2006-06-08 01:06:10

けっこう怖いかも?

テーマ:怖い話

本日は、動画の怖いサイト3本立てで


お送りしたいと思います。


怖いのが苦手な方は、リンク先のサイトへ


見に行くのはおやめください。






1つめは、心霊物ではない怖い話をどうぞ


もし、身近に起きた出来事だと考えると・・・





★★★1つめ★★★









2つめは心霊特集です。心霊写真&動画です


BGMがよりリアルに表現されています






★★★2つめ★★★











3つめはある意味グロい映像になるかもしれません


では・・・どうぞ





★★★3つめ★★★










リンク切れになる可能性もあります。


もしなっていたらすいません。


ふっふっふっふ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-06-03 22:58:58

6月1日に起きた出来事です。

テーマ:怖い話

タイトルに書いたとおりこれは6月1日に起きた出来事です


この週は、早番勤務でした。


とりあえず、朝にその出来事があったのですが


後ほど書きます。






そして、帰宅し


夕方18時ごろ父親ニュースを見ながら晩御飯を食べていると


岡山の地方ニュースで気になる報道をみました。


とある橋をいつも通勤経路で渡るわけですが


そこからおじいさんが転落し


夕方報道された時間になっても行方不明とのこと


ヘドロや水質が悪いため


おそらく埋まってる可能性が高いです。


橋の手すりにも手のあとがあったそうです。






そして、そのあと他にも家族でそのニュースを見た人もいて


その人も霊感があり、おそらくもう自殺でなくなってるだろうと・・・。


転落したのが時間にして


朝の6時20分ぐらいだそうです・・・。


ここでさらに驚いたのが・・・。





実はこの日もいつも通り会社にいくため


朝5時30~40分あたりで


その橋を渡るわけですが


・・・。


・・。


・。


もしかしたらですが100%ではありませんが


違和感覚えた出来事がありました。


ちょうど渡るその時間に橋で手すりに手をおき


橋の下側を見ていたおじいさんを


目撃してしまってたんです。


そんな朝早くに人がいつもいません。


いたとしてもランニングしてる人ぐらいです


そのおじいさんはたしか、青いシャツで


帽子をかぶっていたような・・・。


猟師さん風か、農作業をするような服装


だったと思います。


車ですれ違いざまに見たので


確実ではありませんが


おそらくその人の可能性が高いかもしれません・・・。


この違和感を感じたのが、もしかしたら


人の命がなくなる前の何かの知らせだったのかも


しれません・・・。










シャレにならん経験を

6月頭にしてしまったよ

こえーーーーつうの!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-21 18:18:32

久々におきた少しだけ怖い話します

テーマ:怖い話

あれは、5月上旬の出来事でした


GWも終わり、会社にまた通勤するようになった週。


遅番勤務で、会社を出るのが深夜0時前


仕事を終えた、しばちゃんはいつものように更衣室で着替え


会社をでて、駐車場に向かうわけですが


駐車場がいくつかに分かれてて


自分がとめてる場所は深夜には車が1台か2台しかありません。




会社の門をでたあたりで


急に何かを感じ取ってしまいました


・・・うわ~・・・多分今日出るな~・・・。


ゆっくりあたりを見回して歩いてました。


前は、門でたすぐのところが高架下になっているわけですが


その上のほうに普通なら立てない場所に


人が立ってたことがあったので、そこかなと思い


振り向いてみたのですが、何もいませんでした。


駐車場の自分の車の真横に白い乗用車


空をみても曇りで薄気味が悪い天気でした


風も生暖かく少し奇妙な感じもしましたが


自分の車の目の前にきたあたりで


立ち止まり気配がないか見たのですが


・・・何もいませんでした




きのせいかなと思い


車のロックを解除し


運転席に乗り込もうとしながら助手席に


荷物のバッグを置いた瞬間






・・・助手席の後ろ側の後部座席に


自分と同じぐらいの歳の男性が座っていました。


髪は、短く黒くて今風の若者みたいな感じじゃない


服装で、おとなしそうな感じでした


おもわず、油断してしまったせいか


男性を見たとたんすごい心臓がドキドキしてました。


・・・しかし男性は動くこともなく


すぐ消えて見えなくなってしまった


というか、ホッとした。


ドキドキしながらも車に乗りエンジンをかけて


駐車場を後にしました。






おそらく、普段あまりみない白い乗用車に


ついてる霊か、その家族に関係している霊か


よくわかりませんが・・・。






久々におきた出来事なので書いてみました。


今日は会社は休みですが


明日からまた今週は遅番勤務の週です。


・・・今週もなにかがおきるんだろうか・・・。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-10 04:13:01

