自由が丘  青い鳥物語

日本一の「切らないたるみ治療」を目指して、
自由が丘に開業したクリニックの一部始終・・


テーマ:
日本美容皮膚科学会雑誌 最新号より

$自由が丘  青い鳥物語

久留米大学を中心としたグループが
サリチル酸マクロゴールピーリングによる
尋常性痤瘡の治療効果

と題した論文で、

サリチル酸マクロゴールピーリングは、
コメド(白ニキビ)にも、炎症性ニキビ(赤ニキビ)にも有効だった

と結論づけています。


皮膚科、美容皮膚科領域では
ニキビ治療にケミカルピーリングが用いられますが、
実を言えば効果があるとする医学的裏付けは乏しかったのです。

それを専門的な表現になりますが、
初めて二重盲検試験というエビデンスレベルの高い方法で
効果を証明しています。

この点では、きわめて高く評価できますし、
これから出される論文で数多く引用されることになるでしょう。


こういう臨床試験を行うのは
膨大な人的、物質的、金銭的負担がかかります。
関係各位のご苦労には心から敬意を表したいと思います。



$自由が丘  青い鳥物語
サリチル酸マクロゴール


あえて建設的な批判として
1)大学から発信されていて、対象疾患もニキビというcommon diseaseでありながら
症例数が37名というのは少なすぎる
2)ニキビを軽症から重症までひとくくりに論じるのは乱暴ではないか
3)顔の半分にサリチル酸マクロゴール、
もう半分はマクロゴールのみの塗布という試験デザインでは
知らされなくても被験者はどちらがケミカルピーリングになっているか分かってしまい、
二重盲検試験という試験デザイン設計が崩れているのではないか、
を挙げておきます。


サリチル酸マクロゴールピーリングについては、
4月19日付け記事もご覧下さい。








坂田修治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります