おうちを大好きな空間にするヒント ~片付け相談所かげいろ~【栃木県宇都宮市】

2013年秋に栃木県で注文住宅を建てました。

大好きなおうちに暮らすのが幸せすぎて、
お客様の家づくりのお手伝いをしたいと思うようになりました。

日々の暮らしや、
整理収納アドバイザーとして、
収納計画やレクチャーをする中での気づきを綴っています。

NEW !
テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------

3ヶ月コースをご依頼いただいたK様から
ご感想をいただきました。

 

チューリップ紫K様の整理収納作業の様子はコチラ↓

キッチン
子ども用クローゼット
本棚

納戸


アンケートに、じっくりじっくり考えて返信いただきました。
じーん、とくる内容でした。


(掲載の許可はいただいております。ありがとうございます)

 

 

黄色い花①整理収納レクチャーをご依頼いただいたきっかけは?

 

前々から自分の家は好きだけど、お部屋の中が気持ち悪い、

過ごしにくいと思っていて、気にしていたのは3年前からです。

 

1年前に偶然にも暁子さんのご自宅おかたづけレッスンに行くことができて

そこで石原さんにお会いできて、やり方から経過内容まで

詳しくじっくりやっていただいたので

石原さんなら、私の家にも来てくれるかなーと思って

お声かけさせていただいたのがきっかけです。

 

お試しもあったし、ダメだったらできるところまででもいいかなーっと

思っていました。

 

 

黄色い花②整理収納レクチャーで印象に残っていることは?

 

印象に残っているというかすべてが印象的だった気がします。

というより、自分の片づけは片づけではないということに気づきました。

どうしてどんなに掃除しても納得いかなかったのかがわかったからです。

あとは、こんなところまではやってくれないだろうということでさえも

石原さんはことこまやく相談にのっていただき、

私の気持ちを聞いてくださったので感謝しかありません。

 

あとは、掃除だけでなく自分の生活スタイルにも

この収納レクチャーが使える気がします。

考えるだけでもワクワクします。

 

パパの収納スペースはまだ終わっていないのですが、

家族会議で決めていく予定です。

娘も後かたづけが楽しみで仕方ない様子です。

まだ小さい1歳の妹に姉のふりして指示しています()

 

 

黄色い花③石原へ一言お願いします!

 

ほんとに遠いところから来てくださってあろがとうございます。
本当の収納を教えていただいて感謝しています。

あんまりうまく言えないのですが、収納の整理で他にもいろいろ
解決できるんじゃないかなんて思っちゃったりして前向きに考えられそうです。

 

今ちょっと気になっているのが、私のクローゼットなんです。

ちょっと自分で頑張ってみようと思うのですが、
またお願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。


-----------------------------
K様、心のこもったご感想を本当にありがとうございます!

このお客様は、訪問するたびに、
いかに整理収納で暮らしが変わってきたかということを
いきいきと語ってくださるものだから、
私も本当に嬉しくて、帰りの車の中は
いつも鼻歌歌っていたような気がします(笑)

とても頑張り屋さんのお客様でしたので、
ご自分でも、何度も何度も家を「片付けてきた」そうなんですが、
この方の場合

・適量を持っているか
・ラクな収納方法になっているか


を見直したら、
今まで自分でやっていたことは
本当の整理収納ではなかったと感じられたそうです。

一をお伝えしたら、十実際にやってくださる、
そんな方でした。

今後も、分からないことがあったらお気軽に
お声掛けいただけたらと思います。

K様、本当にありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------

すまいポート21様設計コンペのOBとして
会員様向けの会報誌「エブリー」で
マイホームでの日常に関するエッセイを掲載いただいています。

3月号が届きました。


今回は、お正月に感じた
「故郷から離れた場所にマイホームを持つということ」
について書きました。

読んでいただけると嬉しいです。
(掲載許可はいただいております。ありがとうございます)

------------------------------

故郷から離れた土地に家を建てる

それはこの街に

帰る場所ができるということ


栃木県に家を建てた私たちは、夫婦そろって関西出身。
夫は全国転勤がないこともない、という職場環境。
本当にこの土地に家を建ててもよいものかと当初随分迷いました。
今回は、お正月に関西の実家に帰省したときに考えた
「故郷から離れた場所に家を建てるということ」についてです。


