おっとこいつ余裕があるなと思われる可能性大です。(人にもよりますのであしからず)
=============================

長くなりましたので、話を戻します。ESがかけなくて悩んでいる方は、とにかく面接を受けてみて下さい。いやいや、ESかけてから面接でしょといいたそうですね。荒療法ですが、非常に効きます。適当に思った事を書いて通った面接で伝えたい事を話して下さい。落ちるかもしれません。受かるかもしれません。隣の人の内容に感服するかもしれません。隣の人の内容の酷さに反面教師とするかもしれません。そうして何度も考え面接を受けるうちにこういうことが私が伝えたい事なんだ、こういうことを上手く伝えれば面接に受かりやすいんだということが見えればその内容をまとめてESに書けば良いのです。今回は極端に言いましたが、ESと面接で話す内容は同じなので面接から上手くなれば自ずとESも書けてくるといった所です。

ESに関してはまた再度詳しくお伝えします。

あと。ES添削して欲しい人がいましたらどしどし送って下さい。
募集しております


次回は1次2次3次最終の各面接の私の抱くイメージをお伝えします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
時期が時期なので、エントリーシートの書き方や面接対策も書いていきたいですが、今日は色々な人の話を頭に入れすぎた結果何を信じたらいいのか、分からなくなっている方に向けて書いていこうと思います。

まず、皆さんが就活をするに当たって参考にする人はどのようなかたがいるでしょう?

①内定が出た先輩
②説明会の企業の方やリクルーター(OB・OG)
③就職コンサルタントや学校の学務課
④就職本
⑤親や教授

こんなところですかね。今日は就活するにあたり上記の方々(1部本も混ざってますが)の話を聞く際の心構えを話しておきます。

いやいや、この大変な時期にそんなどうでも良い話しんといて、と仰る方もいらっしゃるかもしれませんね。誰もこの時期に言ってはくれないことこそ私は大切であり、私がブログを書く意味でもあると思っています。

ポイントだけアドバイスする人が、一番厄介だと私は思います。じっくり話してくれる人はまだしも、ポイントしか言わない人は悩んでいる就活生に対して失礼だと思います。よかれと思って、話しているつもりでしょうが、しっかり根拠を言ってあげないと絶対に混乱招きます。

===================================
【余談】
そもそも、就活の体験談を聞くときにまず確認して欲しい点は、その成功者のスペックです。なんかどんどん性格の悪いブログになてますね。お許し下さい。本音を言っているのです。ではなぜか、
その人が、
高学歴 英語が出来る 親の顔が広い 人脈がすごい 学生時代の過ごし方がすごい(海外放浪 起業等) 
このような場合は話を半分に聞いて下さい。その人は優秀です。優秀だから内定が出たのです。その人と同じ就活をしていては同じ所に内定は出ません。就活においては、その人を超える戦略と思考回路を駆使しなくてはなりません。その人たちは、積極的にアドバイスをくれるかもしれません。そのとき、あなたの頭の中で、この人が普通のスペックだとして聞いてみて下さい。それでも、感心する事は良いアドバイスだと思います。

私は逆に、普通の人ながらたくさん内定を採っている人の意見を積極的に聞くべきだと思います。自分のブログを正当化している訳ではないですよ。このブログのコンセプトを述べているだけです。普通の人で大手から1社だけという人も、考えものです。ラッキーの可能性が高いですから。その人の意見は結局「就活は運んだよ」と良いそうですね。普通の人なのにたくさん取れている人は、人一倍就活に対して、考えています。きっと始めの方は上手く行かなくて悩んでいると思います。そんな人が身近にいたら是非話を聞いて下さい。きっと傲慢ではない態度で教えてくれるでしょう。
==================================
話を戻します。短いアドバイスが、なぜたちが悪いか。
例えば、
「ESはたくさん出した方が良い」:よく聞くアドバイスです。では業界を絞らず大手だけにやみくもに出す事が正解でしょうか?ただで際忙しい時期に受ける企業の数を増やすという就活の神様が怒りそうな理由だけで、忙しい時期に持ち駒を増やす事が正解でしょうか?もちろん、俺はたくさんES書くのなんか苦にならないし、全てのESをしっかり書けるよといこの方法は有効でしょう。でも、そうでない人にとっては、この方法は苦痛かもしれません。さらに、たくさん出す=たくさん通過するでもあり、たくさん落選するでもあるのです。さらに、やっつけになっていれば、きっと落選の数が増え、さらに追い込まれる事になるかもしれません。そもそも、持ち駒をたくさん増やす為にESを書いている人の文章が、本当に入りたい人の文章に勝てるとは到底思えません。まあ、現実はそんなきれいごとではなかったりすのですが
加えて、私の25社の黄金比を読んでも、心配な方はESはたくさん出しても良いですが、大手にだけに出すという事だけはやめて下さいね。(エントリー数の黄金比

