釆澤(ウネザワ)のブログ

劇団文学座演技部所属、釆澤靖起(ウネザワヤスユキ)の至極利いた風なブログである。どうか右から左で御願いしたい。

NEW !
テーマ:
中学、高校の友人と遅まきながら新年会をした。

その中に、今年末、結婚するヤツがいるが、いよいよ婚約指輪を買ったらしい。



「幾ら?」


「120万かな。」


「‥‥。披露宴、どこでやんの?」


「帝国ホテル。」



こいつなら投資用マンションも買えるかもしれない。

会計時、彼は言った。



「3人だから一人7千円な。」



ここはキッチリ割り勘だ。

この辺は、我々の間にも暗黙の了解がある。

お互いどんなに稼ごうが没落しようが、飲み代は生涯割り勘なのである。




プロとして友人代表スピーチをするから御祝儀は免除してくれと言ったが、そうもいかないようだ。

僕は1日100円を貯金していく事にした。

年末には、丁度良い額になるだろう。



生きる楽しみがまた一つ増えた。



駄文御免。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{190A5333-F7DB-4AB9-B058-11E13636053C}

オーディションを受けに新橋へ行く。

サラリーマン役だったのでスーツを着用。



高校1年の頃、僕の夢はサラリーマンだった。

新橋に憧れていた。

あれから20年弱。

まさか、なんちゃってサラリーマンとして新橋を闊歩しようとは、誰が予想出来ただろう。




駅前で急に、見知らぬ若いサラリーマンから声をかけられた。



彼「ちょっとお話聞いて頂けますか。」



変な勧誘だろうか。



僕「すいません。」

彼「1分で良いんです。」

僕「すいません、申し訳ない。」

その若者は更に食い下がってこんな事を言った。



「名刺交換させて下さい。愛知から来てます。新人研修で15枚名刺交換しないと帰れないんです。」



(何だその研修。

随分、理不尽な会社もあるものだ。

そんな会社、辞めた方がいいんじゃないか。

可哀想に。

しかし。

僕はサラリーマンとは対極の生活をしている者なのです。

名刺なんか無いよ。

それでも若い君の力になれるかな。)

そんな事を思い、一瞬立ち止まった僕に、彼は自らの素性を語った。



彼「投資用マンションの営業なんです。」



トウシヨウマンション。

今の僕にとって、これ程まで無縁な響きは無い。

どっか別の惑星の言葉かと思った。

投資用マンション。



むしろ僕自身に投資して欲しい位である。



「あ、間に合ってます。ごめんなさい。」



決して間に合ってはいなかったが、とりあえずそう言って新人君とお別れした。



今日の東京は雪もチラつく寒空だ。

新人の情熱が都会の「冷たさ」に敗北を喫しなければ良いが。



サラリーマンも、楽じゃない。


駄文御免。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

電車内。

座る僕の目の前に、お婆さんが立っている。



いや、お婆さんと呼ぶにはまだ失礼かも知れない。

こういう時、本当に本当に迷う。

席を譲るべきか否か。

多分こうして考えた瞬間、僕はダメなんだろう。



考える前に動ける人に、

私はなりたい。




NHK  Eテレ  地球ドラマチック

NHKEテレ1
空の旅知られざる舞台裏HP

声の出演しております。


御視聴頂ければ幸いです。



今、お婆さんは降りていかれた。

何だろう、言い知れぬストレスから解放された。



駄文御免。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。