 

我が家から兵庫県にある夫の実家まではおよそ6時間弱。
長すぎる電車旅にも関わらず、子どもたちは年2~3回

「おじいちゃんおばあちゃんち」に行くことをとても楽しみにしています。

お正月、子どもたちはいつものように、
この帰省がいかに楽しみかを祖父母への手紙にしたためました。

5歳の息子が祖父母に書いた手紙。
「まいにちありがとう。すごくたのしいからずっといたいです。いつもありがとう。」


 

それを受け取る義理の両親は、
今までもらった手紙をすべてコルクボードに貼って飾るという喜びよう。
この滅多に会えないこそのやりとりは、とても微笑ましく素敵なものだと感じます。

義理の両親が孫からの手紙を貼って飾っているコルクボード

 

 

年に数回しか故郷に戻ることができないところに家を建てること、
随分と迷いました。年老いた親と離れて暮らすのは心配が多いし、
何らかの決断に迫られる日も来るでしょう。
夫が転勤になって家を売却することになるかもしれません。

以前暮らしていたアパートは夫の会社が借り上げてくれていたので、
家賃は僅かな負担金のみ。
よく言われる「家賃を払い続けるのはもったいない」ということは当てはまらず、
考えれば考えるほど新築で家を建てることはリスクが大きいように思われました。

 

でも、私たちは家を建てることを選んだ。
相変わらず家を持つことのリスクは減っていませんが、
「我が家を建てること」を経験し、今この家に暮らしていることは、
家を建てることを決める前に想像していたよりもずっと幸せだと感じています。

でもどうしてなんだろう?快適さを求めるなら
設備のよい賃貸マンションでもよかったわけだし…。

帰省から戻り、宇都宮駅に着いたとき「なんかほっとする」と言う夫に、
小2の娘が「私は生まれたのもここだしね。」と言いました。

そっか、子どもたちにとってはここが故郷なんだ。
私たち家族にとっての「帰る場所」が欲しかったというのが、
ここに家を建てた一番の理由だったのかも。

そして、家族一緒にあれこれこだわって建てた家だから、
幸せ感が増しているのでしょうね。

漠然としていた「家を建ててよかった」という想いが、
ほろほろとほどけていった瞬間でした。


我が家の中庭。じっくり考えて建てた家は私たち家族の「帰る場所」


 

 







 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------

我が家の子どものコート・幼稚園の制服やかばんは
玄関ホールからつながり、リビングにも抜けられる
「セカンドリビング」に子ども用のコート掛けを置いて
定位置としていました。

図面の黄色いところにコート掛け。

で、帰ってきて、赤い動線(分かりにくいですね・・・長い方)で
コート掛けに寄って、リビングに来てほしかった。

しかし!子どもはリビングへまっしぐら、が現状
(青い動線)

それで結構な頻度でコートはそのあたりに
脱ぎ散らかしていました。(特に息子)

コート掛けておいで~
おかばんもだよ~
私の声掛けだったり、戒めだったり、ときに怒りだったりは
毎日のこと。

分かってたんです。

動線が長い。
帰ってすぐに上着やかばんを掛けられる場所に
コート掛けがない。

でも子どもが通るところにコート掛けを置く
イコール
生活感見え見え、
「私が」嫌だったんです。

でもこのままではいけないのも分かっていて、
先日移動してみました。


あー落ち着かない。

家具の色が合っていないのも落ち着かないし、
子どものカラフルな上着が常に目に入るもの好きではない。
キャスターもじゅうたんにかかっちゃうし。

そこで私は絵を描いた。
幅はテレビ台の奥行と同じ・・・奥行はあまり圧迫感のない30㎝。
高さはスイッチを邪魔せず、子どものコートを掛けられるくらいで…

こんな、ウォルナット色のシンプルな箱だけ
どこかで手に入れて、簡易コート掛けにしよう!
きっと主人がこれくらいだったら作ってくれる。

あ、でも・・・このサイズ、
カラーボックスだ!

