超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」。

勝負をかけた公演を二週間後に控えながら

台本が1ページも無いという危機に瀕していた。

 

瀬戸際の雰囲気漂う稽古場…

何の奇跡か、劇団員の1人が「タイムマシン」を発見!

劇団員達は早速、その「タイムマシン」を使った

起死回生の策を思いつく。
それは…

「稽古最終日まで行って、完成している台本を取ってくる」

というものだった!

 

開演前日、さらに先の未来も巻き込んでの

みみっちくも壮大な時間移動SFコメディ!!!

 

 

22日の晩

アガリスクエンターテイメントさんの

『時をかける稽古場2.0』(2時間10分)

観て来ました。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

2014年の初演版は

同年中に観た舞台の中で

私自身にとっての確かナンバーワンだった作品。
でぇ、今回、
再演ではなく

リブート(=仕切り直しの再起動)と聞いて

期待半分・不安半分で駅前劇場の舞台に臨みました。

 

 

個人的には『毒婦二景』での「阿部定」役以来となる

ハマカワフミエさん(☜和服の似合う美人女優さんデス)

そして、もうお一方、矢吹ジャンプさん以外は

2014初演時と同じキャスト(かなぁ?)。

「タイムマシン」で時空を移動する際の

この芝居ではお馴染みの演出

暗転・暗転・また暗転の中

大まかなストーリーも・笑いどころのポイントも

瞬時に蘇ります。

2時間10分の上演時間中

懐かしさ半分・クスクス笑い半分で過ごさせてもらいました。

 

 

でぇ、初演『時かけ』経験者だけに

さすがに今回は

不意を突かれ、腹を抱えて大爆笑!

とまではいきませんでしたが

リブート版

登場人物による、観客の情感に訴求するセリフが

初演時に比べて、より胸に迫ってきたように感じました。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 


観劇後

今回もまた、チケット代以上の満足感に浸ることが出来ました。

初演時に買ったTシャツの長持ち具合に味を占めて

お礼代わりに、またもオリジナルTシャツを!
5年後?

(☝未来からやってきた登場人物達の属する「時制」のうちの一つ)

の再リブート作品を観に行く際には

是非コレを着て、伺いたいと存じます。

AD