純粋なすがた

テーマ:

私の友達の息子は中学3年生で“ひろ”という。彼は幼稚園時代からサッカークラブに所属し、サッカー三昧で日々をおくっている。今でもクラブチームに所属し、ほぼ毎日学校から帰るとすぐに着替えてチームの練習に出かけて行く。


自転車で駅まで通い、電車を乗り継ぎ、更にグランドまで歩く。ヘトヘトになりながら帰宅し、その時間は毎晩11時である。更に土日も遠征試合やら練習とやらで、まさにサッカー中心の生活なのである。そんな彼は受験生であるため、高校進学を目前にひかえ猛烈に勉強もしていた。なぜかと言うと彼の目標は、Jリーガーだからである!


そんなこともあり、彼の志望校はサッカーの強い高校しかないのである。そこへ進学して、もっともっとサッカーの実力を上げたいようなのである。その志望校以外で、サッカー推薦で入学も可能とも聞いている。しかしそれは許せないということだそうだ。ということで毎朝6時に起床して受験勉強をしていたという。自分で自分の夢を描き、目的意識を持って14歳の少年が日々を送る姿を見ていると、夢を叶えさせてあげたいといつも思っていた。そして、見事その夢は実ったのである。


こんな姿を見ていると、目的も夢も描かず、語らず、愚痴や不平不満ばかり言っている大人たちがすごく気になってくる・・・


そんな大人に限って「いまどきの子供は・・・」と口にする人が多い。私たち大人も、今一度自分の立ち位置を見つめ、依存体質にならず、在りたい姿を明確にして、己の人生を計画立てるようにならないといけないなぁ~って、おじさんは思うのでした。。。

AD