小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

花柳寿寛氏


小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

左から

サンティアゴ・カザスタミンザ氏

オディール・カリトゥー氏

フランシス・カリトゥー氏



小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

花柳寿寛氏


小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

ハセガワタカシ氏




小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ


和蝋燭のあかりと

オディール・カリトゥー氏

ハセガワタカシ氏

両氏の作品


Photo Ryoichi Kawazu


素晴らしい写真をありがとうございました。


AD

小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ



小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

夢のような桜樹館でのコラボの翌朝、Odile Cariteau さんは、岡山に移動。


SEEDS in 蔭涼寺の初日、滞在中のホテルで再会。


ロビーであるアートスペース日だまりも、彼女の作品展が行われていました。


桜樹館に来ていない作品と、ホテルの空間、道行く人の姿が興味深い。


各フロアに備前焼の展示などがあり、美術館のような後楽ホテル。


山本支配人の丁寧な説明や通訳によって、豊かで穏やかな時間を過ごすことが出来ました。


山本支配人の心配りに感謝。


後楽ホテル

http://www.hotel.kooraku.co.jp/


スタッフブログより

http://kooraku.exblog.jp/13801730/

AD

小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ


【和蝋燭の世界】スタッフでございます。


4月1日、新年度スタートでございます。


イベントは終了いたしましたが、引き続きよろしくお願いいたします。 


「最後の演目(創作舞踊「家紋」)が、とてもヨカッタよ!」と、満面の笑みで感想を伝えてくださった

来日10年 アメリカ人 アーティスト マイケル・コスチュークさんからのコラボレーションの嬉しいオファーをいただいたと、以前お伝えしたかと思います。


和蝋燭の世界にお越しいただいた翌日、松山櫨復活委員会の矢野さんとスタジオを訪問したのは3月22日、そのときには、いくつかのアイデアを示され、ラフを拝見していましたが、今日は、第一弾を見せてくださいました。


マイケルさん特性スペシャルうちわ!

正確には扇と団扇の中間なんだそうです。

なんと、和蝋燭をさす燭台がついていています。


ためしに灯りを灯して、眺めながら、

早速、舞踊のイメージを広げる寿寛さん。


いつかコラボしましょう。

というお話が、いつのまにかスグにコラボしましょうに変わっているようで、お二人とも展開がはやいです。


コラボ第一弾は近日公開かも???


小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ


スペシャル マイケル団扇を古民家に飾ってみました。

何だか、しっくりしています。


小京都発 【和蝋燭の世界】スタッフの『温故創新』ブログ

熱心にシャッターを切るマイケルさん。

ナイスシャドー発見か??



マイケル コスチューク
Michael Kostiuk
オフィシャルサイト
http://homepage.mac.com/michaelkostiuk/
AD