Keep Challenging

小野 裕史/ Hirofumi Ono のBlogです。


テーマ:
ケータイ各社が通話料の定額化で
熾烈な争いをし続けている。

先週のKDDIに続き、昨日ドコモも
「家族間の国内通話を無料」へ。

ドコモはこれにより、800億円の減収を見込んでいるそうだ。

ドコモは一方で同日
iモード利用料を6月より月210円を315円に値上げと発表。

これにより約570億円の増収が見込める(*)。
が、通話定額化による800億円のマイナスは埋められない。

(*)TCA発表の2008年1月iモード契約者数が約4783万人
約4783万人×100円×12ヶ月=約574億円


しかも、フィルタリングの動向によっては、
増加傾向にあるデータARPUが大きく減少し
「フィルタリングショック」による、
さらなる減収が各キャリアを襲うかもしれない。


パケットも通話も定額になるなかで、
この先キャリアは何でメシを食って行けるのか。


「課金インフラの解放と、課金代行手数料」こそ、
今後のキャリア利益の源泉となり、
市場規模の拡大にもつながる、キャリアが進むべき道と考えています。



公式サイトでのキャリア課金によるコンテンツ市場は
(コマース除いても、たぶん)4-5000億円くらいか。

キャリアの手数料は9%として約400億円前後。

これを勝手サイトやコマースなどにさらに拡大させれば
この市場規模は格段にあがる。

公式サイトより勝手サイトのトラフィックが倍以上に多いことを
考えれば市場規模やキャリアの収益も倍になる可能性すらあると思う。
(もちろん、どこまで課金インフラを解放するかによるが)

もちろん、市場でのプレイヤーのチャンスも増え
市場全体も活性化しうる。

キャリアには既にユーザーの与信を管理するノウハウがたまっているので
もはやクレジットカードと同レイヤーを目指していけると思う。
(ドコモではiDでそれを試みているが)



なんて考えていたのだが、
以前より噂されていた「iモードID」のリリースが、本日ドコモより発表。


勝手サイトでも、サイトにアクセスしてきたユーザーを
ユニークに判別できる「iモードID」が3月31日より開始予定 だそうな。



これは勝手サイトプレイヤーにはビックニュース。


少し前より目立たず進行していた
「ケータイ払いによる、勝手サイトの課金代行の拡大」と合わせ、
いよいよ本格的に課金インフラの解放が進んで行く予感。


KDDIやはドコモに比べ、課金インフラの勝手サイトへの解放が遅れている。
ソフトバンクもvodafone時代に存在した勝手サイトでの課金をクローズしている。


今年は、各キャリアで勝手サイトでの課金解放が一気に拡大していく年に
なって行くかもしれないです。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

小野 裕史(おの ひろふみ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。