目指せ別大(`・ω・´)貧乏公務員ランナー

数年後に40歳の額面給与24万で日本一貧乏な公務員(´・ω・`)
2014年の愛媛で初マラソンにサブ3.5目標に頑張ったが、
病気で1か月入院、半年ブランク。
2014月にラン復帰し、2015年の下関海響で初マラソンでサブ4。
40歳までに別大マラソン出場したい。


テーマ:
係長に迷惑かけたからC判定と言われた。

未経験の業務なのに、
激務の4月に異動して、しかも職員減ってるのに前の職員と同じ業務こなせと言われても・・。
ワタミの方がまだ給与いいだけまともかも?


業務未経験の素人が人手不足の職場で頑張ったら
民間なら「よく頑張ったな。」



国家公務員は


「前のベテラン職員と比較すると仕事遅いしちゃんとできてないので給与定年までずっと下げます!」



うつ病で休職して資格の勉強した方がいいのかも。

それなら結婚後で奥さんに稼いでもらわないと、生活できそうにないけどね。
全国でみると市役所や国問わずそういう職員もいそうだけど。



早く占いでも精神科のカウンセラーでもなんでもいいから
この先のことをはっきりさせないと。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
国家公務員の人事評価「S」と「A」で6割 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140207-OYT1T01125.htm?from=tw



各府省庁が所属する国家公務員に対して行う人事評価(5段階)について、上位2段階の「S」と「A」が約6割に上ることが、総務省の調査でわかった。


 評価の実態が明らかになるのは初めて。

 調査は昨年6月、総務省が各府省庁の一般職約26万人のうち約3万人を抽出して行った。人事評価は「能力」と「業績」の2項目で実施されており、調査対象のうち「特に優秀」とされる「S」は、能力で5・8%、業績で6%いた。「優秀」の「A」は能力53・8%、業績51・9%、「通常」の「B」が能力39・8%、業績41・5%だった。S~Bの評価が全体の99%以上を占めた。評価が下位の「C」は0・5%、「D」は0・1%で、能力、業績共に同じ割合だった。

(2014年2月7日20時35分 読売新聞)





この記事であるが、絶対評価なのでSとAが6割はなにもおかしくない
ある程度は職員がきちんと仕事しているからだろう。
しかしその評価が正しいかは不明。

Aばかりで財源はどうするんだ?
と無知な国民がいるかもしれないが

人事評価とは別に昇給は率が決まってるので
評価Aが多くても給与的には影響しない。



評価方法には絶対評価と相対評価があるが

例えば10人職員がいるとすると



絶対評価なら職員全員しっかりと仕事をしていれば
Aが8人Bが2人でもいいわけである。またその逆もある。

相対評価なら
Aは3人Bは5人 SとCは各1人といったように評価しなくてはならない。






自分は今年度上半期の勤務成績が
やや良好でないのC の判定をされてしまったが


これは(昇給区分D)にあたる。


昇給区分Dに当たる基準給実甲第326号によると


① 勤務成績が「やや良好でない (昇給区分D)の場合 」

ア 昇給日前1年間において、減俸処分(勤務成績に及ぼす影響の程度が軽微なもの)
または戒告処分を受けた職員


イ 昇給日前1年間において、訓告その他の矯正措置の対象となる事実(勤務成績に
及ぼす影響の程度が軽微であるとして各庁の長があらかじめ指定するものを除く)
があった職員


ウ 昇給日前1年間において 3日以上の日数 1日の一部の時間勤務を欠いた場合
( 、3回に達するごとに1日として取り扱う)を正当な理由なく勤務を欠いた職員


エ 昇給日前1年間において その者の職務について監督する地位にある者から注意 、
指導等を受けたにもかかわらず、勤務成績が良好でないことを示す明白な事実が見
られた職員

オ 昇給日前1年間の6分の1に相当する期間の日数以上の日数を勤務していない職

* エについては、当分の間、人事院と協議して決定する


とある。



「平成18年給2-6」において昇給区分の運用指針が示され、上位の成績判定を行う
場合の尺度が例示される一方 「良好」に達しない場合の下位基準については
「給実甲第 、
326号」などによって、懲戒処分、無断欠勤などの「客観的な事実」による全府省共通
の判定基準が示され、それ以外の事実による判定については、必ず人事院との事前協議を
行わなければならないことになっています。

ともあるし自分のC評価は人事院と事前協議したんだろうか?



アイウエオすべて該当していないが一つ一つ当てはめて考えると

ア 処分受けていない。

イ 矯正措置受けていない。

ウ 欠勤は1日もなく有休ですら3日もない。

エ 明白な事実はありません。

オ ウで言うようにほとんど出勤してます。


ちなみに昔ミスで矯正措置を受けたことがありますが
その時ですらB評価でした。



しかし今回これで自分のように絶対評価でC評価付けられたということは
人事評価の被害者といえるのではないか?

人事評価でC評価は0.5%とのこと。
自分は200人の中の選ばれた犠牲者の一人なんだろうか?


C評価となった理由としては以下が考えれる。



管理職に反論して嫌われた。
組合入ってない。
絶対評価ではあるが実は闇の決定事項でC判定を誰かにつけなくてはならない。
評価する管理職が人事評価を理解していない。
自分の前の属する組織が、管理職の嫌いな組織だった。
県外人である。


他にもなにかあるのでしょうか?




B評価より下は理由を言って評価を伝えなくてはならない制度であるので

管理職に理由は告げられている。

自分が配属後ベテランの前任者と同じ仕事くらいのができないで
上司に迷惑かけてるから評価悪くするしかないとのこと。



職員も減って素人の自分がいきなり同じ業務こなせるわけがない。
しかも管理職は自分の仕事を1回も見ていない。

民間で当てはめて考えてみると

営業であるなら
ベテラン平社員が2人いる営業所だった支店が
平社員は新人の1人になり

「ベテラン社員の二人分のノルマをクリアできないのでお前はC評価だ!」

と言うようなブラック会社ともいえる。



初体験の仕事でしかも4月から職員一人減って(非常勤職員にドタキャンされたらしい)前の人と同じ仕事できないのでCですってことは 転勤するたび、未経験の業務するたびにC評価の恐れがある。


ブログをお読みの方で、労務に少しでも詳しい職員や社員の方々なら
民間では初経験の業務の社員の評価を最低にはしない。
というのを理解しておられると思う。

そりゃそうだ。未経験の業務なので前の社員と同じ仕事できない
ってことだと転勤拒否が続出するから。





結局世渡りべたで組織に向いてない自分は公務員戦力外ってことだろうか?
国民や市民の側を向いてる職員はいらないんだろ?

今の職場が戦力外というのなら
今後もう同じ組織には転勤できない。


民間の営業時代はよく上司にパワハラされたがさすがに給与減らされることはなかった。

おかしな管理職のせいで号俸があがらず
定年まで今回の分低く抑えられてしまう。
給与が今後合計で150万以上減。

この世界はおかしい。



まともに業務して
国民からクレームやトラブル多い毒舌職員
客の前で眠ってたりする新人職員
弁当半額を目当てで残業しているようなおっさん独身職員
欠勤多いし突然休む鬱病職員



より低い評価というのなら
SはともかくA評価とB評価の職員さんらで頑張ってくださいとしか言いようがない。

無能で仕事もせずミスもしない人のほうが、有能で大量の仕事を回されて
期限を守れなかったりミスした人よりも高評価になるのかも?

病人やトラブルメーカー以下ってことなら仕事しない方がマシでは?
それか病人やトラブルメーカーになった方が評価があがって、
つまりB評価になって
いいかもしれないなあ (`Δ´)









AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。