けんちゃそのブログ 4MINIカスタム備忘録

4miniのカスタム備忘録です。
GROM/グロム/MSX125/モンキー/ダックス/シャリー/ジョルカブ/Z50R


テーマ:


いろいろ物色して、結局武川さんの181ccボアアップキットをチョイスしました。
※オイルクーラー装着前なので記事の時系列が前後してますが、ご愛嬌で(^_^;)


腰上バラーし
 

ピストン比較
左 純正52.4mm 右 武川さん63mm
 

シリンダー比較
 

キットにガスケットが付属していますが、クランクケース側は純正と同じサイズです。
てか、完全に純正品と思われます。
 

一方で、ヘッド側のメタルガスケットは、当然ですがシリンダー径に合わせてオーバーサイズです。 ※黒が武川さん付属ガスケットで、下の重なっている銀色ガスケットが純正です。
 
 
オイルライン。
 

キタコさんのオイルラインの構造は、上下独立していますので、オイルクーラーを取り付けていない場合は、外部でバイパスさせる必要がありますが、武川さんのオイルラインは内部で貫通している構造になっているので、オイルクーラーを取り付けていない場合に外部でバイパスさせる必要がないという訳です。
両社共にモンキー系のシリンダーと同じ構造ですね。
個人的には、キタコさんのオイルライン構造の方が理想的なんですけどね…(^_^;) 


では、武川さんのオイルライン構造で、オイルクーラーを装着する場合はどうするかと言うと、内部で貫通している穴を専用のロングユニオンボルトで塞いで、独立させる仕組みです。

これです。
 
 
下側のオイルラインに、この専用ユニオンを装着する事で、上側との貫通穴が塞がれて、上側がOUT、下側がINの独立ラインになります。

因みに、エンディランスさんの170ccシリンダーも、武川さんと同じ構造ですが、ユニオンボルトのピッチが武川さんはM10×1.25でエンデュランスさんはM10×1.0と異なっている為、ボルトの互換性はないです。

このボルトを装着しないと、前述の通り内部貫通している為、オイルクーラーにオイルが循環しません。


武川さんの専用ボルトは、バンジョーアダプター接続式なのですが、わたくし的に、どうしてもホースエンド接続式したかったので、武川さんのエイプ&アレグリホース(AN6)用のユニオンボルトを流用する事にしました。

こちらです。 武川さん部品番号 15672-GEY-T00


若干短いので、マル秘加工を行って、接続しています( ´艸`)



組み込み
 
 

上死点位置
 

 
コンプライアンスを重んじて、神奈川陸運局へ行って軽二輪登録を行います。
神奈川県の場合(?)、車両の持込は必要ありません。

必要書類等は以下の通り
1.フレーム番号とエンジン番号の石刷り
2.車体外見の写真(1枚以上)
3.ボアアップが証明できる写真(ピストン、シリンダー、ボアアップキット等)
※「2.」と「3.」はWordやExcelで纏めて作成しても良いです。
※下図はサンプルです。
※各種番号は****で伏せていますが、提出物は記載が必要です


 
4.原付の廃車証明書(管轄役所で手続き)
5.住民票1通(4.と同時に取得すると効率が良いです)
6.申請書類2通(40円 窓口で購入します)
7.確認書(窓口で貰えます) 

8.排気量計算書(窓口で貰えます)

僕の場合、D=63 L=57.9 N=1 となるので、V=0.180397となります。
小数点第3位以下は切捨て記入になりますので、V=0.180となり、総排気量に記載する値は0.180となります。
181ccと思い込んで正しく計算をせず、181ℓと書くとNGですw
武川さんは繰り上げで181ccと謳っていますが、構造計算上は180ccとなる訳ですね。
「7.」「8.」はコピーして事前に記入して持って行くと手続きが速いです。



9.自賠責保険証(窓口で新規加入できます、原付の保証期間残がある場合でも重複加入できますので、事前に解約する必要はありません。)
10.重量税印紙(4900円 窓口で買えます)
11.ナンバープレート代(520円)
12.印鑑(認印でOK、シャチハタはNG)


では。

陸運局へ着いたら、先ずは3番建物の自販機横から奥へ入ります。


奥に軽二輪の登録窓口があるので、 受付のオネーサンに登録の旨を伝えて、前述必要書類の「1.~5.」を渡します。

オネーサンから申請書類2通を40円で購入します。(この時点では記入しません)

自賠責の有無を尋ねられるので、事前に軽二輪として自賠責契約をしていない場合は、オネーサンに加入を申し込みます。

オネーサンが検査用の書類をホチキスで纏めてくださるので、それを持って2番建物の0番窓口へ 行き、書類検査を受けるように言われます。
書類検査を終えたら、重量税の印紙を購入して戻って来るように言われます。(後述)

2番建物へ移動します。


↓ 
2番建物に入ると正面に0番窓口があるので、受付のオネーサンに先程ホチキス止めされた書類一式を渡します。
自賠責の事を聞かれるので、3番建物で手続き中と伝えます。

「7.確認書」と、「8.排気量計算書」を渡されるので、近くの記帳台で記入し、記入を終えたら0番窓口のオネーサンに渡します。 ※事前に記入して持参している場合はスキップ

オネーサンが書類検査を行って、問題がなければ確認書に受付印が押されます。

3番建物へ戻り、最初と違う入口から入ります。
 

入って正面に印紙売り場があるので、オネーサンから印紙を購入して、所定の書類に貼り付けます。

最初に行った窓口へ戻って、検査済みの書類一式を渡します。

40円で購入した申請書2通を書くように言われるので、記帳台で記載します。
※この時記載する小さい方の申請書はそのまま登録証になりますので、綺麗な字で丁寧に書くと良いですw

記入を終えたら、オネーサンに申請書を渡し、ナンバー引換券を貰います。

先程印紙を購入した隣の入り口から入ります
 

ナンバー引換券を渡し、ナンバー代520円をお支払いするとナンバーが発行されます。

グダグダ書きましたが、最初のオネーサンが親切丁寧に教えてくれるので、言われた通りに行動すれば15分程度であっという間に終わります^^



からの~ ゲッツ


ETC付けようかな( ̄▽+ ̄*)

ちなみに、124cc以上にボアアップして、原付二種から軽二輪へ登録変更していない場合…
1.道路運送法違反
2.道路交通法違反(自賠責無保険)
3.軽自動車税の脱税
4.重量税の脱税
とフルコースです…
「2.」だけでも懲役1年以下もしくは50万円以下の罰金+1発免停ですので、プラスアルファを考えるとガクブルです…。

何よりも、万が一の時に被害者へ迷惑を掛けてしまう事が一番NGですね。


インプレですが…
全域でトルクが太くなったかな?って、想定通りの感じです。
ノーマルモンキーから、シリンダーのみ(ヘッドを交換しない)88ccにした時の感覚に近かったです(^_^;)
やはり、ヘッド(ポート)、インマニ、スロボを大口径化しないと、激変しませんね(^▽^;)

ブン回して走らないので丁度良いんですけど、124cc4V+Rシャリーの足元にも及ばないのが、切ないところです(TωT )

…けど、やっぱりエンジンイジイジが一番楽しいです♪







おしまい




 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

けんちゃそさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。