海中出産

テーマ:

報告が遅くなってしまいましたが
7月2日の22時30分頃
第1子の海喜を海で出産しました✨

たくさんの方からお祝いのコメントやメッセージをいただいて本当に感動したし
最高に嬉しかったです(*≧∀≦*)
本当に本当にありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o)))

海ちゃんは本当に涙が出るほど可愛くて愛しくて
ただ海ちゃんが息をしてくれてるだけでもう最高に最高に幸せで
生きてるだけで愛してる♡
和紀にもそれは想うし
そんな世界1愛してる2人と一緒にいられて
私は最高に幸せです(*˘︶˘*)♡♡


妊娠中も子育ても一般に言われていることよりも
ひたすら自分達の感覚を信じて
たくさんの気づきがあったのでシェアしたいのですが
まずは出産のことを書きます(*^O^*)


海で産むっていうのは妊娠4ヶ月頃に決めていて
(最初は海ちゃんからのメッセージでした!
詳細はまた妊娠中の記事で書きます♪)
自分たちの中の恐れや不安に
2人で話し合ってとことん向き合って
自然出産の本を買ったり
自宅で産んだ人に話しを聞いたり
精神的にも現実的にも
海中出産を実現できるように
たくさん準備をしていきました。

ハワイのカウアイ島で産みたいと感じたので
7月4日の航空券を取っていたのですが
2日の朝に起きたらいきなり破水しました。
沖縄だったら久米島くらい綺麗な海で産みたいと思っていたけどもう移動できる状態ではなくて
本島の海で産むのは怖くてどうしようか本当に悩みまくりました。

頭では怖いから助産院で産むか家のお風呂で産みたいって考えるんだけど違和感しかなくて
自分の肚の声、魂の声は
何度聞いてもどうしても海で産みたいって言っていました。


私が和紀に出逢ったのは
自分の思考の恐れや不安の声ではなく
自分の肚から沸き上がる強烈なワクワクする感覚、魂の声に従うと決めて
本当の自分じゃないことはもう1ミリもしないと覚悟を決めて
仕事も辞めて飛び出した時だった。

和紀に出逢ってからも
2人でお互いの本来の姿を見続けて
自分達の感覚、
肚の声に従って2人で生きようって約束して
どんなに怖くても不安でも
自分達の魂の声に従って生き続けたから
今の私たちの最高の幸せがある。

肚の声に従うと
自分達の思考や予想を遥かに越えて
今までの全てが1つに繋がるような
素晴らしい奇跡が起こる。
自分の魂の本当の人生を生きることができる。

それは今までの経験で充分にわかっていたけど
今回は本当に本当に怖くて
なかなか決断できなかった。
自分は死んでもいいから子どもだけはなんとしても無事に産もう、
そんな感覚でした。

私は人間は自分の思考、意図を100%現実化できる生き物だと思っています。
自分の魂、肚の声と完全に一致していて
潜在的にも顕在的にも自分の中に抵抗がなく
インスピレーションに従って行動することができれば。
だから自分達の決めたこうなりたい、こうしたいが現実にならなかった場合は何か理由があるから
和紀と何で現実にならなかったんだろうねって納得するまでとことん話し合って自分達の内側に向き合って
ありとあらゆる固定概念やもう必要のないものを手放しまくって
自分達の魂や人の魂や見えない世界のありとあらゆることを感じられるようになって
全てが一致した時は決めたことが現実化するようになっていました。

人生の主導権は自分にある。
全ては自分が思った通りに、エネルギーを向けた方向に進んでいくから
自分がどんなお産をしたいのかは自分が決められる。
それは私にとって当たり前の日常の感覚だったのに
どうしても恐怖や不安が強くて
主導権が外になってしまっていました。


どんどん陣痛の間隔が短くなっていく中で
肚の声は家の近くの私たちの大好きなヤハラヅカサという海で産みたいと伝えてきました。
海ちゃんは怖かったらママの気持ちを優先させてねって伝えてくれて
和紀はどんな形になっても愛真を全力で支えるよって言ってくれました。
思考の声に従うか肚の声に従うかせめぎあっていましたが
どうしても諦めたくなくて、
いよいよ20時頃に覚悟を決めて海に向かいました。


