千年の森 <森と棚田編>

現在の森林が1000年後まで森林であり続けますように…


テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです

 

2日目の朝は、早起きして7時から朝の集いです

ラジオ体操って、しっかりやるとけっこうきついんですけど

(動作が変わるときに、足を開いて踵を上げるとか

手の指先まで神経を行き届かせて伸ばすとか)

そのへんは、みなさん、そんなに真剣には取り組みませんよね!

それは、若いからだな~と、今回実感しました

そんなこと、やろうと思えば、できるからね~

 

でも、年を経るにしたがって

やろうとしても、できなくなっていくのですね~

いや~~、からだが曲げにくくなっているな~と

実感しました

 

もとい

国旗掲揚、朝の挨拶、ラジオ体操と

集団行動ですが、体操の隊形に広がるときなどに

号令や命令でないのが

大洲青少年交流の家の特徴で

やわらかな指示でも、自発的にきちんと動けるように

配慮されています

さて、お掃除をして、朝ご飯を食べ、9時から開始です

 

炭焼きは、点火→着火→消火と進んでいきます

ドラム缶窯の中に入れる炭材によって、おおよそかかる時間は

類推できますが

様々な状況の変化によって予定通りに進まないことが多く

その時々に、緊張して見守っていく必要があります

 

炭材による違いは

たとえば竹炭を焼くとすると

丸のまま焼くか、割った竹を焼くかによっても違いがありますが

竹は成長が早い分

中身が詰まっていなくて

収炭率が低いです

ですから、嵩(かさ)が減るのですね

入れた量に対して、焼きあがる炭の量は少ないですから

比較的短い時間で焼きあがります

 

それに対して、ナラ・クヌギ・ウバメガシといった

炭に適した材料では、木が堅いですし

中身も詰まっていますから

焼き上がるまでに、竹よりも少し時間がかかります

詳しく知りたい方は、こちら→京都の炭屋さんの炭に関する知識のページです


焚口に火をつけました

点火ですね

焚き口から中に入りすぎないように慎重に火を燃やしています

全部の窯に火がついたところですこれから着火するまでこの鎌を見守っていきます

炭窯のところにたくさんの人が必要でなくなったころ

ツイストパンの材料を仕込みます

小一時間、温めて発酵させ・・・

焚き火のそばで、ツイストパンを焼きました

以前は、松山流域森林組合の青波にある竹加工場で

ツイストパンにも使える壁下地材用の竹を譲ってもらえたのですが

その工場が閉鎖になったので

今は

竹を切り出してきて

竹を6つに割る道具を使い

自分たちで作っています

竹加工場で作ってもらった竹はすべすべでしたけど

手づくりのは,割ったところがざらざらしているので

手でもって,火にかざすときに

気をつけないとちょっと痛かったりします

 

それぞれに工夫して

ツイストパンは、とっても美味しく焼けました

マクロごはんのつるちゃんが担当なので

材料は有機のものを調達

小麦粉も,国産で、ポストハーベストの影響を受けていないものです

小麦粉アレルギーが増えていますけど

そして原因はいろいろでしょうけど

小麦が育つ過程と輸送の過程で

化学的なものの影響を受けていないものを

選んでいかないと

そして、からだに入ってしまった

科学的な毒を

玄米やお味噌、海草などの力によって

出してしまわないと

改善はなかなかむずかしいのかな~と思います

ツイストパンでお腹がふくらんだころ、煙がもくもくと出てきましたよ

もくもくもく,昔の蒸気機関車が出す煙のようでしょう?

まあ煙だらけー

こんなふうにもくもくもくもくと出てくるようになり

温度も煙突口で75℃を上回るようになると

着火したと言います

真ん中の窯をみてください!!

