アルツハイマー認知予防に

テーマ:

ローズマリーの香りには、刺激作用や頭脳明晰作用があるため、神経を刺激して集中力や記憶力を高める効果があります。心が疲れているときや、気力が湧かないときなどにもよいでしょう。仕事や勉強にオススメの精油です。

さらに最近、ローズマリーなどの香りを嗅ぐことで、アルツハイマー型認知症の予防と改善につながる可能性があることがわかったのです。

認知症になると、匂いを感じる嗅神経が最初にダメージを受けます。この嗅神経を香りで刺激することで、機能の再生が図れるというのです。

認知症ではなくても、脳の若返り効果が期待できるので、最近物忘れが気になる……という人にも良いということです。
脳の機能は、40代ぐらいからジワジワと衰え始めます。早めの予防ケアを始めてみる価値はありそうです。

脳への影響

アロマリラックス

AD