通勤

テーマ:怖い話

 これは、新年に起きた出来事でした。


年始めの勤務は、早番ということでまだ暗い時間、早朝に起きて


会社についてもまだ、あたりが暗い時間帯という時に起きました。




 日付は、1月6日金曜日


新年2日目の勤務で、昨日と同じように車をはしらせ


暗い中会社まで、車を運転していました。


 会社までは国道2号線バイパスを途中まで利用してます。


バイパス降りて側道の赤信号にかかったその瞬間


思いきり左側の歩行者用の道路に人の気配を感じました・・・。





 時刻は朝の6時前


車は赤信号で停車中


左側には、ガードレールに映った黒い人の影が前から後ろに


すれ違うような形で過ぎていきました。


・・・。


 しかし、そこには人などいませんでした。


光の加減で影に見えたのかな?と思いあたりを見渡した


(矢印は、進行方向の道路)



     ↑

     ↑

     ↑

→→→ 赤 →→→

←←←信号←←←←

     ↑

     ↑

影    ○←しばちゃんの車

     




 しかし見渡し時は


自分の前に車が2台停車してるだけで


ほかの車は、はしっていませんでした。


 その後信号がかわり車をはしらせたので


影がどうなったかわかりませんでした。




 翌日7日土曜日


この日も仕事で同じように車をはしらせ


会社に向かってました。


 気味の悪いことに同じところで


今度は、犬の死骸を見つけてしまいました。


場所は、影がみえた左側ではなく今度は右側の道路わきでした。


 不気味な感じはしましたが何も考えず会社にいきました。


そして・・・。


 その日の夕方、帰宅するため


反対側の側道の道路からバイパスに合流する地点で


さらに不吉というか不気味な光景を見ました。


合流地点にさしかかったところで


 空には、30~40羽ぐらいのカラスが


飛んでました。




 連続してしかも同じ場所でこういう出来事があったことは


今までなかったのでかなり気味が悪いです。


その場所で特に霊的な何かを感じることはできませんでした・・・。

・・・おわり

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-05 16:13:11

怖いというか・・・えぐいかも?

テーマ:怖い話

今日は、怖い話ということで


文章を書くのも手間なので、


とあるサイトをのせます。


これから紹介するリンクをクリックしてください。


そうすると別窓で開きます。


では、覚悟してクリックしてください。


苦手な方は、すみやかにこのブログ閉じるようよろしくお願いします。




















禁断の間・・・へ、ようこそ





















((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル













想像したら怖いよぉ~










ていうかキモイよぉ~





久々の更新がこんなんですまん


( ´,_ゝ`)プッ


アクセス数もっとへりたまえ。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-22 20:15:06

若干怖い話?

テーマ:怖い話

 これからする話は、最近起きた出来事です。


私が、遅番勤務で会社で仕事を終えた時間・・・。


時刻は0時前、更衣室で着替えた後ドアを開けて外に出た。

もう季節は、冬の始まりのせいか、吐く息が少し白かった。

 私は、寒さをこらえながら駐車場の方へ歩いて向かっていた・・・。

ところどころ灯りがついているので、足元は見える


会社の敷地内から外に出るときは、敷地内にあるボタンを押さなきゃドアの鍵が開かない

これは、外から不審者が入らないようにするためのシステムになっている。

 そのドアを開けたところの上には山陽新幹線が通っている。

高架下から駐車場は目の前ですが、ここから明かりがありません。





駐車場は、他にもあるのですが自分の場所は暗いとこにある。

しかも交代制の為、自分の車1台がポツンとおいてあるだけだ。

 いつもと同じようにドアを開けて・・・自分の車の方に歩いてた・・・。

高架下を抜けて駐車場の目の前で、ふと何かを感じ取ってしまった・・・。

・・・・・・。




こんな時間なのに誰かいるのか?