煙の色が違いますね

これは中の炭材がすっかり炭化して

もうすぐ窯の口が閉められるくらいになっています

中を覗いてみるとこの通り

真っ赤に焼けた炭が見えます

そうしたら窯の口に土をかけて空気が入らないようにします

これが窯止めですね

ドラム缶窯の腹だし

赤いところにキラキラと星が輝くように光っています

まるで小宇宙を見ているようです

今回はほとんどの窯でこの光景が見られました

超ラッキーでしたね~~







上から朝食、昼食、夕食です

またまた食べ過ぎ注意報でしょう

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです

 

河原医療大学校の炭焼き講座は、今年で10年目

会長がライフワークとして取り組んでいる

仲間づくりの炭焼き講座に着目して

今日まで、年に1回のプログラムとして、教育課程に位置付けて

実践してくれました

 

このたびの学科の改編に伴って

今回で終了することになりました

 

大洲青少年交流の家の第2グラウンドをお借りして

続けてきたこの講座につるちゃんも参加してきましたよ

 

10月19日(水)から21日(金)まで

秋晴れの一番気持ちのよい季節ですね

 

みんなが会場に来るまでに炭焼きの準備をします


10時に到着してオリエンテーションを受けた後

お昼ご飯を食べて

皆さんが集合してきました!!

 

写真がありませんけど、土運びの前に、炭材の準備をしました

今回は白炭の材料になるウバメガシです

 

白炭は、黒炭と焼き方が違い、炭窯の中の温度を高温にして

固い炭に焼きます

いわゆる備長炭は、白炭ですね

 

炭材の準備では、ウバメガシを80㎝の長さに切ります

80㎝は、ドラム缶窯にちょうど入る長さなんです

 

のこぎりって、最近ではあまり使わないですよね

切り方、わかりますか?

切る木が動かないように2人組で木を押さえるのですけど

この時押さえ方を間違うと、木に、のこぎりの刃が挟まってしまい

うまく切れません

 

これね~

やってみないとわからないんですよね~~

 

ですから、すごく頑張って力を入れても、一向に切れない

ということが起こってしまい

とても苦労していました

 

でも、コツをつかんでしまえば

いとも簡単に少しの力で切れるのです

 

5,6人がチームになって一つのドラム缶の炭焼きをしますから

ドラム缶の中にいっぱいになるくらい炭材を切っていくうちに

その原理をからだで覚えますよね

 

次は、煙突などの角度をしっかり見ながら

炭材の詰まったドラム缶に土をかけて、炭窯にしていきます

 

土は、グラウンドの端の方に山にしてあるので

そこからスコップで掘り取って運んできます




一輪車で20回くらい運べばできるのかな?と話しながら運んでいましたが

それでは全然足りなくて

もう、数えられないくらい運びました

そしてやっと炭窯が出来上がりました!!




お~い、炭窯ができたから集まって~

やっと重労働から解放されて今日の仕事は終了です

 

13時から16時30分までよく働きましたね~~

 

第2グラウンドは、大洲青少年交流の家の本館から大分離れています

その行き帰りを歩くのですから

ここでも、鍛えられますよね~~

どうです、炭窯が一列に見事に揃ってできましたね~~



このチームは「やったー!!!」と、歓声を上げています

うわ~、この高さ!!
さすがに若者パワ~~

イヌタデの花が可憐に咲いています

みんなが本館に戻った後の炭窯

 

こちらから見たら、可愛い埴輪が並んでいるようにも見えます

朝、見えていた炭材の山は

すっかり小さくなっていますね

 

夜は、視聴覚室に集まって

この炭窯を作った感想を発表しあいました

 


大洲青少年交流の家の食事は野菜たっぷりバイキング

好きなだけ食べられるので好評です

 

上は昼食、下は夕食です

あーすごい大盛りですねー

働いたからいいことにしましょうか

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは  暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです

 

10月23日(日)はきこりの森の自然体験がありました

 

これは、新たに東温市に出来たきこりの森くらぶが主催したもので

その代表を、なんと、つるちゃんが務めています

 

きこりの森くらぶは、これから育つ青少年に、自然の中での

豊かな体験を提供して

自然と共に生きる知恵や、心地よさを伝えるために発足しました

将来は森林の資源を循環させて、福祉や地域産業ともつながりたいと

思っています

 

今回の募集に応じてくださったのは、みんなで15名

ここで自己紹介をした後

川内千年の森のビオトープの森を散策しました

 

秋の1日、曇り空でしたけど、とても気持ちよかったです

 