ということで。ネットで3段のカラボをさっそく購入。
あと、100均でキャスターとフック、突っ張り棒も購入しました。


夫に組み立てて~とお願いしたら、大喜び。
(こういう作業が大好き)

私が写真を撮ると言ったら、なぜかゴルゴ13風サングラスを
持って来てかけてた。
かっこつけてるらしいです。全くもって意味不明。


完成!



コートの袖とか、おかばんとか見えるけど、
これくらいは許容範囲。
元のコート掛けをそのまま使うよりずっといい。

発表会から戻ってきた息子も
きちんと戻していましたよ。


ここには本当に超1軍しか置きません。
週1回の体操服などはセカンドリビングです。

子どもの動線的には、ここにあるのがいいのは分かっている、
でも…見た目が嫌だ。

みなさんも、そんな葛藤、ありませんか?

そのときは、歩み寄り、です!
お互いの許容範囲を探り合う。


ちょっと場所譲ってもらうけど・・・
見た目も100点じゃないけど・・・
親と子の両方が、「これならいいんじゃない」と
思えるところを探る。

この作業って、とても大切だなーと感じた
我が家の事例でした。

あ、製作費は・・・1500円くらいかな。


<おまけ>
昨日は年中さんの息子の
幼稚園の発表会でした。

うちの幼稚園は結構今の曲でお遊戯したりするのですが、
息子は ONE PIECE のルフィーの衣装を着て、
NEWSの“Sayaendou”という曲を踊りました。

幼稚園行きたくない、と泣く。
体操教室は疲れるから嫌だ、と泣く。
延長保育の日には、それは荒れる荒れる。

そんな息子がちゃんと踊っていて、しかも楽しそう。

ブラーボ、ブラーボ、
とかいう曲の中で、
私は涙をぼろぼろ流しながら必死でビデオを撮っていました。

昨日はとてもよい日でした。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------

昨日はとっても久しぶりの自宅セミナーでした。

最近、「自宅セミナー」という言い方にちょっと違和感を感じています。
セミナー、というと、何だか知識を授ける、みたいな感じがして。

いや、整理収納の基本の基本はお伝えしているのだから、
胸を張ってセミナーと言えばいいのですが、
実際のところは、
ぺちゃくちゃ整理収納に関して参加者さんたちとおしゃべりして
(昨日はムードメーカーがいらして、いつも以上に笑いが多かった)
うちの収納も一例として見ていただいて、
何か気づきだったり、やる気だったりを持って帰ってもらう、という・・・

私が元々「教える」という立場が苦手なんだと思います。
伝える、とか、一案を出す、とか、一緒に考える、とかを
整理収納に悩む人に対してしたいから…
だから「先生」と呼ばれるのも、こそばくて苦手。

辞書をひいてみた。

 

【セミナー】

小人数を対象とし、討議などをまじえた講習会

(「大辞林第二版」より)

 

少人数だし、討議などをまじえてるからいいのかな。

 

こういうのを起業している人たちの間では「お茶会」とも言うらしいですが、
それもちょっとハイソな感じで違うしなぁ。

 

そんなことはいいのですが・・・

昨日ご参加いただいた方たちから感想をいただきました。

(OKいただいた方のみ掲載させていただきます。ありがとうございます)



黄色い花印象に残っていることは?
同じカテゴリでも使う頻度で置く場所を変えることで
使いやすくなることが印象深かったです

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
頻度を考えてもう一度定位置を変えていきたい!

黄色い花石原へ一言!
何度お話を聞いても毎回新しい発見があり、今回も勉強になりました!
とらわれをとっぱらいたい!
石原さんのここちよいお話にうっとりし、長居してしまいました・・・
おうち、いごこちよかったです。


黄色い花印象に残っていることは?
整理・収納・片付けの区別があることを知りました。
すっきりと使いやすく、家族の理解も必要ですね!!