ヤハラヅカサには沖縄を創ったアマミキヨという神様が最初に降り立ったと言われている場所に石碑があって
直感でその近くで産みたいと思ったのですが
その時は恐れが強くなって自分を信じられなくて
しばらく歩くと湧き水が流れ込んでくる場所があって
海がより綺麗だからそこまで歩いて
一度海に入ってみたのですが
海が思ったよりも冷たくてすごく怖くなってしまって
とりあえず陸に上がって
持ってきたヨガマットの上で陣痛に耐えていました。
きっと私の恐怖や不安が強かったから陣痛がものすごく痛くて
妊娠中に見て見ぬふりをしてしまって向き合っていなかった不安が出てきて
自然出産の本には妊娠の一年以上前から玄米菜食であることが前提条件って書いてあったのに
私は全く制限せずに食べたいもの好きなだけ食べてたから自力では産めないんじゃないか、とか
超今さらなことばかり。笑
そういう内側にある想いを全部打ち明けて
もう海では産めないから帰って家のお風呂で産みたいと和紀に伝えました。
やっぱり違和感があるけど恐怖に勝てなくなっていたのです。
それで帰るために歩いていたのですが
歩いているうちに海ちゃんがどんどん下に下がってきて
最初に産みたいと思った場所の目の前で
それ以上前に進めなくなってしまいました。

和紀に
「もう動けない。
どうしたらいいのかわからない。」
と伝えると和紀は
「愛真は本当はどうやって産みたい?
もうここからは全部愛真の決めた通りになるよ」
と言ってくれたのです。
その瞬間に人生の主導権の全ては自分にあったことを思い出して
恐怖や不安で主導権が自分じゃなくなってしまっていたことに気がつきました。

その時やっぱり
私はどうしても海で産みたい。
和紀とも海ちゃんとも海とも地球とも宇宙とも繋がって一つになって
最高の快感を味わって産みたい。
そんな想いが内側から沸き上がってきて
自分の中の全てが一致して
覚悟を決めて海に入りました。


海に入ったらすぐに海ちゃんの髪の毛が出てきて
痛みに耐えていた時に和紀が
「わ~!星がめちゃくちゃ綺麗だよ!」
って言ってくれてふと空を見上げたら
満点の星空でとっても綺麗で
その瞬間痛みが吹っ飛んで体の力が抜けて
するっと頭が出てきました。
股の肉が弾け飛ぶんじゃないかと思ったけど、笑
するすると降りてくる感じが心地よかったです。
すぐに肩も出てきてするっと全身が出てきました。
私は全くいきまずに海ちゃんがとっても上手に自分から出てきてくれました。
和紀の肩や体に手を置いて膝を立てたり
自分の好きな体勢を自由にとれたからか
会陰も全く切れず本当に楽に産むことができました。
不安がまだ自分の中にあったからか快感とまではいかなかったけど
2人目は絶対最高の快感を感じられそうだな、なんて
産んだ直後に思うくらい余裕がありました。笑
出産はとことんリラックスして安心して
自分の好きな体勢でいられたらすごく気持ちのいいものだと思います。

海ちゃんは出た瞬間泳いでいたらしいです。笑
和紀が取り上げてくれて海ちゃんを抱っこした時は本当に感動で
海ちゃんを抱っこしてるとすごく気持ちよくて
海ちゃんとも和紀とも本当に強く繋がっているのを感じました。

和紀は最初から最後まで本当に冷静ででも力強く
私が心から望むお産ができるように
全力で支えてくれました。
和紀がいてくれたから
私は幸せな出産ができました。
海に入ってからは本当に2人で1つになって
2人で一緒に産んだような感覚です。
2人で力を合わせたことで更に絆が深まりました。


それから胎盤が出てくるまで
10分くらい海の中で待っていたのですが寒くなってきて
とりあえず家に帰ろうと歩き出したら胎盤が出てきて
和紀が持ってきたタライでキャッチしてくれました。