と、疑問を感じた私は、足をとめ辺りを見回してみた・・・。


・・・当然ながら誰もいなかった。


 まぁ、気のせいか~と思い3歩ほど歩いたときに


今度は、明らかに誰かが見てる視線を感じてしまった・・・。


寒い夜の上、さらに寒気がしてきた。


なんだ?誰かいるのか?


もう1度辺りを見回した・・・。






そのときでした。


後ろを振り返ったところに・・・

・・・そう、そこは新幹線が行き来してる場所

地面から数メートル、離れたところなのにかかわらず

女の人が高いところから、私のほうを向いてたんです。


 おもわず、後ずさりをしましたが、体を動かすことができませんでした。

その女性は、見た感じ戦国時代の風貌でした。

時代劇で夜に女性が、睡眠をとるときに着るような服装。

白のような、赤いような、黒いような・・・暗くて判断はよくつかなかったのですが

右の顔が半分なく、髪がバサッと前から落ちている不気味な女性でした。




 相手をじっと見つめて目をそらさず、後ろ向きで自分の車に近づき

車にのりこんだ。車のエンジンをかけたと同時に

車を発進させ、猛スピードでその場から立ち去った。

 その女性は、何かをうったえたかったのだろうか・・・。


しかし私は、そこまで読み取る力はない・・・。

気がかりではあったが・・・それ以降1度もまだ目の前には現れていない・・・。終わり

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-06-19 14:33:06

好評?につき、怖い話し

テーマ:怖い話

この話は、約二年前ぐらいの出来事でした。


夏から秋までの間、通勤往復2時間ぐらいかけての


遠いところに仕事をしにいってました。


場所は、岡山県の御津町の工業団地。


勤務時間は、朝の8時半から夜20時半までの多少長い勤務でした・・・。


とある日。


そこの職場にも多少慣れてきて、社員の方と話しをしていました。


夏場によく、怖い話をTVでしているということで


怖い話についてのトークをしていました。


私は、自分の過去の霊体験の話しをしていた。


すると、社員の人が


「ここの会社も出たのみたことある人がいるらしいよ?俺はみたことないからわかんないけど」


話しによると、


通常勤務の人たちが帰った夜や、交代制の深夜に霊現象がおきていると・・・。


作業中に、ニッパ・スパナ・ドライバーなどの工具が


動いたりしていたらしい。


その会社の外にも、慰霊碑が祭られている。


どうも、自分が行くところには、たいてい霊現象がおきている。


そういう話しを社員としていたときに思い当たるふしがあったのを思い出した。


製品を金型から取り出し


冷却をし、外観検査をするといった、流れの仕事ですが


外観検査の途中、違和感のある物体が目の前をよぎったことがある。


外観検査は、目の前の蛍光灯の灯りを目の前に


異物が混入していないか、奇形がないか検査する作業。


蛍光灯と私の間は数十cmしか離れていないのに、


その間を・・・


白い霧のような物が


ゆっくりとゆっくりと


左から・・・右へ流れていくのをみた経験を話した。


・・・


・・



しかし、これだけでは、終わらなかった。


もっと背筋が凍る程の経験をしたという事を・・・。


それから数週間後の夜の20時あたりでの出来事でした・・・。


通常勤務の人は、ほとんど帰り交代制の仕事をしている人が数人の職場


いつもと同じように作業をしていると


左横の通路を後ろから前に、走っていく子供の姿を見ました。


男の子で、年は、5歳か6歳ぐらいだろう・・・。


あ~子供がなんで会社で走ってんだろうと思いました。


・・・


こんな時間に子供???