駐車場から、よの池に上がっていくと

最初に着いた人に笹の葉で作った舟が渡されました

さあここから、冒険の船に乗って出発です

一昨年に、石鎚ふれあいの里の山本貴仁さんが見つけてくれた

植物リストを見ながら

同じ草花があるかどうかも

探していきました

 

この森へ来たのが4度目になるMさんが

しっかりチェックしてくれました

 

載っていなかった草や花もありましたよ~~


道は、必ずしも平たんではなく、イノシシが掘った穴もあいていました

トチノキが大きくなって、木登りできるくらいになっています

乗ってみたら、高くて気持ちよさそうです

赤い実は、鳥が運んでいき、着いた場所で芽を出すそうです
ビオトープの森をぐるっと回って、針葉樹の森へ帰ってくると

あ、これがブランコね!!

ブランコ名人と、ナカさんが作ってくれました

おとなもとっても楽しいです



Yさん家族もみんなで乗って大喜び!!

あれ、髪にこんな素敵なアクセサリーをつけている人がいましたよ

思い切り、立ちこぎもしています

今日見た中で印象に残ったものを書いています

地面に這っていたつるからサクッとカゴができていきます

ブランコ名人は、こんな手仕事も、興味を持ったら

出来る人の仕事ぶりを眼で良く見て、覚えるそうです

Sさんが育てたクヌギの木は、ここに植えました

さっき編んだかごには、山栗が飾られました

第1回目のきこりの森くらぶの活動は

みんなにとってアットホームな思い出に残る自然体験になりました

 

この活動は、平成28年東温市市民提案活動支援事業の助成を受けて実施しています

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは  暮らしの根っこを支える
森のつるちゃんです

明日は、きこりの森の自然観察会があります。

そこで、川内千年の森へ行って来ました。
うわちゃんと二人です。

午前中は雨だったので、やっと上がった午後に出掛けました❗

雨上がりの森は、しっとりとしていてとてもいい感じです。

もうすぐ10年になるケヤキや、トチノキが大きく育っています。

立派な広葉樹の森に成長していますね❗

いつも、千年の森の仲間が、草刈りをしてくれているので、道は通りやすいです。

ところどころ、気になるところを刈りながら進みました。

明日はきっと心地よい森を体験していただけることでしょう🎵

森のブランコもできますよ🎵🎵




















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです

 

9月10日(土)は、稲刈りの日。

朝早くから子どもたちやお父さん、お母さん、先生、育成会の方々が集まって

稲刈りが始まります。

 

今年は、前半長雨が続き気温が上がらなかったので

この日に収穫できるかどうか心配されたのですけど

そのあと、8月の半ばからずっと晴れて暑くなり

後半の日照で盛り返して、ちゃんとこの日に稲刈りができるまでになりました

 

今年の気象はほんとに変で

東北や北海道に台風が直撃、たくさんの水害が起こりました

地球全体が温暖化に向かっていることが

分かりますね

稲にも、ここで16回目の米つくりをしていて初めて

暑さによっておきる病気、『紋枯 ( もんがれ ) 病』の稲が見られたということです

 

今年のお米の味を見てみましたが

固い!という子がいました

確かに、田んぼにあるままでよく乾燥していて、すでに

乾いている感じですね。

 

身近な植物からも、温暖化の気配を感じることができました











昨年は、田んぼの中がぬかるんでいて、まるで田植えの時のような

稲刈りでしたけど

今年は、土が乾いていて

じょりじょりっと

軽快な音を立てて稲刈りが進み

みんな気持ちよさそうです

田んぼで見つけたのは沢ガニ

イモムシ



やった~~!!!

そして、生きているまむしです!!!
田んぼの先生がさっと捕まえて、ペットボトルの中に入れてくれました

水を取り替えながら半年くらい泥を吐かせて

それから焼酎に漬けて、薬にすることになりました

毒には毒を持って制すというようにムカデや、蜂や

まむしに刺されたときに塗ると効き目があるそうです

何とも、グロテスク!!




