ママのカラダのおきょうしつ《妊娠・出産・産後・赤ちゃん・生理・更年期。女性の成長の専門教室》

横浜・湘南辻堂・湘南藤沢・湘南平塚・都内で定期的に開催しています。経験豊かな講師陣が皆さんの毎日をサポートします。
自立神経系・女性ホルモン・身体のバランスを整えて心地良い毎日にしていきましょう!











出産・子育てという大きな出来事を迎えるママのためのお教室



横浜・湘南藤沢・辻堂・鵠沼・戸塚でお教室を開催しています。


ここには沢山のママと子供たちが集まって過ごしています。


月に週に何回かのこの時間は


その他の沢山のママの時間の支えになっています。







ママのカラダが健やかでいることは


家族の元気の源です。


そして、ママが一人の女性としているためのケアは


とても大切なことだと私たちは思っています。









お問い合わせ


自宅の近くで行いたいという方!お友達同士で始めませんか?


場所・人数が決まれば始められます。お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ先:info@@@kurashikarada.com(@を1つに変更してください)



















NEW !
テーマ:

こんにちは。

戸塚・踊場のお教室からりえです花

 

キッズステーション「MOTHER」から

優しく胸を開くポーズをご紹介しました。

 

 

これです↓

 

気持ちよく脇が伸びて、

肩周りが楽になったり、頭がすっきりしたり、呼吸しやすくなったり

そんな感覚を感じた方もいるでしょう。

 

 

脇って刺激してあげるととてもいい部位なんです。

 

普段「脇」を意識する事なんてないですね。

身体の主役が骨盤や肩甲骨なら、脇は脇役。

脇なだけにね…ふふ笑

 

 

脇は名脇役!

 

体内の老廃物を流してくれるリンパが集まる場所。

背中の大きな筋肉、複数の腹筋、胸筋、腕の筋肉など様々な筋肉と繋がる場所。

乳腺が近い場所。

 

身体の脇役である脇だけど、

この脇がしっかり動かせなければ

体内の巡りが滞りやすくなるほど大切な存在なのですキラキラ

 

 

脇の刺激で母乳分泌を促す

 

妊娠期や産後の授乳期には、脇を刺激する事は特に大切。

 

乳腺は大胸筋という筋肉の上にあります。

脇はこの大胸筋とくっついているので、脇を伸ばすことで大胸筋を動かすことができます。

 

妊娠中や授乳期は、乳房も大きくなったり、抱っこする時間も多いので

無意識に身体の前に重心が傾き安くなる時期。

どうしても胸の筋肉も縮まってしまいます。

 

この筋肉が縮まり硬くなっていると

胸周辺の血流も悪くなります。

 

 

母乳があまり出ないと感じるとき、

実はこういったことが原因かもしれません。

 

 

片方ずつ息をゆっくり吐きながらじんわり脇を伸ばす。

 

脇とつながる胸やお腹周りの筋肉が伸ばされ

その緊張を解いたとき

ふわ〜っとリラックスするのを感じられますよかお*m

 

 

同時に肩周りの筋肉も緩ませることもできるので

肩こりの解消にも効果的です。

 

 

 

ママのカラダのお教室のマミーズヨガは

16週以降の安定期に入った妊婦さんから参加できますむらさき音符

お子さま連れもOKだから、

お二人目以降の妊婦さんでも上のお子さまと一緒にお越しいただけますニコニコ

 

戸塚・横浜・藤沢・辻堂・湘南・鷺ノ宮・西小山・港南・行田など

各地で開催していますクローバー

 

花花花花花花花花花花花

 

戸塚・踊場のお教室

↓↓詳細はこちら↓↓

 

ベル4月・5月はウェルカムキャンペーン中ベル

初めてのお友だちとご一緒で

参加費10%OFF!

 

花花花花花花花花花花花

 

鉛筆講座のご案内

 

とみよしみさと先生から学ぶ

マタニティ・産後ヨガ体操指導者養成講座 

 

女性のカラダもこころも大きな変化をする妊娠期と産後。

ヨガの先生になりたい人だけでなく、自分自身のために学んでおくといいかもキラキラ

 

〇関東 木金曜日開催 全9回10:00-15:00

9/7(金)9/20(木)9/21(金)10/11(木)10/12(金)

11/8(木)11/9(金)12/7(金)12/14(金)

 

〇沖縄開催 平日開催予定 全9回10:00-15:00

那覇市内で9月から開催予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
{AA838DF8-FB66-4757-B1BB-E9BA621F6891}

辻堂と善行のお教室、担当のなおです


前回、YouTubeチャンネル【MOTHER】より、【スクワット】をご紹介しました。
スクワットは、いわゆる『筋トレ』の代表的なひとつ、というイメージをお持ちの方が多いのでは?

