秋色の風

テーマ:

あの夜離れた手と手の間
吹き流れた隙間風
いつしか木枯らしへと変わり
もう繋がることはなかった


ぼくはきっと予想していた
この溝が拡がるだけだと
秋の色を重ねるたびに
またあの風を肌に感じて



060908

AD

きみが咲かせる花

テーマ:

きみが咲かせようとする
その花こそがあでやかに
アスファルトさえ割り咲く
強さをもった野花のように


色鮮やかに店を飾る
誰もが眼を留めつむような
描かれるような花じゃなく
ただ空を目指せればいい


それこそがただひとつの
まぶしくて輝けるきみの花



060905

AD

七色のしゃぼん玉

テーマ:

晴れ渡る空に幼い笑い声が響く
自転車に乗って坂道を駆け下りた
水音響かせはしゃいでた
取り戻せない穏やかな空間


辛い想いかさねて 人は大人になる
傷つけて傷ついて倒れながら


すれ違ったキミとの想い 行き先もなく
ほんの少しの勇気が出ないままに
しゃぼん玉がはじけ割れるように
七色に輝いたキミとの未来消えた



澄み切った夜に幼い吐息が触れ合う
自転車に乗って夜道を駆け抜けた
抱き寄せる腕が震えてた
刹那過ぎる穢れなき想い


あの日重ねかけたキスまでの数センチ
少しでも縮められていたなら…


最後にふれたキミの頬は突き抜ける程冷たく
この世の終わりを刻み付けた
しゃぼん玉のように空気に溶けて
七色に輝いたキミとの未来消えた


2003.6.11

AD

悪魔の実-2006.09

テーマ:
060930  
060929  
060928  
060927  
060926  
060925  
060924  
060923  
060922  
060921  
060920  
060919  
060918  
060917  
060916  
060915  
060914  
060913  
060912  
060911  
060910  
060909  
060908  秋色の風
060907  
060906  
060905  きみが咲かせる花
060904  七色のしゃぼん玉
060903  
060902  
060901  

悪魔の実-2006.08

テーマ:
060831  
060830  
060829  
060828  
060827  
060826  
060825  
060824  
060823  
060822  
060821  
060820  
060819  
060818  
060817  
060816  
060815  
060814  
060813  
060812  
060811  
060810  夏月の雲
060809  虹追いかけて夏
060808  知識のふるさと
060807  白い真昼の月
060806  モノトーンの衝撃
060805  希薄な存在と関係
060804  きみとぼくの隠された場所
060803  夢の獏
060802  覆い続ける濁
060801  届かぬ光輪