ハワイで、とある出来事

テーマ:




今、ハワイキャンプに来ている























今日は休みの日だ

















レンタルしたマニュアルのオープンカーに乗り
取り敢えずエンジンをかける  ブォーン







これがアメ車か!











程よく熱のこもった車内が心をヒートアップさせる











{B3B593BE-6144-404A-94D9-80893C38168D}



ハンドルでかいな

















エヤコン(冷)をMAXにすると
冷風ではなく温風がブオーン   →夏あるある




















この瞬間は嫌いじゃない




















まずはドライブスルーでカフェだな















 





出発!




















しかし


ギアを上げようとした瞬間、車がガタガタと揺れて
加速するというより減速し始める













走った方が速いんじゃないか?と思いながら
何度もギアチェンをするが中々加速しない












ふと、シフトレバーを見るとまさかの表示が逆になっている



{819ABA2D-C270-4FB7-AFF2-8FB9698FB666}
本当はこれです↓↓

{32B4B905-BBBF-4E2A-8A20-6FE95AF5F6DD}











ハプニングウェルカムなのですぐに対応


















順調に車を飛ばし高速道路に乗る









そしてモーツァルトの音楽と共に一気に加速!!



















するとあり得ない所に人が走っている






















{1EBCEFC2-0C42-47CD-88CB-0B4426472114}

やけにフォームがいいなぁ








いやいや!高速道路なのになぜ!?





















絵の裏に同じような絵が透けてるのは書き直したからです




















その人を避けて通り過ぎようとした瞬間に









僕にいきなり、こう叫んできた
























ミズノショップの場所分かります????」










突然の質問に思わず



ここにはありません!!!!と返した
















あり得ない状態に驚きを隠せない















まず!高速道路にどうやって入ったのか、
おれは車だー!
と思えるほどスケールの大きな人なのか














さらにここで道を聞いてきた、、、

















バックミラーで彼を見るとプランクをしてこっちに手を振っていた
{EF63475C-5FC5-4D00-A60F-FD4B07DF8B4C}
















体幹すごッ!












ちゃんと聞こえたのかな!




























よく分からない日だな今日は、、、と思いながらもコーヒーショップに到着











ドライブスルーで音声の前で注文





もちろん   ティーのアイス






















余計に喉をかいたので今日はグランデを


















今日のドライブスルーは混んでるなー













やっと自分の順番が来て店員さんを見ると










見たことある気がするなー










って
さっき道聞いて来たプランク親父じゃないかい!!!






なぜここにいる!!





















うわ!と思わず言ってしまった






















「あなたが注文したのは 
この金のティーですか?
それとも銀のティーですか?」


















ん??

















そう来たか、、、



















しかしながら、本当に光っている!!何だこの非現実的な飲み物は!





































僕は模範解答はこれだと言わんばかりの顔で



「いえ!普通のティーのアイスを頼みました!!」




























さて、金と銀のティーを早くこっちに!と思い、ワクワクを隠せない





























すると彼がいきなり怖い顔をして








































「この無欲がぁ!!!!」





















僕は幼い頃の自分を全て否定された気分になった





















でもちょっと発言に少なからず深みを感じ心に刺さった



















その瞬間に目がさめる




















ちょっと甘酸っぱい目覚めだ























その日はやけに練習に集中できた

AD

コメント(19)