なぜ妊娠中に、筋力をつけるようなの運動が必要なのでしょうか?

今日は、前回お伝えしきれなかった妊婦さんの『筋力』についてさらに考えてみます。


妊婦さんに筋力が必要な理由

◆妊婦中のトラブル
例えば妊娠中のトラブルのひとつ、腰痛
実は、腰痛の原因のひとつは上半身と下半身を繋ぐ部分にある筋肉が弱ること。
ここは足を持ち上げる動きなどに使われるため、おなかが大きくなった妊婦さんには使いづらいところ。
だから妊婦さんや産後のママに腰痛が起こりやすい。

そう。これもポイントは、筋力!

こんな風に、体型や体調の変化から、筋力が落ちやすい妊婦さん。

筋力の低下が原因となる妊娠中のトラブルは他にも…

⚫︎冷え性
⚫︎便秘
⚫︎体重管理
⚫︎肩こり

などなど、たくさん考えられます

筋力は妊娠期を快適に過ごす強い味方なのです


◆お産の力に!
分娩時にも筋力は欠かせません。

踏ん張るための脚力。
いきむための腹筋。
これらの筋力が不足することでお産が進みづらくなることも。

妊婦さんの筋力は安産にも役に立ちます


妊婦さんにできること

妊婦さんの運動には、普段とは違う注意が必要です。
とはいえ、お教室に参加されたマタニティママからは、「意外と動いて大丈夫なんだ!」という感想を頂くことも多いです。

妊婦さんにできること、実はいっぱいあるんですよ♡
ママのカラダのお教室で、運動量・その内容をぜひ体感してみて下さい

ママと赤ちゃんの10ヶ月が、よりしあわせなものであるように♡

辻堂、藤沢、善行、横浜、戸塚、港南、西小山、鷺ノ宮、行田…それぞれの場所から。
わたしたちはいつでも応援しています!


*ヨガの動きと呼吸で産前産後のからだをケア



*親子のためのコミュニティクラス*


お問い合わせはこちらへお願い致します🔻
*些細なことでもお気軽にご連絡下さいね



          

女性の身体の専門家になるための
とみよしみさと先生の講座

ウィメンズケア更年期編1級
~女性の為のヨガ~


更年期を迎える前の方から、迎えている方へ向けて、指導していけるようになるコースです。

          



posted by なお

テーマ:

鷺ノ宮・行田のお教室担当のきわですおねがい

 

今週から、ママのカラダのおきょうしつの先生達みんなでご紹介している

キッズステーションプロデュースのYouTubeチャンネル【MOTHER】

もう、ご覧いただいたママもいらっしゃるかな??

 

このサイトは、ママのカラダのお教室、けいこ先生が出演されていて、

 その全ての動画はママのカラダのお教室主宰・とみよしみさと先生が監修。

1回3分のとてもわかりやすいプログラムになっています。

 

「おきょうしつに行きたいけれど、ちょっと時間が取れない」

「おきょうしつでやったポーズ、どんなだったかな?」

 

など、忙しいママのちょっとしたお守りにもってこいのこのサイトビックリマーク

 

ぜひぜひご覧くださいウインク

 

今日は【体側を広げるポーズ】をご紹介します。

 

 

 

 

 

このポーズはマタニティ・産後と両方のママが行えて、効果が実感しやすい

シンプルで効くポーズです。

 

脇腹や腰が楽になる

妊娠中、産後のママは赤ちゃんの重みを支えようとして重心が体の外側に逃げがち。

大きいお腹を支えて立つ姿勢、抱っこをしている姿勢、思い浮かべてみると

外側に掛かった重心で、体の側面が縮んでいるのがなんとなく想像できるかと。

 

縮んだ箇所は、動きに制限がかかる→動かさなくなる→懲りや痛みを感じる

と言った一連の流れを生みます。

 

妊娠中のママ、大きなお腹を支えていて、脇や腰の張りや痛みを感じて

動くのが辛いと感じていませんか?

 

産後のママ、おっぱいの張りや抱っこ疲れで腕をあげると痺れたり、

引っかかる感覚ありませんか?

