かつての桜桜上水駅の上り・下りの連絡通路は地下だったと記憶しています。駅舎が変わり、改札が上階になったことで、こうした見晴らしのいい場所ができました。日常的に駅を利用する方々にとっては当たり前の光景かも知れませんが、「昔は見ることができなかった景色」というのを知る者にしてみれば、感慨深いものがあります。


桜上水からこの先の八幡山までは、京王線と甲州街道が直線で平行する区間。空が広く見えるのは、上に被さるものがないためでしょうね。(その分、右手の大型看板が目に付きます。甲州街道からではおそらく見えず、その上の高速道路から見える高さを考えての配置と思われます。)


続 東京百景(BETA version)-#089 桜上水の空


→こちらもどうぞ...「漂着モノログ」(REAL verison)~「千歳と桜を結ぶ線

AD

#048 の後、大井町に戻り、東急大井町線の急行列車に乗って終点まで。かつて等々力に住んでいた時分には各駅停車しか走ってませんでしたから、夢心地での乗車でした。(とは言え、懐かしの等々力をサラリと通過してしまうのは何とも複雑な気分でしたが...)(^^;


乗ってきた新型車両を記念に撮ったのがこの一枚です。二子玉川という場所柄か、外国人女性がさりげなく写っているのがポイントです。(よく見ると対面ホームにも外国人と思しき親子がいます。)


続 東京百景(BETA version)-#049 二子玉川ステーション


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第143話 ~夏は花火!

AD