【SLASH7:斧と剣の間】

おはこんばんちわ

今回はスラッシュアックスと言う武器に関して

まぁ、当ブログでも散々スラッシュアックススラッシュアックス言うておりますが、4Gのときや、Xでは

4G→リロードソード
X→チャージソード

言われていた歴史を持つ武器なのです。

これは強撃ビン一択という世界が如何に剣モードで居られるか?ということを追求した結果。
4Gでは振動リロードや咆哮リロードなど耳栓というスキルを根本的に否定したテクニックが生まれたり、Xでは剣鬼形態からのエネルギーチャージによる無限剣モードという、ぶっ飛んだものが出ました。

どうしてこうなったw

と、まぁ、過去の話を振り返ると斧モードのモーション値の低下と速度低下が斧を端に追いやる要因のひとつではないかと思います。

そして、もうひとつは、強撃ビンによる効果が斧と剣のモーション値比率に対して大きいから剣モードありきの今まででした。

ここまでが前作までのお話

今作では、エネループも半ば封印され、常時剣モードでいることが難しいところではあります。

そんな事情から切れてしまうなら逆に切らしてしまえ‼と思い、思いきってエネルギーチャージを外し、前回のススメ6でも書いたようにテンペストを実装して見ました。

モーション値の詳細やテンペスト自体の効果の程は解りませんが現状解ることでテンペストの効果を下記に

●斧モードのモーション速度が上がる

●振り回し自体が強化

●振り回し後の斧:縦斬りのモーション変更

●トランスラッシュの斧モードパートのモーション変更

デメリットとして

○斬り上げを使用する頻度上昇

○テンペスト中の振り回し範囲内に味方が居て、スーパーアーマーを切らせたとき又、テンペスト中の振り回しをガードしてしまった場合、味方が抜け出せないほどの手数が出る

これね。ほんと洒落にならないくらいで、味方が目の前でコケまくりますし、楽しくて指が止まらなくなりますしw

ってな具合でテンペスト振り回しは場合を考えないといけないところがあることを念頭におきたいです。

これで、テンペストの性能が解って貰った?ところで本題の剣と斧のバランスについて

スラアクにおいて、狩技の性能が強さに直結する比率が高く、体験版おいて明言できなかったところがありました。

しかし、製品版では狩技が全て使用可能となるためスタイルと狩技とを組み合わせ、どのモードがやりやすいのか?効果的っぽいのを下に纏めてみます。(まだ、使用してないところはありますのでご了承を)

●ギルドスタイル
→剣鬼Ⅲ+エネルギーチャージⅠ
言わずと知れたエネループです。

→剣鬼Ⅲ+テンペストⅢ
剣鬼とテンペストのリレーが出来る。

●ストライカースタイル
→剣鬼Ⅲ+エネルギーチャージⅠ+臨戦
→剣鬼Ⅲ+エネルギーチャージⅠ+トランスラッシュⅢ

エネルギーチャージは剣鬼維持のために使用しますが、広いエリアのマップであれば又は、エリアを跨いでエリチェンされると剣鬼が切れます。

●エリアルスタイル
→エネチャⅢ
今回はエネチャ押しですけど、剣鬼形態自体のゲージ消費量が半端なく、乗り後のコンボにゲージが切れてしまう恐れもあるため、エネルギーチャージ押しとして、会心の恩恵だけを受けたいのが思惑としてあります。
正直なところ、エネルギーチャージⅢで30%の恩恵を得る代わりに狩技蓄積量が多いか、会心の恩恵を20%減らして、剣モードの回転率を考えるか悩みどころではあります。

→テンペストⅢ
こちらは逆に持続時間が長いので、乗り後は振り回しからの叩きつけを狙うというもの。通常剣モードでラッシュには斧モードとメリハリをつけたいところ。
咆哮や地震のリロードキャンセルも視野に入れると良いかもですね。小樽リロードもありかな?w

●ブシドースタイル
→剣鬼ⅢかテンペストⅢ

●ブレイヴスタイル
→テンペストⅢ
ブレイヴスタイルはかなり特殊でテンペストが光るスタイルです。理由としてはブレイヴ状態のときの剣モードから斧モードに変形する変形斬りが振り回しのため、剣モードで牽制し、斧でラッシュを掛けるような今までと違う立ち回りが楽しいw
逆に剣鬼だとゲージ消費が早いためサイクルが噛み合わないとブレイヴ(火力)状態の時に剣

●レンキンスタイル
ストライカーと同じすかねぇ
SPをセットできる都合上テンペストの方が回転率が高いと考えます。

一応、上で記載したのは一例ですが斧のモーション値とテンペストによる効果が判明すれば斧と剣のバランスがとれたスラッシュアックスとしてきのうするのではないでしょうか?