 

そんな動かしにくく感じる、縮んだ部分を広げるのに効果的なのが

このポーズなんです。

 

縮んだ箇所が広がると、それまで滞っていた血液が巡って、

体が温かく感じられたり、こわばっていた筋肉が緩んで、

伸ばした側の脇腹や腰の脇が大きく広がった感覚がします。

 

左右片方ずつ、ゆったりと行うので感覚の違いもとてもよく分かり、

自由になった体を感じられます。

 

体の中を広げると呼吸が楽になる

妊娠中のママは、お腹に赤ちゃんがいることで、肺の位置が上に上がります。

そのため、自然と呼吸が浅くなりがちに。

 

産後のママは赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりする姿勢で

背中を丸めて、胸や肩周りをぐっと緊張させたままいるので、

これもまた呼吸が浅くなったり、赤ちゃんに意識を集中させているので

知らぬ間に呼吸が止まっていた…なんてこともありますよね。

 

そんなママは、即ち、体の中の空間が狭くなっています。

その狭くなった空間を広げるのにも役立つこのポーズ。

 

終わった後、空間が広がった分だけ、吸う息も吐く息も

深く感じられます。呼吸の状況が変わるということは、

以前ご紹介したように、自律神経の領域にも関わってくるので、

ママの気分にも大きな影響をもたらします。

 

ママはお腹に赤ちゃんが宿った時から、自分のことよりも赤ちゃんのことを

考えるようになりがち。ハッと気づくと、なんだか疲れが取れない、気分が沈む

なんてことも起きてきますよね。そんな時にもきっとこのポーズが

助けになると思います。

 

そして、同じママ同士で共感したり、新しいアイディアや選択肢に気づいたり

なんていう場もママの助けになると思います。おきょうしつは、そのような

場でもありますキラキラ

 

ぜひ、ホッとしに、気分転換しに来てくださいドキドキ

 

風船中野区鷺ノ宮・埼玉県行田きょうしつの詳細はこちら風船

 

お問い合わせは右差しyoga.yoga.clear@@gmail.com

@を1つにして送信してください照れ

 

風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船

 

【MOTHER】を監修されていて、このブログでもおなじみの、とみよしみさと先生

女性の心身のケアに特化した講座、ウィメンズケア更年期編1級~女性の為のヨガ~【プロフェッショナルコース】が開催されます。自分にも周りにも活かせる、女性の体のことを専門的に学ぶ絶好の機会。ぜひ!

 

風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船風船

 

Posted by きわ

 


テーマ:

こんにちは。

西小山と港南のお教室のけいこですチューリップオレンジ

 

とみよし美里先生が監修、

キッズステーションプロデュースの
YouTubeチャンネル

その中から、
今日はよく知られているポーズのひとつ
三角のポーズをご紹介しますビックリマーク





バランス感覚を養い、

心もスッキリするポーズ

まず、両足を左右平行のまま大きく開き、右足だけ外側に向けます。


次に、両腕を肩の高さに広げ、

両足を踏みしめ、腹圧をかけます。


そして、右腕の方に伸びてから、体を真横に倒します。右足を持ち、左腕は上に伸ばし、上を見ます。


戻る時も意識を抜かずに!

腹圧をかけて、ゆっくりと上体を起こします。

(反対側も同様に行います)



このポーズは脇腹が心地よく伸び、呼吸がしやすくなります!


さらに前脚の裏側も伸びるので、血液の巡りが改善し、全身がすっきりするポーズです

 


さらに心地よい刺激が欲しい時は

 
上の腕を頭の先に伸ばします。

二の腕を腰から離すようにひっぱると、
さらに体側が伸びて気持ちが良いです。

終わったあと、

肩周りや脇のあたりも、血液が巡っていくのが感じられます。


もし、ふらつきや不安定感がある場合は

下を向くと落ち着いて行えますよ!



ポーズに慣れてきたら、

壁に背中が触れているようなイメージで、壁から背中が離れないよう行うとより効果アップアップ

 

軽くなりやすい後ろ足もどっしり踏みしめて、両足に同じ体重をかけて行ってください。


 慣れているポーズも意識を変えると、カラダに入る刺激が変わってきますね!



ママのカラダのお教室

安定期に入った妊婦さん、

お子さんとご一緒の産後のママ、

育児の合間のひとり時間を楽しむママ、

自分のカラダを大切に想う方々が参加してくださっていますウインク

 

初めての方も是非遊びに来てください音符

充実した心地よい時間をご一緒しましょう!