お母さんたちが作ってくれた重ね煮のお味噌汁と

炭火で焼いたおむすびに味噌をつけて

お昼ごはん

 

稲刈りのあとは、ゆったりのんびり秋を味わいました

 

今年も、つつがなく収穫の時が迎えられたことに

感謝です♪♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです


暑い日が続いていますね~~。
8月7日は、地元小学校の自然体験教室の日でした。


この日の活動は、14年前からでは少しずつ変わってきています。


初めは、永井さんにお借りしたクヌギ林の近くの棚田跡地に

桜の木を植えさせていただいたので

毎年この日に、下刈りに行っていました。


それが、行く道すがらも、たくさんの草に覆われて

現地でも手におえないくらいの草が茂り、鉢や蛇の危険もあることから

そして、だんだん桜の木が大きくなって

下刈りしなくても育つくらいになってきたので

その活動はしないようになりました。


それまでの間、永井さんには森までの道を刈っていただいたり

子どもたちの活動を応援していただいて

とてもお世話になりました。


その後は、大豆を育てて味噌を作るようになったので

種をまいた大豆畑の草取りをするのが

仕事になりました。


これは、地元の角谷さんの畑や八木さんの畑をお借りして

角谷さんのお世話によって続けてこられています。


今年は、種まきの日に雨で自然体験教室が中止になりました。

その1週間後に有志で田んぼの草取りをしたのですけど、その日にも種まきができなくて

それから2日後に角谷さんとつるちゃんで播きました。


それがすくすくと育ってきましたけど

角谷さんが畝間を耕してくれたので、草があまり出ていません。


そこで、大豆畑は見学のみにして

いつも枝打ちや間伐をしている森へ行き

その少し先にある小さな「風穴」を見てくることにしました。





棚田では、朝早くからお父さんと先生たちがそうめん流しの準備押してくれています。




流す樋が出来上がると、竹を削って容器やお箸を作ってくれます。




こんなにたくさん、風流な竹の容器ができました。


お母さんたちは、そうめんと一緒に流す、ウズラの卵やミニトマト、武道を準備し、薬味もたくさん取り揃え、大量のそうめんをゆでました。


そうこうしているうちに、森から思い思いに木を下げて、子どもたちが下りてきました。


ギネスブックにも載ろうかというくらいの急こう配の大そうめん流しですから

そうめんやぶどうをすくうのが

なかなか難しいのですけど


工夫してすくい上げながら

お腹がいっぱいになるまでそうめんを食べました。





中学1年生と2年生も11名参加してくれて、最後の感想発表会の時に

『今度は男たちの仕事を手伝いたい!!』と頼もしい発言も飛び出して

参加しているみんなで

ほんとにうれしい気持ちになりました。


みんなの力を持ち寄って

この活動が継続できていることに、心から感謝をし

たくさんの元気をいただきました!!


さあ、あしたからも、がんばるぞ~~♪♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです


6月4日に行った自然体験教室は、盛りだくさんです。

天気予報では昼頃から雨模様なので、11時30分までの実施になりました。


それなのに、田んぼの草取り、玉川大学の難波克己先生とアドベンチャーゲーム、炭焼きしたあとの窯あけと、盛りだくさんのメニューです。


初めにみんなでご挨拶



難波先生は、キャットマンっていうんだよ~。

楽しい世界に引き込まれます


田んぼの先生が、畑の先生になって、種まきもしました。

先月は、小さなねぎの芽が出てきましたが

今度は何かな~~♪♪



田んぼの稲は、まだ小さいですけど、株と株の間に小さな草がびっしり生えてきています。

これを、今のうちに取りのぞいておかないと稲が育ちませんね~~。

あっちからとこっちからと、草取りです。






そしてキャットマンとアドベンチャーゲーム。
自己紹介ゲームや、仲間を作るゲームなど、とっても楽しくて、大人も子どももワイワイ楽しみました。








そして、ドラム缶で焼いた炭窯を開けます









今度は、炭焼きもしてみたいですね!


