みりおん(実咲凜音さん)が宝塚を卒業されました。

 

ライブビューイングで拝見していましたが

笑顔で最後の公演を努める彼女が本当に愛しかったです。

 

 

カーテンコールの挨拶で。

まあ様(朝夏まなとさん)に向かって

「長い間、本当にありがとうございました」と

頭を下げられる姿を見て、

このお二人の関係は、みりおんにとっては本当に長い間だなと

改めて思いました。

 

2009年の花組『EXICITER!!』で

研1のみりおんが銀橋を渡るという大きな抜擢の時も

一緒に組んで銀橋を渡ったのは、まあ様でした。

 

バウ・青年館初ヒロインもまあ様主演の『CODE HERO』。

 

トップ娘役に就任した際の宙組への移動時も

まあ様も一緒の移動でした。

 

 

『宝塚グラフ』の対談の中でも

宙組に移って、トップ娘役という重圧に悩んでいたみりおんは

花組からの馴染みのあるまあ様に支えてもらったと仰っていました。

 

 

そして、凰稀かなめさんの後、まあ様がトップ就任することになり、

みりおんと組むことになる…。

 

研1の銀橋から、トップ娘役時代の最後の相手役まで。

本当に、みりおんの宝塚人生の中にはまあ様が側にいたのかと思うと

感慨深いものがあります。

 

 

 

公演後の挨拶の中で、今回の『王妃の館/VIVA! FESTA!』を

無事終えられたことへの感謝を述べられた後、

「いつも隣で花を添えてくれた実咲が、大きな花を咲かせてくれました」

とおっしゃり、

みりおんに向き直り、「ありがとう」と一言。

 

どんな言葉で盛り立てるよりも

まあ様の優しさが伝わってきました。

 

その後もまあ様に感謝を述べては

あの感極まりすぎてブワッと泣きそうになるのを堪えた

くしゃっとした泣き顔を何度も見せてくれた

感動しいなみりおん。

 

笑顔で締めくくろうと見せてくれる満面の笑みも

あのくしゃっとした泣き顔も、本当に愛しいです。

 

 

大階段を降りた挨拶の後の観客の長い拍手。

終焉のアナウンス後、「さよなら皆様」が流れても

鳴り止まないたくさんの拍手。

 

「さよなら皆様」の曲が止められて

まあ様が仕切って、再びみりおんが幕前に現れた時の

大きな拍手。

 

みりおんはこれだけ愛されてしかるべき

宝塚の誇る娘役さんなんだと、本当に嬉しく思いました。

 

 

最後に、幕前でみりおんが最後の挨拶をして去っていく中、

まあ様が観客へまさかの投げキッス!

涙を見せずカラッとみりおんを見送ように努める

まあ様の男前さも大好きです。

 

 

みりおんは才能あふれる舞台役者さんなので

またどこかでその才能を輝かせてくれることを祈っています。

 

みりおん、素敵な舞台を有難うございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

AD