サンシャイン60展望台からの眺め、#069 の続きです。


19時ちょうど、西側を見下ろした時の一枚。池袋の東口が手に取るようです。い球状の光がアムラックスを囲み、その先に東急ハンズののサイン、そして60階通りが煌びやかに池袋駅に向かって伸びていきます。


その60階通りを辺の一つとし、もう一辺をグリーン大通り(池袋駅~東池袋駅)に、そして手前の道路を底辺とすれば整った三角形ができます。三角形は東池袋一丁目に属しますが、地図をよくよく見たら、実はもっと大きな三角形があることに気付きました。それにしても明治通りや豊島区役所も一丁目だったとは...


続 東京百景(BETA version)-#070 60階からの夜景II~東池袋一丁目


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第83話 ~街頭配布

AD

#057 では、下から見上げた朝のサンシャインを紹介しましたが、今回はその逆。サンシャイン60展望台 から見下ろした夜景です。


右下のビルの連なりを追っていくと、真ん中の光の線に行き当たり、ちょっと左斜めに曲がって光に溶け込んでいくのがわかると思います。このビルの並びと光の線は、その屈折の仕方から明治通りであることがあとでわかりました。(その線というか帯は、雑司が谷から西早稲田の直線部分になります。)


明治通りの直線の先でひときわ明るくなっているキラキラのが新宿駅一帯。光が強いため、サザンテラスの建物が目立ちませんが、一応わかります。その光の左隣にはNTTドコモのタワー、対する右隣は新都心の高層ビル...他にもわかる人にはわかる建物がいろいろ写っていると思いますが、この解像度では厳しい(?) (^^;


続 東京百景(BETA version)-#069 60階からの夜景Ⅰ~明治通り、新宿方面


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第80話 ~21世紀 初日の出

AD

東池袋にある中央図書館に向かう途中で撮りました。


「サンシャイン前」交差点からサンシャイン60を見上げると、最上階に正しくサンシャイン晴れが当たって、ネーミング通りの光景を撮ることができた、という訳です。


晴れた夏の日の11時半頃、この近くを通ることがあれば空を仰いでみては? (^^)


*ちなみに左側の弧状の物体は、東池袋出入口と首都高速5号線を結ぶ道路の一部です。


続 東京百景(BETA version)-#057 サンシャイン×サンシャイン


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第249話 ~東西新井参り (再)

AD

JRと東武の相乗り特急がデビューしたのが2006年3月のダイヤ改正時。以来、時々見かけてましたが、停車中にタイミングよく居合わせることはそう多くはありませんでした。


この時はたまたま発車するところで遭遇。カメラを構える余裕はそれなりにあったため、こんな感じで撮れました。東武のスペーシア型ではなく、JRの元「彩野 」型車両の「きぬがわ」号です。


塗り替えた(=お色直し?)のでパッと見はきれいですが、新造した車両ではないので多少旧式な部分があるのが特徴です。


続 東京百景(BETA version)-#042 池袋13:11発 きぬがわ5号


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第109話 ~私鉄特急