このあと、お母さん達が作ってくれた野草の天ぷらをごちそうになって

楽しかった自然体験教室は

大急ぎで解散になりました。


キャットマンは、きっとまた来てくれると約束してくれましたよ!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです


草刈りして、たくさんの草を集めて、それを畑のところに運んできました。




トラックから、畑の畔に降ろしました。

畑は、こんなふうになっていました


左の方に枯れた草が置いてあるところは

スイカが植えられています。

右側の畝には、ゴーヤが植えられています。

真ん中は茄子やトマトなどですね。




その根本に、次々に草を置いていきます。






集めてきた草はほとんどなくなって、

畑は、刈り取ってきた草の山で覆われました。

これで、少しの間、畑の草取りをしないでもよいし

作物もしっかり育つことでしょう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです


久しぶりの更新ですが、田植えは無事に済んで、棚田は草刈りの季節に移ってきました。

これは、少し前に銀杏の木の近くにある田んぼ2枚を草刈りしたときのこと。


これまで1馬力で棚田の管理をしていたころは、やりたくてもできなかった草運びができるようになりました。

夫さんが草刈り機で草を刈っているそばから集めて、トラックの荷台に載せ、自宅近くの畑に持ってあがります。


それから、畑に植えた夏野菜の苗の下に敷いていきます。


草刈りは、ただするだけでは徒労という感じがするのですけど

こうして畑に育つ野菜のお役に立つと思うと、とっても楽しい作業になるのです

草の栄養は、最高ですものね~~♪♪


一人では、そこまで行う時間的な余裕も、気力も続かなくて

ずっと断念していました。


それができるようになったのですね~~。

いつか、二人で棚田の仕事ができる日が来るのかな~と

願っていましたけど

ちゃんとそんな日がやってきています。


ここに来たころは今から15歳も若かったので、シャキシャキ動けましたけど

いまでは

二人とも、ほんとにゆっくりと

少しずつです


でも、それでも、緑の中で暮らす生活は、豊かですね。


近くに住む角谷さん一家は、ずっと前から、草刈りした草を集めて、作物のところに敷いて、野菜を大事に育てていました。


この前亡くなったおじいさんも、目が薄くなってよく見えないのですが、手探りで草を集めて袋に入れて堆肥を作ったりすることをこまめにしていました。

亡くなられたあと、あの作業はどうされるのかな~と思っていましたら、おじいさんの奥さんが一輪車いっぱいに草をのせて運んで、その草を里芋の畝に敷いていました。


ちゃんと大切な仕事は、継続して、大事に作物を育てているのですね!


代々田舎で暮らしている方々の、生活の知恵は、本当に大切なことを伝えてくれます。


それらを学んで、私たちも、次の世代に引き継いでいかなくっちゃ!!













さっぱりとした棚田

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 暮らしの根っこを支える

森のつるちゃんです


今年は、田んぼの取りかかりが遅くなりました。

昨年は、4月10日には、水田が1枚出来上がっていたのですけど。


今年の取りかかりが遅くなったのは

夫さんに仕事が入り、締切に追われていたのと

講演の仕事が入ったためですね。


それが終わったので、田んぼを耕し

今日は畝たてをしました。


午後から雨の予報でしたけど

ちょうど畝たてをする必要のある田んぼ4枚分が

終わったころに雨が降り出したので

よかったです。


新しいトラクターとトラクターに取り付ける簡単な畝たて機

を購入しましたが

まだ、トラクターの運転に慣れていないので

畝たては懐かしい昔ながらの耕耘機で行いました







左側の黒い波板を見てください!

これは昨年に設置したのですけど

このおかげで、畔塗りをしなくてもすむようになったのです!!

これは、10年ほど持つということです。


畔塗りは、いつもとても心の重い仕事でしたので

しなくてもすむと思うだけで

こころが軽くなります。


昨年とても使い勝手がよかったので

この田んぼの下の2枚にも畔波板を設置しました。


子どもたちと自然体験教室で作っている田んぼは

昨年の10月の活動で設置しましたよね。


畔波板のすぐそばはトラクターでうまく鋤けなかったので

鍬で掘り返していきました。








一番上の田の畝たてをして、次に3番目

そして2番目の田んぼの畝たてをしています







レンゲの花が咲いて、とてもきれいです



ここが終わってから、家の下の田んぼに行って

畝たてをし、今日の予定の4枚が終わりました


明日は水源の水がよく流れるように掃除をして

田んぼに水を入れ始めます


ゴールデンウイークの田植えまでに

準備に取り組みます

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。