 


ピンクハート港南と西小山お教室

↓詳しくはこちら↓

https://ameblo.jp/yoga-okeiko/

 

 

今日はもうひとつ、ママの皆さんに耳寄り情報耳


お教室主宰とみよし美里先生による

更年期を迎えている&これから迎える方のための講座があります。


更年期

女性にとっての大転換期。

カラダに起こる変化、それに伴うココロの変化。ご自分に向き合い、ケアしていける方法が一日で学べますよ!


ウィメンズケア更年期編2級~女性のためのヨガ~【1DAYセミナー】


4月23日(月)/6月14日(木)/7月14日(土)/9月27日(木)/10月19日(金)



posted by けいこ


テーマ:

こんにちは。

戸塚・踊場のお教室からりえですクローバー

 

 

キッズステーションプロデュースのYouTubeチャンネル【MOTHER】
ご存知でしたか?
ママのカラダのお教室、けいこ先生が担当しています
キラキラ
 
そしてその全ての動画は
ママのカラダのお教室主宰・とみよしみさと先生が監修。
1回3分のとてもわかりやすいプログラムです。

クラスでやったけれどおうちでやるとなるとどうだったかな?
そんな時、ぜひMOTHERを見ながらやってみてくださいむらさき音符
 
 
そんなMOTHERより、
優しく胸を開くポーズをご紹介します
1105

 

マタニティヨガで紹介されていますが、

産後に行ってもとても気持ちがいいポーズです。

 

 

胸を開くポーズは後屈のひとつ。

後屈とは

身体の前面が伸び、背面が収縮すること。

後屈には次のような効果がありますクローバー

 

 

肩周りを心地よく刺激する

 

動画にあるように、脇をじっくりと伸ばしてあげると

肩周りや脇の詰まりが取れ、血液が巡っていくのを感じられます。

同時にのど・胸・肩周りの筋肉を使い胸を開くことで

乳腺を刺激し、おっぱいが張るような不快感を軽減する効果も。

 

妊娠中からよく乳腺を刺激してあげておくことは

産後の母乳の出方にもいい効果があるといわれていますよウインク

 

 

肩甲骨もじっくりと動かすことができます。

どうしても肩が内側に入りがちな生活をしているママたちにとっては、

その反対の動きになることで

肩周りの緊張がほぐれ血流アップの効果もアップ

 

 

骨盤底筋群を緩める!

 

骨盤底筋群とは

尿道・膣・肛門をハンモック状になって前後につないでいる筋肉。

妊娠中は大きくなる赤ちゃんのいる子宮や、内蔵などを下から支えるとても大事な筋肉で、

妊娠中の10ヶ月赤ちゃんを支え続けるためいつも緊張しがちな筋肉でもあります。

 

このポーズによってこの骨盤底の力がリラックスし、

緊張しがちなお腹や子宮周辺の筋肉を緩める効果が期待できますラブラブ

筋肉が緩むと血流もよくなり、子宮の冷え解消にも。

 

子宮の冷えは、お腹の赤ちゃんも辛いだけでなく、

産後は生理痛の大きさや思わぬところに影響が出たりします。

身体の中心である骨盤周りは

いつも柔軟にしておくと、結果的に全身が整ってきますよ。

 

 

ママのカラダのお教室は

安定期に入った妊婦さんにもご参加いただけますハート

マタニティヨガを体験することで得られる効果は本当にたくさん!

産休に入ったら、いよいよ出産という気持ちの切り替えにもなりますねウインク

 

戸塚・踊場のお教室も妊婦さんと産後ママの情報交換で盛り上がっています音符

 

虹戸塚・踊場のお教室

ベル4月はあと1回・5月6月予約受付中ベル

↓↓詳しくはこちら↓↓

 

 

鉛筆講座のご案内

 

とみよしみさと先生から学ぶ

マタニティ・産後ヨガ体操指導者養成講座 

 

女性のカラダもこころも大きな変化をする妊娠期と産後。

ヨガの先生になりたい人だけでなく、自分自身のために学んでおくといいかもキラキラ

 

〇関東 木金曜日開催 全9回10:00-15:00

9/7(金)9/20(木)9/21(金)10/11(木)10/12(金)

11/8(木)11/9(金)12/7(金)12/14(金)

 

〇沖縄開催 平日開催予定 全9回10:00-15:00

那覇市内で9月から開催予定

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。