千年の森 <森と棚田編>

現在の森林が1000年後まで森林であり続けますように…


テーマ:

福岡県福岡市にある高取保育園の西先生をお訪ねしたときに、「5月に、新しい本が出ますよ~」と教えていただき、楽しみにしていましたが、その本、これです!


「いのちをつくる愛情ごはんー高取保育園の食育レシピ集ー」


まあ、ページをめくるたびに、おいしそう~と笑顔になります。

簡単だけど、しっかりしたまさに「いのちをつくるごはん」が、満載です。


是非お手元において、ページをめくりながら、お子さまと一緒につくってみませんか?



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この本は、千葉大学教育学部附属特別支援学校 編で、2月18日に行われた、同校の公開研究会の折に刊行されました。


若き日のつるちゃんは、この学校で働いていたことがあります。

子ども主体・生活中心教育を生涯をかけて広め、深めてくださっている恩師、小出 進先生が、ずっとこの学校の教育にかかわってくださり、生き生きとした子ども中心の生活が展開されてきました。


今回の本は、ものづくりの視点から、学校生活づくりをまとめたものです。


その本の、第1章 今、ものづくりを考えるの、◆様々な視点からの中に、○森づくりに生きるものづくり と題した拙文を掲載してくださっています。


うれしいですね~。


この教育から離れて10年が経過しているのに、お声をかけていただき、掲載していただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。


夏になると、同窓会の通知とともに、その当時中学3年生だった学年の皆さんからのクラス会のお誘いもやってきます。

毎年、記念写真入りで、皆さんが今、どのように成長しているか拝見することが出来ます。


ふふふ、自分のことはさておいて、みんな結構おじさん、おばさんになっているんですよね~~。


遠く離れてしまったので、なかなか参加できないのですが、ずっと仲良く、助け合って、困難も乗り越えてきている仲間たちに、励まされます。一緒に働いていた仲間たちのことも、鮮明に想い起こされます・・・。


そうそう、遠くから、「ブログを見てますよ~~」と、声をかけてくださる方もいて、ほんとにうれしいです。


離れていても、心の中で想ったら、すぐそばにいて、お話ししているような気持ちになります。


皆さんのお目にとまる機会がありますように・・・!



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ムスビの会主宰の岡部賢二さんの最新刊。


楽しい、わかりやすい。


ぜひお勧めです。



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ムスビの会」主宰の岡部賢二さんの「月のリズムでダイエット」。


毎月の、正食協会機関誌の連載を拝見していると、とてもわかりやすく陰陽のこと、言葉の成り立ちや言霊のことなどを伝えてくださるので、興味を持って読みました。


旧暦と農、人間の体のリズムが結びついていることは、旧暦カレンダーを見ながら生活していると、実感することですが、この本では、もっと深く納得できるように、わかりやすく書いてくださっています。



今日は、ちょうど満月。


朝は小豆昆布を食べたので、夕食は抜き。

キパワーソルトで「塩浴」を試してみようと楽しみにしています。



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

正食協会の会長 岡田定三先生の著書「正食生活術~生き方・考え方のヒントとして~」は、素晴らしい本です。


この本を通して、岡田定三先生の生き方に触れるようです。う~ん、う~んと、感心しながら読み進めていたら、付箋だらけになりました。


「無限の命という場に到達することで人は永遠のいのちを得るのである。…そこへ至る道筋は蟻の穴ほど狭い道である。その蟻の穴ほどに狭いところを潜り抜けるのが行である。そしてそこを通り抜ければ大道が広い道が開けている。

そこへ至る道はすべての人に開かれている。しかし…」


この狭い蟻の穴ほどの道を通り抜け、無限のいのちを得られた会長のお言葉と、深く受け止めています。



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

正食協会の機関誌「むすび」の3月号が出ました。


この格調高い機関誌の中の1ページ分に、「つるちゃんの千年の森をつくる暮らし」を掲載していただいています。

今月号は、「不便さが教えてくれること」。



真弓定夫先生、阿部 司さん、山村慎一郎先生、岡部賢二さんの連載が毎月掲載されていて、とても勉強になります。


正食協会の講師の先生が紹介してくれるマクロビオティックのお料理レシピも楽しみ。

今月は、森脇敦子さんの「ライトなフレンチ風おもてなし」、とってもおいしそうです。


正食協会のHP から、注文できます。みなさまにも、お手に取っていただけますように…。



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

暮れのこの時期、本屋さんに行くとやたらと目についてしまうこの手の本。


家にもたくさんあるんですよね~。


でも、購入してきて読みました。 これ、おもしろかったです。


片付けは一か所を短時間で、「出す→分ける→減らす→しまう」の4ステップで・・・とありました。


う~~ん、私の場合、「減らす」というところが、まだ徹底していないんだな~と反省。


今、家族で順番に回して読んでいます。


あっ、でも大みそかは明日なのに…。


という記事を、つるちゃんの日々の暮らしへ アップしました。


その後、夫さんが読み、娘が読んで、我が家は、片付けブーム。


「1日15分!」と唱えながら、結構それ以上に片付けを実施中です。


おもしろいのは、体の中の「片付け(!?)」も始めたこと。


お正月の2日から、正食の半断食に近い基本食を実施しています。←基本食としているのは、暮れやお正月の食材が残っているためです。できれば、使い切りたいので…。


新年のこの時期に、家も体もリセットするのは気持ちの良いものです。


確かに、この本、読んだら片付けがしたくなります。


う~~ん、お勧めです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の森の活動の時に、フルカワさんが見せてくれた「ノウハウ図解山仕事の道具」ナタやのこぎりの選び方、手入れの仕方、ロープの結び方、柄の抜けてしまった鎌の修理の仕方など、山仕事の道具あれこれについてとても詳しく載っていて、読んでいるととても楽しいです。



千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

著者の安井孝さんは、今治の地産地消の学校給食にずっとかかわって来られました。この本がまとまって、出版されたことは、大変うれしいことです。

お豆腐屋さんのコンドウさんが届けてくださいました。

千年の森の会員の方で、読んでみたい方はご一報くださいね。





千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「泣きみそ校長と弁当の日」は、著者の渡邊美穂さんが送ってくださいました。

この本、泣かせます。

子どもたちの育ちを、温かく見守って育てる校長先生の想いが溢れています。

是非お手にとって、ご家族の皆様でお読みください!





千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

千年の森 &lt;森と棚田編&gt;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。