誰の子だろう。


まず、この会社で子供などいるはずがない。


しかも交代制の人は若い人ばかりだし。


そう思い、作業している場から離れ


子供が走っていった方向まで、見に行った。


しかし、そこは資材置き場になっていて、外のシャッターも閉まっている。


シャッターを開けなければ、外には出れない・・・。


でも・・・そこに・・・子供の姿はない・・・。


ここですでに額には、わずかだが汗がにじんでいた。


・・・なんだったんだろう・・・。


そう思い、また作業場に戻りいろいろ考えていた。


・・・。


ある事に気が付いた。


その通路の端には、トイレがある。


そう、子供はトイレの方から走ってきた。


しかも過去にここの会社で霊現象がおきた場所は


トイレの目の前の作業場、工具がたくさん置いてある場所だ。


さらに、いろいろ考えてみると・・・。


丁度トイレの横のドアを開け、外に出ると


そこに、慰霊碑がある・・・。


まだ、何かの気配を感じるため


あたりをキョロキョロしながら


作業をしていました。


・・・。


その時でした・・・。


・・・


・・



私の腰のあたりを、ぽんぽんと軽く叩いてくるのを・・・。


私は、一気に汗だくになり、固まっていました。


そうすると子供が


「お兄ちゃん、何を探しているの?」


と、かすかにですが聞こえてきました。


思い切って、ここは振り返ってみようと


深呼吸をして、振り向こうとした時・・・


また声が聞こえてきました。


しかし、次聞こえた声は、重々しい低い声でした・・・。


「僕はね・・・


なくなった左腕を探しているんだよ?」


と・・・。


その言葉を聞いた時は


全身びっしょりの汗だらけだった・・・。


当然、怖くて後ろを振り返ることができませんでした。


その数週間後、私はここを辞めました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-18 04:00:02

怖い話し?

テーマ:怖い話

遅番勤務で、あと定時まで30分だ。


片付け作業をしていた時だった・・・。


なんか異様な雰囲気を感じたのを・・・


私は、見逃さなかった。


でも気にせずに、作業台の掃除、生産計画表に記入


機械の電源などを切ったりしていた。


時刻は、夜中の2時前


最後に、連絡ノートに連絡事項を記入し、


定時になったので、


「お先に失礼します、お疲れ様でした!」


と、いいドアをあけて、更衣室ロッカーの方面に歩き出した。


更衣室の一階には事務所がある・・・。


しかし、これは過去の話し。


ここは数日で退去している事務所。


今はシートが貼られていて、中の様子があまり見えない。


噂では、この事務所でPCを使用していた社員が、


ドアの方に、何かでひっぱられるというような奇妙な出来事があったそうだ・・・。


そのため、雰囲気が悪いということで、今は使用されていない。


しかし私は少し霊感体質のためか。


その事務所よりも、横にあるトイレに違和感を感じていた・・・。


そんな事を考えながら二階の更衣室にいき


早く着替えて、その棟を出た。


外の空気は、じゃっかん生ぬるいものの過ごしやすい気温だ。


駐車場まで、じゃっかん距離がある。


いつもここを通るが、たまに妙なオーラを感じる事がある。


今日、そのオーラを感じてしまった。


しかし、私は、あまり気にしないようにして、


足早に駐車場の方に向かった・・・。


カエルの鳴き声がかすかに聞こえる。


駐車場の周りは田んぼばかりだからだろう・・・。


会社の門を開け、やっとだだっぴろい駐車場についた。


その時だった・・・。


「ニャ~~~~ォォォ。。。」


とても低い声で鳴くネコの声が聞こえてきた。


辺りも暗いため、ネコがどこにいるかわからず驚いてしまった。


丁度目の前に慰霊碑が祭られている。


その横に、先ほど鳴いたと思われる黒猫がいた。


鳥肌がたったものの、特に何もなかった。


黒猫は足早に私の横を通り過ぎた。


時間が夜中だから、駐車場には、数えるくらいの車しかいない。


自分の車に乗り込み、すぐにCDをとりだし、音楽をかけた。


早く奇妙な雰囲気から開放されたいがために


いつもより音量をあげてみた。


ライトをつけ、車を走らせる・・・。


田舎道を走り出したところで、


やたらCDの音がとぶばかりする。


道が悪いため、たまにとぶ事があるのだが、


今日は、いつもよりひどかった。


おかしいな~と思い、いったんCDをとめようとした・・・


その時、バックミラーの方に光が見えたので


CDをとめて、もう一度バックミラーの方に目をむけた


後続車もいないし、周りにこれといった建物の灯りも見えない。


時速は60キロでていたが、なんの光だったのか結局わからなかった・・・。


そのままCDをとめた状態で普通に運転をする体勢に戻した・・・。


その時だった・・・・。


・・・・


自分の


・・・


左肩付近に


・・


妙な光を感じたのは。



会社から、この車の中まで・・・


ついてきてしまった・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。