フレンチぶる大西のPlease 翔 Me!!ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
どーも。

フレンチぶるの大西です。




約2年ぶりのブログ更新です。


理由は三つ。





一つ目は、


いよいよ【新しい波24】がオンエアということで、僕らのことをよく知らないという方々の為に。




二つ目は、


数少ない今までご愛読して下さっていた方々の為に。




三つ目は、



親に怒られたから。








兎にも角にも久しぶりに文書を書くわけですが、ここまでのフレンチぶるの軌跡をざっとおさらいしようと思います。




2012年11月

・【フレンチブル】結成
《ワタナベコメディースクールの同期であった加瀬部駿介(のちのトメ吉)とコンビを組む》
{39A7D7B7-169C-43AF-B505-3CBE9116B7CC}




2013年5月

・加瀬部駿介 入院
《血が止まらない原因不明の病気(のちのラープス)により2ヶ月ほど活動休止》

{77B8F931-16DE-4E4F-9A5F-034723772496}




同年11月

・ケイダッシュステージに所属する
株式会社ケイダッシュステージK DASH Stage Co.,Ltd.)は、日本の芸能事務所・舞台制作会社。ケイダッシュの関連会社。

お笑い芸人をはじめとするタレントマネジメントと舞台制作を行っている。本社は、東京都渋谷区東二丁目だが、芸能プロダクションとしてのオフィスと舞台制作のオフィスがそれぞれ同地の別のビル内に設けられている》

※Wikipediaから引用


{3AA5EA10-0BE8-4421-9D41-0A6CD3285504}




同年12月

・新人内さまライブ 初代チャンピオンに輝く
《所属2週間後の戴冠という華々しい結果を残すものの、これが功を奏さず帰って裏目に。若気の至りで完全にのぼせ上がり、一人前の天狗に》

{71F76290-6A6E-4BE1-980A-76785A8737F3}




2014年3月

・内村さまぁ〜ずにゲスト出演するも何も出来ず、伸びきった鼻を折られる
《自分たちの至らなさ、不甲斐なさに途方に暮れる日々を過ごす。【調子に乗った人間が痛い目を見る】というイソップ童話のような展開を身を以て経験する。この年は何をしてもうまくいかず、コンビとしての方向性を必死にもがいた年でもある。》

{CBFA3F4F-DB22-450B-8F99-13E95108DC84}



同年4月

・学生時代からお付き合いさせて頂いていた彼女と別れる
《大殺界。身も心もボロボロ》


同年11月

・【フレンチぶる】に改名
《意味などない。もはや何をしたら良いかわからず、何かをするということに意味があると自分に言い聞かせた結果招いた悲劇といってもよい》

{AB5B441D-C03A-4622-9C38-4A96D93200B6}




2015年1月

・模索していた自分たちのスタイルが形になり始める
《内さまライブ優勝後、長い間低迷していたが、必死にもがき続けた結果、希望の光が一筋差し込む。現在の形につながるボケのないドラマのようなコントが完成する。そして何より周囲の人間に対する感謝の気持ち、素直でいること、謙虚であることの大切さにも気付き、人間としても円熟味が増してきた。》

{22FBE662-3369-45B4-85A2-FB84698F4040}











そんな矢先に










{E09F8F7D-DC38-45C0-B742-F44934C9C1D2}

同年2月

・加瀬部駿介 再入院
《試合終了のお知らせ。度重なる検査により、世界で70人しかいない奇病であったことが判明。先行きの見えない迷宮入り。ここから約半年近くの闘病生活に入り、その間筆者はレジに並んだお客さんを捌き、納品された商品を陳列し、誰かが穴を開けたシフトを埋めるという【コンビニ人間】と化した。ただこの先どうなるか全くわからなかったが、この間もネタ合わせだけはし続けた。時間があるぶん、じっくりたっぷり病室で二人でネタを作り続けた。以前は必要に迫られて作っていたものが、純粋に二人で楽しみながら取り組むことが出来た。そしてこの間に完成したネタこそが、今回【新しい波24】で披露したネタである。》



退院後から今に至るまでも色々とドラマはあるのだが、それはまた別の機会に話すとして。








加瀬部駿介(のちのべーちゃん)とコンビを組んだときから目標にしていたことが何を隠そう、


【新しい波24 出演】である。


その目標を果たすことが出来ないと思われた最大のピンチである再入院。

しかしその入院期間中に出来たネタこそが、結果的には最大のチャンスを掴む為の切符だったということが驚きである。





永六輔さんが残した、こんな言葉がある。

 

生きているということは
誰かに借りを作ること
生きていくということは
その借りを返してゆくということ




今まで僕たち二人は多くの人に支えられ、

{01FE9AE2-1116-4C6E-90D3-D8D53600413D}


大きな愛に包まれてここまでやってきました。

{16804C52-7EF1-4F55-B9E3-21DA6BA0E7E8}




これからも相方共々二人で【生きていく】ので、

{181FB717-9E6C-4B39-B8C1-C3C018C40E98}

{9B30F8AA-D872-48D4-9264-F409F1DF352A}

{7905FDE9-840D-4282-A9F7-D0D455E88D10}



今後とも何卒、


【フレンチぶる】を宜しくお願い致します。

{5C1C0111-C3F4-4663-B6D9-F3992A4E7D3C}



フジテレビ 【新しい波24】
2016年12月27日(火)
24:20~26:20
<出演者>
キャスト(芸人枠):アメリカンコミックス / カミナリ / こゝろ / さすらいラビー / 霜降り明星 / 大自然 / バッドナイス / ハナコ / はなしょー / フースーヤ / ブラゴーリ / フレンチぶる / ブリキカラス / ブルゾンちえみ / ペコリーノ / マイペース / マジメニマフィン / ゆりやんレトリィバァ / 吉住 / 四千頭身 / ロングコートダディ
キャスト(ノンジャンル枠):Iris(アイリス) / 紗倉まな / ハンサムケンヤ
ゲスト:ナインティナイン岡村 / 生田斗真 / 菜々緒 / ロバート秋山 / 平成ノブシコブシ 吉村 / かまいたち 山内 / 岡副麻希 / 越智ゆらの
MC:鈴木唯(フジテレビアナウンサー)





[ぶる辞書〕

※当然-ぶる
【その行為・言動に意味はなく、見返りなど求めずやった当然の行動だといわんばかりの態度をとる様子。車道側を歩くのも、車でバックする際に腕を助手席に回すのも、エピソードトークで爆笑を取るのも然り、《当たり前のことを当たり前のようにやっただけ》というクールなスタンス。がしかし、残念ながらそんなひとはこの世に存在しない。人間である以上、どうしたってそこに《思惑》や《私欲》が混在しているのは必至で、それをいかにサラッと出来るかというところが腕の見せ所なのである。そして当たり前のようなこの毎日が実は一番かけがえのないもので、この《当たり前のような毎日を当たり前のように過ごすことが出来ている》ことを幸せだと感じることが出来る人こそが真の幸せ者なのだ。つまり筆者が何を伝えたかったかというと、このブログがこの先更新されることを当たり前だと思うな。こっちはこっちの都合があるんだからほっとけ。ということなのである。】
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。