今日の新書は石坂泰章著「巨大アートビジネスの裏側」文春新書。
著者の石坂氏は財界総理と言われた石坂泰三のお孫さんで、三菱商事からサザビーズ・ジャパンの代表を経て独立したアートビジネスのプロ。世界の美術市場やアートビジネスに関心のある人にはとても面白い本だ。
但し、ここに書かれているのは100万円や10万円以下のアートを楽しむ市民派コレクターのことではなく、数億円というお金をすぐにでも用意できるような1%のなかの1%のセレブである大企業や有名俳優、超お金持ちを相手にしたアートビジネスで、いわばアートの機関投資家の世界だという前提で読んでもらいたい。
このようなセレブたちのためにアートファンド、プライベートバンク、ファミリーオフィスなどのプロのコンサルタントも存在する。石坂氏によると、日本では文化・アートというと「草食系ビジネス」と捉える向きが多いが、海外でのアートは生き馬の目を抜く「肉食系ビジネス」であるという。最近日本の作家も何かとグローバルにあこがれるが、このようなアートビジネスの世界で通用するのは村上、草間などごく一部である。日本のプロ野球にも入れないような選手がメジャーリーグにあこがれるような世界ではない。
本書に書かれているアメリカの大コレクターの中には単に投資目的だけでなく美術館を作ったり、作品を寄贈する他、美術品の売買益を各種社会貢献の財団に寄付するような人もいる。そんな人の子弟や将来の有望寄贈者のために美術館が「コレクター育成プログラム」を充実しているなど、税制・寄付・教育などアートコレクター拡大のためのインフラが整っており、日本の後進性やガラパゴス化が際立つ。


AD



【麻布パレットギャラリーでのCDジャケット展】

毎年恒例になりました麻布パレットギャラリーでの「CDジャケット展」が今年も
6月3日(金)~12日(日)まで開催されます。

これは御子柴、高橋、山本の3人の推薦する作家さんたちのグループ展ですが、今回の
私の推薦作家は以下の通りです。

①山崎カズヒコ,、②二小林美佐子、③波多野加与、④平林 拳、⑤顧 洛水
⑥吉澤知美、⑦宮﨑 優

※上記順番に従って、出品予定作品の画像を添付しますが、最終作品と異なる場合もあるかもしれません。
















AD
画廊宮坂さんの本の紹介をしましたが市販していない本なので「寄贈美術館」について簡単にコメントしておきます。
ことの発端は画廊宮坂さんの関係する画家の岩橋さんが読売新聞に寄稿した「無名画家の作品、寄贈の場を」の投稿に、北海道の置戸町から廃線になった駅舎に、、、と言う反応があったことだ。
それに対し、宮坂さん、岩橋さんにワシオさんと私の4人が発起人となり画家とコレクターに寄贈依頼状を出して集めたものだ。
マスコミやネットで募集すれば簡単だが、これ幸いと全国から膨大な作品が集まりゴミ捨て場のようになるし、質の確保のために審査をすればだれが判断するかや手間暇、費用も大変ということで、4人でこれはと思う画家とコレクター100人程を選び、一人一点だけ寄贈してもらうと言う形で依頼したものだ。
北海道の片田舎の廃線になった汚い駅舎だろう、俺は無名画家ではない、、、などの難関を超えてこの美術館が出来上がった顛末が書いてあります。


◎地方創生とか言っていますが、全国各地の施設を活用し、このような美術館が出来て、画家やコレクターがそれぞれに1点づつ寄贈していくという「寄贈美術館ネット」が出来ていくと面白いですね。

※建物も作品もかなりのレベルですし、寄贈規定もできています。http://oketoart.web.fc2.com/
AD