今回はここまで、お後が宜しいようで♪
AD


【SLASH6:嵐を呼ぶ斧、断ち切る鬼の剣】

おはこんばんちわ

今回は、ストライカーでの剣鬼形態の維持に拘ってたのもありましたが、エネルギーチャージがじゃじゃ馬ならば、いっそのこと剣鬼+テンペスト+トラスラのお話w

結局ストライカーかよって話ですが、今回は実はレンキン×スラアクで話を進めていきます。

今までスラアクを使っていただいてる方にとってレンキンの動きは取っつきにくく難しいんですよね。

何が難しいかと言いますと

剣モードの定点攻撃である剣縦(縦斬り→斬り上げ)と剣横(縦斬り→横斬り)が使えない。

では、いつものようにX連打するとどうなるかというと

斧に戻りますwwwww

何をいってるかわからないけど、斧に戻りますw

ですので、ループコンボはAAのみの横二連になるわけですね。

で、これが何を言わんとしているかと言うと

横二連では、微妙に前進していくため定点攻撃には不向きであること

レンキンスタイルではここがネックになります。要するに剣モードでのラッシュが苦手なわけですね。

では定点では何を使うの?というと

いやだなぁ…そこに斧があるじゃないっすか?

そう、振り回しですw

で、剣が使えない&振り回しを使っていきたいというのを掛けると実装する狩技が

●テンペストアクス
●剣鬼形態
●トランスラッシュ

この三点ですね

皆さん思われるでしょうけど、なんで剣鬼形態が入っているのか?ってところがポイントです。

さっきいってることが矛盾してますからね。

では、ちょいとここで動画を紹介します。



これが、剣鬼形態+トランスラッシュです。

そう、いつもの光景なのです。

それが、上記3狩技を並列励起したときの衝撃的映像がこちら


なんと、ただでさえ長いトランスラッシュがさらに長くなりましたwwwww

ロマンとしては溢れすぎて、トキメキが振り切ってしまいますが、正直外乱が多いと不発に終わるスーパー技です。

モーション値は正式には出てませんが、恐らく

測定不能ではないかと思いますw

この技に耐えれる小型モンスターが居なさそうなのでw(解析班はよ!)

ってので、今まで以上に狩技依存な話でした。

で、脱線しましたが

レンキンスタイルとスラアクの相性としては若干悪い方かな?と思います。ですが、レンキンスタイルにはそれを感じさせないものが有るわけですね。先ほどのロマン技 いや ドラマティック技やレンキンアイテムによるサポートそしてSP状態強化と通常技の使いにくさがレンキンスタイル自体でお釣りが帰ってくると感じています。

レンキンアイテムとして有用な(使ってて便利だった)のは

狩技ドリンク+砥石→レンキン狩技砥石
③レンキン耳栓
④みんな大好きレンキンバズーカ

この3つを作っていけばいいと思います。

この、レンキン砥石のおかげで狩技ゲージの溜まり量は加速します。

ここがポイントですね。

で、これだけでは面白くないので、最後の話として

剣撃ゲージMAX状態の剣鬼形態ⅢとテンペストアクスⅢのゲージ消費速度は

テンペストアクスⅢは剣鬼形態Ⅲの倍長持ちするということです

これは何をいってるかというと、剣鬼先うちするとテンペストアクスで剣鬼形態の狩技ゲージを回収できると言うことです。

ですので、まだ色々検証はいると思いますが、テンペスト切れで剣鬼を使うか剣鬼切れでテンペストを使うか、どちらが良いのかはこれからの話ですね♪

そして、レンキンスタイルではレンキン耳栓により、咆哮タイミングにドラマティック技を叩き込むことも可能と言うことですね。

話が散乱してしまいましたが

エネルギーチャージに依存してきたスラッシュソードやチャージソードの悪名をテンペストアクスで巻き返し、真のスラッシュアックスとして生まれ変われる時代ではなかろうかと思ってます。

今回はここまで、お後が宜しいようで♪



AD
おはこんばんちわ

今回はスキルインストール(装備合成)に関して書いていきます(^^)b

まず、装備合成ですが前情報通り

好きなデザイン防具に着けたい防具のスキルを反映させる。

とあります。ポイントとしては

見た目の装備の情報は一切反映されないところです。これはスロット並びに防御力や耐性も反映されないことに注意します。

この特徴のおかげで、

見た目に選ぶ防具は下位装備であっても防御力や耐性もG級防具のものを使用できます。

次に注意点として

装備合成に使用した装備をマイセットに組んでいた場合はマイセットが解除されます

これは当然ですかね?装備そのものがボックスから一度なくなるのでお守りを削除したときのような現象が起こります。

その条件付きで↓のようなスキルを組むことも可能であります。


ビストロにはG級ナルガとアスリスタにはグリードRをインストールしてます。

ちなみに、武器の都合で斬れ味レベル+2にしてます。

この武器は、素紫10なのですが、匠2を発動することにより残りの斬れ味が全て紫になるため、紫60くらいかな?になるのが強みです。

武器はこんな感じです


という感じに仕上がってます。元々攻撃力が高めでしたので、斬れ味補強を優先していきました♪

次の目標である、月裂きディアーナの最終強化までの繋ぎとして使っていきたいですね

あと、装備合成品の強化はベース防具を強化する形となります。装備強化でアイコンを選ぶと解るのですが、私の防具の場合ナルガ素材を使って強化できました。

このことより

●見た目に選んだ防具は見た目以外反映されない

●装備合成後も強化は出来る

●既存マイセットに登録してある装備を装備合成に使用するとマイセットが消える

イベクエ防具は合成対象外ですのであしからずw

この3点を覚えていただければ、みなさんもハンターの見た目を遊んでいただけるかと思います

今回はここまで、お後が宜しいようで♪
AD