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
まず、キッチンの調味料をすべて出し、分別の大切さ

黄色い花石原へ一言!
自宅にいらしていただきたいです


黄色い花印象に残っていることは?
整理・収納・片付けの違いについて

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
頻度別収納・子どものおもちゃのグルーピングなど
とても参考になりました。
我が家の1階にある洋室を(別名・開かずの間)
セカンドリビング的なものにしてみたいと思いました。

黄色い花石原へ一言!
石原さんと実際にお会いできて、イメージ通りの優しい先生で、
説明もとても分かりやすく、勇気を出して参加してよかったです。
また勉強させてください。


みなさん、ありがとうございます。

私はやっぱり、実際にお客様のお宅にお伺いする時間を
最優先したいので、
自宅セミナーを開催する日が現状なかなか取れないのですが、
これだけ気づきを持って帰ってもらったり、
さっそく「変えてみました~」と写真を送ってもらったりしていただくと、
これからはちゃんと定期的に開催した方がいいのかなぁ
なんて思ってしまいます。

そのときは「自宅セミナー」よりもっと、この雰囲気が
伝わるような名前にしたいなぁ。

自宅の整理収納をやる気にする会?
整理収納をネタにおしゃべりしようの会?

・・・センスないなぁ。
やっぱり「自宅セミナー」か。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------

昨日はとっても久しぶりの自宅セミナーでした。

最近、「自宅セミナー」という言い方にちょっと違和感を感じています。
セミナー、というと、何だか知識を授ける、みたいな感じがして。

いや、整理収納の基本の基本はお伝えしているのだから、
胸を張ってセミナーと言えばいいのですが、
実際のところは、
ぺちゃくちゃ整理収納に関して参加者さんたちとおしゃべりして
(昨日はムードメーカーがいらして、いつも以上に笑いが多かった)
うちの収納も一例として見ていただいて、
何か気づきだったり、やる気だったりを持って帰ってもらう、という・・・

私が元々「教える」という立場が苦手なんだと思います。
伝える、とか、一案を出す、とか、一緒に考える、とかを
整理収納に悩む人に対してしたいから…
だから「先生」と呼ばれるのも、こそばくて苦手。

辞書をひいてみた。

 

【セミナー】

小人数を対象とし、討議などをまじえた講習会

(「大辞林第二版」より)

 

少人数だし、討議などをまじえてるからいいのかな。

 

こういうのを起業している人たちの間では「お茶会」とも言うらしいですが、
それもちょっとハイソな感じで違うしなぁ。

 

そんなことはいいのですが・・・

昨日ご参加いただいた方たちから感想をいただきました。

(OKいただいた方のみ掲載させていただきます。ありがとうございます)



黄色い花印象に残っていることは?
同じカテゴリでも使う頻度で置く場所を変えることで
使いやすくなることが印象深かったです

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
頻度を考えてもう一度定位置を変えていきたい!

黄色い花石原へ一言!
何度お話を聞いても毎回新しい発見があり、今回も勉強になりました!
とらわれをとっぱらいたい!
石原さんのここちよいお話にうっとりし、長居してしまいました・・・
おうち、いごこちよかったです。


黄色い花印象に残っていることは?
整理・収納・片付けの区別があることを知りました。
すっきりと使いやすく、家族の理解も必要ですね!!

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
まず、キッチンの調味料をすべて出し、分別の大切さ

黄色い花石原へ一言!
自宅にいらしていただきたいです


黄色い花印象に残っていることは?
整理・収納・片付けの違いについて

黄色い花実践してみよう!と思ったことは?
頻度別収納・子どものおもちゃのグルーピングなど
とても参考になりました。
我が家の1階にある洋室を(別名・開かずの間)
セカンドリビング的なものにしてみたいと思いました。

黄色い花石原へ一言!
石原さんと実際にお会いできて、イメージ通りの優しい先生で、
説明もとても分かりやすく、勇気を出して参加してよかったです。
また勉強させてください。


みなさん、ありがとうございます。

私はやっぱり、実際にお客様のお宅にお伺いする時間を
最優先したいので、
自宅セミナーを開催する日が現状なかなか取れないのですが、
これだけ気づきを持って帰ってもらったり、
さっそく「変えてみました~」と写真を送ってもらったりしていただくと、
これからはちゃんと定期的に開催した方がいいのかなぁ
なんて思ってしまいます。

そのときは「自宅セミナー」よりもっと、この雰囲気が
伝わるような名前にしたいなぁ。

自宅の整理収納をやる気にする会?
整理収納をネタにおしゃべりしようの会?

・・・センスないなぁ。
やっぱり「自宅セミナー」か。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。