『フィリグリー街の時計師』

ナターシャ・プーリー (著), 中西 和美 (翻訳)
¥1050

ハーパーコリンズ・ ジャパン

1883年ロンドン。内務省に勤める孤独な青年サニエルは、
誕生日の夜、下宿部屋に見覚えのない懐中時計が置かれて
いることに気づく。半年後、スコットランドヤードを狙った
爆破テロから間一髪、彼を救ったのは、奇妙なその時計だった。
爆弾にも使われていた精緻なぜんまい仕掛け―これは偶然の
一致なのか。
サニエルは知人の警視の依頼で、天才時計師と名高い日本人
モウリの周辺を調べだすが…。

 



<こんな人におすすめ>
1800年代のロンドンの様子に興味がある
当時のイギリスにおける日本人(東洋人)の扱いに興味がある
かっこいい日本人が活躍する話が好きだ

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ左矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

 

どくしゃになってね…

AD