そこから車に戻るには
坂になってる砂浜を登って
石の階段を登って
また少し登り坂になっている道を歩かないといけないのですが
足がガタガタ震えて全然立っていられないし歩けないし
産んだ後ってこんなに動けないんだって
本当にびっくりしました。
偶然沖縄本島に遊びに来ていて
タイミングがぴったり合って私たちの出産を遠巻きに見守ってくれて
産んだ直後写真を撮ってくれた実ちゃんに
胎盤を運びながらスマホの光で足元を照らしてもらい
和紀に海ちゃんを抱っこしてもらい
一歩一歩本当にゆっくり時間をかけながらなんとか車まで戻りました。

最初に産もうとして奥まで歩いていったところで産んでたら車までは歩けなかったので
全ては完璧だなと感じました。


家のお風呂で海ちゃんや自分や胎盤などについてる血を全て洗い流し
胎盤とへその緒はガーゼで包んで海ちゃんのとなりに置いて
その日はすぐに海ちゃんを挟んで3人で眠りにつきました。

予定日より2週間早く産まれたので体重は2500gで小さめでした。
今は無事4000gまで成長しました♡


胎盤は次の日すぐに塩とハーブをまぶして腐らないようにしていました。 
へその緒は産まれて2日間は血が通っている感じでしたがだんだんヘロヘロになって意味を成さなくなったと感じたので
自然出産の本にならって
たこ糸で2ヶ所をしばって
熱湯消毒したステンレスのハサミで切りました。

そして胎盤はなんと、
自分達で食べました!
胎盤をどうしたいかは出産前から和紀と話し合っていて、
調べて実際に食べた人がいるのを知ったけど
さすがに怖いから産んでもし食べたかったら食べようと話していました。
実際産んでみて、
食べたい!と思いました。
今の自分の体には必要だと感じました。
生でユッケみたいにして食べる人もいるらしいのですが
それはさすがに怖いのでニラと卵でレバニラにしました!笑
和紀は魚をさばくのも苦手だったのに
頑張って血抜きをして調理してくれて
もうどんなものでもさばけると言っていました。笑
味は臭みが全く無く、レバーよりも美味しかったです。
胎盤には産後に必要な栄養が全部つまっているらしく、
産後の2日間貧血がひどくて顔も青っぽくて視界が霞むような感じだったのが
胎盤を食べたら治ったし
立つのも大変だったのが
普通に歩けるまでに回復しました!
人間の体って本当に良くできてるなって感動しました✨


出産って人生の中で本当に本当に特別な体験。
私はもうこの人生で悔いはないと感じられるくらい
最高に感動的な出産ができました。
海ちゃんを産めて
今一緒にいられるという奇跡に
毎日最高に幸せを感じてます。

世界中の全ての人のお産が自分の魂の望む最高のものになりますように。
そして大切な我が子との
大切なパートナーとの大切な人生を
心から楽しめますように。
そうして世界中のみんなが平和に
愛と喜びで生きられますように。

海で産む人が増えて
海で産むことが当たり前になって
世界中のどこの海で産んでも大丈夫なように
世界中の海が綺麗になりますように。

そして世界中のみんなが不安や恐れではなく
自分の本当の喜びや愛や幸せやワクワクに従って
自分の魂の本当の人生を生きられますように。

そんな想いが更に更に深く
自分の根底に芽生えました。 

たくさんの応援と祝福を
本当にありがとうございました♡♡♡














産んだ時もその前に来てた時もいつも満潮で
石碑の先が少し見えてるくらいだったから気づいてなかったけど
産んで一週間後にママが沖縄に来てくれて一緒に行った時
海が干潮で初めて今まで見えてなかった岩が見えて
ちょうど私が産んだ場所を囲むように大きい岩が並んでて
その岩の中はすごく穏やかで優しくて守るような波動に満ちていて
そこに立った時に
私は守られていたんだ。
とはっきり感じることができました。
本当に本当にありがとう、、


これから自然出産したいと思っている方へ、
私はこの本を参考にしましたヾ(*'∀`*)ノ









最高に可愛い(ToT)♡♡♡
私たちの目を見てたくさんニコニコ笑ってくれるようになりました(*♡∀♡*)



AD