「色々な業界を見るべきだよ」:これはたしかに当たってますし、私が反論するのも難しい所があります。しかし、全ての業界を見て回っていたら、何度生まれ変わっても見切れないほどの業界があり、会社があります。見てみたら意外と楽しそうだったという人がいますが、そりゃ説明会は楽しそうに魅せてなんぼですからね。楽しくない方がおかしいです。そのような、気持ちで会社を見ていたらESが何枚あっても足りません。仕事はやってみたらなんでも楽しいものなんです。しかし、自分が好きなものだったりすれば、さらに、楽しいのです。そのさらに与えてくれる業界は、あなたが21年間生きてきた決して短くない、江戸時代ならもう大人なあなたの心に既にもやもやとあるはずです。その業界に絞ってから、周辺の業界を見るようにして下さい。もちろん、夏頃から動いてた人はその分たくさん回れますよ。

「入社の決めては人」「入社の決めてはやりがい」:よく内定者が言いますね。環境が良いとかは第一条件ではないだろう。入社の決めては人って部署によって人が違うのに人当たりがいい人事だけ見てそれ言ってんの。そもそも就活生に怒る人っているの、みんなやさしくするでしょ。今日は毒づきます。たしかに、人が明らかに悪い所はありそうです、そこを引き合いに出したらきりがないでしょう。でも、参考には非常になりますので直感は大切にして下さい。やりがいもくせものですね。どんな仕事もやりがいがあるでしょう。やりがいがないなんてどうして働く前から決めつけられるのでしょう。たしかにビジネスの規模が大きい事はやりがいに直結しますが、お客様と触れ合って喜ばれるのもやりがいです。やりがいという言葉ではなく、私は◎◎がしたくて、◎◎に憧れてここを選びましたと言って下さい。一言で片付けないで下さい。

「面接はうそをつけ」:これは実は本当です。面接について近々お話ししますが、ジャブ程度に言っておきます。正確にはウソをつくのではなく話を盛るのです。これは、悪い事ではありません。今からの会話を聞いてみて下さい。
【盛らない場合】
面「学生時代の一番の思い出は何ですか?」
就「はい、私は軽音部に所属してました。そこで、自分たちでライブハウスを貸し切りフライヤーも自作し、街の通行人や知り合いに配りなんと
30人も来て頂き、ライブは大盛況でした。そこから私は~~~~を学びました。」
【盛った場合】
面「学生時代の一番の思い出は何ですか?」
就「はい、私は軽音部に所属してました。そこで、自分たちでライブハウスを貸し切りフライヤーも自作し、街の通行人や知り合いに配りなんと
200人も来て頂き、ライブは大盛況でした。そこから私は~~~~を学びました。」

この違いです。面接官の感じる印象は大きく違うのが分かるでしょう。面接官にとってはこの部分を盛ったから(ウソをつく)といってなんて悪いやつだと思う人はいないでしょう。盛るポイントは、2~3を10にしてもいいけど、0を10にしてはいけないということです。ライブを自分たちで準備し実行したという事をしたことがないのにしたとは言ってはいけません。よっぽどの詐欺師ではない限り、ボロが出ます。30人→200人これくらいがちょうど良い盛り方ではないでしょうか。2000では多すぎますしね。

以上実例をもとにお伝えしました。次回は皆さんが興味あるエントリーシートの意味と各面接の意味合いについて各予定です。(順不同)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。