心理学検定③

ノートを繰り返し見る、という方法で未習の箇所をつぶし、臨床心理学と統計は大学院向けの受験勉強でカバーするという作戦で迎えた当日、8月21日。

 

・・・うーん、正直、臨床心理学以外は厳しいかなあと思いながら試験に向かいました(^^;

 

しろくまは8科目受験だったので、試験時間は160分。1科目20分の計算ですね。受験科目は、当日試験問題を見てから決めることが出来ます。

 

で、注意なのですが、夏なのでエアコンが効いた部屋での試験になります。寒がりの方は、ちょっと多めに羽織るものを持っていった方が良いと思います。

しろくまは寒がりなので、ひざ掛け+カーディガンを持って行きましたが、正解だったと思います。

 

さて受験科目です。

自分が見ていた一問一答の問題集がA領域のものだったので、8科目のうち5科目はA領域(つまりA領域は全科目)を解答しようと決めました。

で、B領域はどうしようかな~~と迷い…

神経・生理に突っ込もうかと思いましたが、問題見てやめましたw

統計・測定・評価を受験するかちょっと迷って、犯罪・非行と見比べましたが、やっぱり統計の方がいけそうだったので、B領域は統計・測定・評価/産業・組織/健康・福祉 を受験することにしました。

 

マークシート記入欄の一番上に、どの科目を受験したかをマークする箇所があります。なので、どの試験科目を取るか迷いながら受験する方は、自分が解答した科目をちゃんとマークしたか、しっかり確認する必要があります!

ここ、要注意ですっ。

 

試験は160分あるものの、受験開始後、30分か1時間経ったら退席してOKです。(ごめんなさい、うろ覚え。。。)

試験問題は「考えたら分かる」内容のものというより、ほとんどが「知らなきゃ正解できない」ものだったので、一通り解答したしろくまは、もう出来ることは無いと感じ、試験終了よりも1時間早く退席しました。

この頃になると、パラパラ早めに退席する人が出てくるので、集中力も切れますし。

 

 

待つこと約1ヵ月。

9月26日に合格発表があり、無事全科目合格していました!

1級取得。やったね☆

 

合否と偏差値がお知らせされ、合格証ももらえます。

(点数は開示されません。)

 

しろくまの成績(偏差値)は、

原理・研究法・歴史 : 61

学習・認知・知覚   : 65

発達・教育      : 63

社会・感情・性格   : 56

臨床・障害      : 72

統計・測定・評価   : 71

産業・組織      : 56

健康・福祉      : 57

でした!

 

臨床・障害と統計が高くてうれしかったです。

そのほかはギリギリ感がありますねw

 

来年は特1級を目指して残りの2科目を受けようかなあと思います(*^^*)

 

 

*ランキングに参加しています。

ぽちっと応援いただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

AD