102 名古屋手芸クラブ

天然石やスワロフスキー、14kgfを使った普段使いのアクセサリー類を中心に、クロスステッチの小物など
自宅でコツコツ、仲間とワイワイ作ったハンドメイドの作品を載せています
基本のメガネ留めの方法や、アクセサリーの作り方も公開しています


テーマ:
皆さんこんにちは
102名古屋手芸クラブ 部長の春花です

本日は前回
チャンルー風 ラップブレスレットの作り方【前編】
続きの記事になります

※チャンルーご本家に近いレシピを見たいかたは1300円で簡単に作れる市販品に負けないオシャレなブレスレットのレシピの記事へどうぞ(2012/12/2追記)



さて、6月から様々なバリエーションで作成してきたブレスレットも、いよいよ佳境


本当に沢山作ったもんです。。



(1) 糸でとめる前にビーズを置いてみて、まずは配置や配色のバランスチェック


上のは若干右に寄っていますね。。

最初のビーズをとめる位置を決めましょう
作っているうちに、左側に寄ってしまいがちなので注意します

(2) 針に糸を通します
継ぎ足しはかなり面倒なので途中で足らなくならないよう糸は余裕を持って長めに!


(3) ビーズの通し穴に糸を通し、革紐に回しかけてから再度ビーズに通し戻します


(4) しっかりとコマ結びにします
  この時、糸端を15センチ程残して結びましょう

(5) このまま短い方の糸端を切り捨ててしまっては美しくないので


(6) 面倒でも短い方の糸端も一旦別の針に通します

(7) 再度ビーズの通し穴に15センチ残した糸をビーズの下穴から上穴に通し、少し力を入れて引きます

(8) ベストな処理はコマ結びした結び目が、ビーズの通し穴に隠れた状態
  天然石ビーズは一般的に通し穴が狭いので無理かも
  無理に引っ張ると糸が切れてしまいます!

(9) 上通し穴に出た糸を、ギリギリのところで切ります
  


(10) 後は上記の写真を参考に、革紐に糸を8の字状に回しかけながらビーズをとめていきます

(11) 最後のビーズをとめたら、やはりコマ結びに
  手順8と同様に最後のビーズに通してギリギリのところでカットして仕上げます


(12) 綺麗に仕上げるコツは

 ●ビーズをひとつとめるごとに糸をキュキュッと引き締める
 ●隙間ができないよう整えていると、開始位置が少しずつ左側にズレてしまうので作り始めは特に注意する
 ●ビーズが左右どちらか側に傾きがちなので(※ソロバン型のスワロを使うと特に)傾きを揃える


こんなところでしょうか?


作成時間は初めて作る人で2時間ほどかかりました

作り方自体は簡単ですので、ぜひ作ってみて頂きたいと思います!

いや~、無理っぽい~
という方は、いっそ購入!のきっかけにもなるかと

Chanluuラップブレス
クリスタルハート

価格:31,290円




↑ご本家で自分が欲しいブレスレットです
さすがに可愛いのですが、
お値段が可愛くないので、クリスマス時期に自分に買おうかなと。。


※参考過去記事
バリエーション1(スワロ丸4mm)
バリエーション2(スワロソロバン4mm)
バリエーション3(スワロソロバン4mm)
バリエーション4(スワロ角4mm)




↓ランキングに参加しております
ポチッとしていただけると励みになります


にほんブログ村
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード