おうちを大好きな空間にするヒント ~片付け相談所かげいろ~【栃木県宇都宮市】

2013年秋に栃木県で注文住宅を建てました。

大好きなおうちに暮らすのが幸せすぎて、
お客様の家づくりのお手伝いをしたいと思うようになりました。

日々の暮らしや、
整理収納アドバイザーとして、
収納計画やレクチャーをする中での気づきを綴っています。

NEW !
テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------    

昨日は、お試し2時間コースのお客様でした。

パントリーの整理収納をご希望で、
事前にお写真をいただいていました。
 

黄色い花最初


ご厚意でお写真の掲載はOKいただいております。ありがとうございます。

事前に減らせるものは減らしておいてくださいね、と
お願いしていました。

 

 

 

黄色い花減らした後


昨日お伺いしたときは、この状態でした。

食器・食品類はほとんどキッチン背面の食器棚に収納されているので
ここはリビング収納という感じ。
きちっとされた方だな、
きちっとされたい方だな、という印象でした。

お客様は、「何か気持ち悪いんです・・・。」とおっしゃる。
減らしたけど、気持ち悪い・・・。

どこに何が置いてあるか、詳しく聞いていきます。

そうすると、整理収納のステップ
減らす⇒分ける⇒収納する
の「分ける」が少しあいまい
で気持ち悪いんだな、と
感じました。

引出しタイプの収納に分けてるけど、
ラベリングもしているけど、気持ち悪い。

それは、中分類ができていないからです。

「折り紙・マッキー」というラベリングはされているけど
ペン類とは別の場所にある。

「切手・ハガキ」という場所はあるけど
封筒類とは別の場所。

この「なんとなく同じ香りのする仲間同士」を
細かい小分類に対して中分類と言います。


この中分類は、何となく同じ場所にあった方が
しっくりきます。

 

 

黄色い花レクチャー後



見た目はあまり変わっていませんが、
あれこれ言いながら移動をしました。

 

 

 

 

黄色い花説明



この「分ける」を感じてもらった後で、
細かい引き出しの中身もすべて出して、もう一度分けたら、
もっとしっくりくる分け方があるかもしれません。

何か気持ち悪いな、と思ったら、中分類、
見直してみてくださいね。

 

 

-----------------
今回のかげいろレクチャー

チューリップ紫おうちを大好きな空間にするための
  整理収納レッスンお試しコース
  
チューリップ紫場所:パントリー

チューリップ紫時間:2時間

チューリップ紫費用:¥5000

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------     

昨日、工務店さんの新築時収納計画を
お手伝いしているお客様から、ラインでこんなことを
聞かれました。

「石原さんは、スケルトン階段の下、
 どんな風に使っていますか?
 (同じような階段が計画されているけれど)
 何だかうまく使えずもったいない気がしてきて・・・」

私は、我が家を建ててもらった工務店さんから
収納計画のお仕事をいただいているので、
そこのお客様からすると、私はいわば先輩にあたります。

先輩、というと何だかエラそうですね・・・
同じ工務店で建てた経験者、です。
だから、実際どうなの?を聞けていいですよね。
(自分で言う)

我が家のスケルトン階段、はこんなのです。
LDK:玄関側から

お客様の家にも同様の階段が設置予定です。

我が家では、この下には、クリスマスツリーを飾ったり・・・
クリスマス飾り2015

お雛様や兜を飾ったり・・・
こたつ布団カバー

一時的にクレープやさんがオープンしたり・・・
クレープパーティ4
クレープパーティ5

そんな感じで使われています。
何かしらが飾られたりしているのは年の1/3くらいかな~。

つまり、「なくても別に困らないスペース」です。

オープン階段って憧れるけど、
階段下収納がなくなっちゃうのよね、と
おっしゃる方もいます。

隙あらば収納を作ろう、と意気込んでいらっしゃる方も
いらっしゃいます。

でも私は個人的に、ぴちっとしすぎた、
まったく無駄なく収納で埋め尽くされた家は
あまり好みではありません。

もちろん、家の面積で、そうしないと
必要最低限の収納も確保できないおうちもありますし、
都会だとそういうおうちが大半なのかもしれませんね。

でも、その収納内のモノ、本当に必要なモノですか?
必要なモノだけ持つとしたら、その収納、必要ですか?


お客様にも、我が家階段下の使い方をお伝えして、
このように答えました。

「○○さんのお宅は、十分収納スペースは確保されています。
 スケルトン階段は、それだけでデザイン性が高いものですし、
 その下は頑張ってうまく使おうとしないで、
 家のゆとりの部分として残されてはどうですか?」


「収納」は、おうちでの暮らしを支える、
縁の下の力持ち、的な存在であるべきだと思う。


たまにチラシで、収納を主役にした
建売住宅も見かけるけど、なんだかなーと思う。

マンションや建売りは、より多くの人に合わせて設計されるから、
この売り方は正しいのだろうけど、
こういうチラシを目にしてきた方たちが、
もし自由設計で家を建てることになって、ヒアリングをされたとき、
収納!収納!ってなっちゃったら
残念だな、なんて思っちゃう。(心配しすぎ?)

自由設計でマイホームを建てる方は、
理想の暮らしとか家族の在り方があって、
それを実現させるための収納は?という順番で
ぜひ考えてほしいな、と思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------     

昨日は3カ月コースのお客様、
ヒアリング後初めての訪問でした。

前回家中を見せていただき、
玄関で「減らす」「分ける」を体感していただいたお客様。

その時の様子はコチラ

その後、計画書をお送りして、まずはキッチンから
始めることになりました。

昨日お伺いする前に、「減らす」を頑張っておいて
くださいね、とお願いしました。
キッチンも、前回少しは一緒に「減らす」ができたので、
イメージは掴んでいただいていました。
 

黄色い花ビフォー

写真掲載可のプランのお客様です。ありがとうございます。

 

 調理台にモノが置かれているので、

料理をするとき狭いだろうな、というのが最初の印象です。

 

それはどうしてかと言うと、

床にモノが置かれていて、収納の扉が開けにくいから。

黄色い花ビフォー

 

出すものは、大体手の届くところに出してあるから、

それでもそんなに不自由はしません。

黄色い花ビフォー

でも、収納の中を使いたいなぁ、

本当はできるだけ出しっぱなしにしたくないのになぁ、と

お客さまは思ってらっしゃいました。

 

そのためには、まずはひたすら減らすこと。

減らして、収納の中を必要なモノだけにすれば、

今出ているものも収納できます。

 

黄色い花ビフォー

 

頑張って、減らしておいてくださいました。

 

昨日の作業は、減らしておいた、必要なものを

全出しすることからスタートです。

 

黄色い花途中

 

仲間に分けながら、出していきます。

 

そして、この引き出しには、こういうモノを入れる、と決めて

収納していきます。

 

黄色い花途中

ひとつずつ「これはこの引き出しでいい?このケースでいい?」

と吟味。

 

使用頻度と使いやすさで決めていきます。

 

黄色い花アフター 一部ですが…

シンク側のアフター取り忘れましたが、

調理台上には、塩・砂糖・しょうゆ・キッチンペーパーだけを

置いてもらいます。

 

菜箸やおたま類は、今は出しっぱなしがよいということで

コンロ台付近に出していますが、もし「使うものをしまう」ことに慣れたら、

この最後の写真の、調理台下の一番上のこのすかすかの

スペースに収納されてもいいな、と思っています。

 

出しっぱなしも、必要性があればいいのですが、

調理台は特に、モノを出している分、掃除がしにくくなるし、

調理のスペースが狭くなります。

 

収納の中に普段使うものを

出しやすいカタチでしまっておければ、

掃除も楽だし、広々と使えますね。

 

昨日のお客様は、今までずっと出しっぱなしだったから、

これから色々「元の場所にしまう」ができるか、

不安がっていらっしゃいました。

 

ストレスなく戻すことができる仕組みができていれば、

戻せるようになります。

でも・・・「慣れ」は必要だと思うので、しばらく

戻そう、戻そう、という意識が必要ですね。

 

でもそのうち、自然に戻せるようになると思います。

 

一見面倒なようだけど、その分、いろんなものが

出しっぱなし、よりもストレスは激減します。

 

モノそれぞれに指定席が決まっていて

さっと取り出せる・・・

とても快適ですよ。

 

-----------------
今回のかげいろレクチャー

チューリップ紫おうちを大好きな空間にするための
  整理収納レッスン3ヶ月コース
  (ヒアリング込み 4回中2回目)

チューリップ紫場所:キッチン 本体・背面収納

チューリップ紫時間:2時間

チューリップ紫費用:(4回トータルで)¥26000

 

ありがとうございました。

 

クローバー三か月で理想の住まいを実現する!

整理収納レッスンの詳細はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して

心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------     

昨日はトチカタメンバーで月一のミーティング。

 

だいたいいつもスタバでするのですが、今回は、

フェイスブックでいろんなお友だちの投稿に登場していた

みなみの健康館に行ってみました。

 

 

左:わたし 右:近藤千春さん

右:堀中里香さん

 

お米、卵にこだわった、卵かけごはんランチをいただきました。

私は子どもの頃から卵かけごはんが大好きなのです。

 

 

オープンして半年というこちらの施設。

 

オーナーさんが、食材について、アクティビティ施設について、

イベントについて、初対面の私たちにも

目をキラキラさせながら、本当に楽しそうに話してくださるので、

私は途中から、このオーナーさんにすごく興味がわいてきてしまいました。

 

手作り作家インタビューをするようになってから、

その人が歩んできた道、とか、何を叶えたくて今の仕事をしてるか、とかが

とても気になるようになったのです。

 

「ところでオーナーは、この施設をオープンなさる前に

何をされていたんですか?」

いきなり質問する客。ヘンですよね。

 

でも、オーナーさんは、やっぱり熱く語ってくださいました。

 

福祉施設を立ち上げ、20年介護の仕事をしてきたこと。

たくさんの人を看取る中で、体の健康だけでなく、心の健康も

大切だと感じたこと。

そのためには食も健康でなければいけないということ。

働く自分たちも。

 

一度今のような施設を作りかけたけど、時代が早すぎたこと。

たくさんいろんなことを勉強したこと。

取引先も駆けずり回って開拓したこと・・・。

 

溢れんばかりの言葉で語ってくださいました。

 

 

それを聞いていて思ったのは、

やっぱり熱い想いを持ってカタチにしている人はキラキラしてるし、

人が集まってくる。私も寄って行きたくなる。

 

私の仕事は、お客様の暮らしを輝かせるもので

決して自分がキラキラするものではないのだけど

(私の仕事、というより、私のタイプか?)

熱い想いは秘めていたいなーと思う。

 

「お客様に影のように寄り添い、

 整理収納を通じて、暮らしにいろどりを」

片付け相談所かげいろの、熱い想いです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

整理収納を通して
心地よい空間づくりのお手伝いを。
栃木県宇都宮市の「片付け相談所かげいろ」
石原智子です。

--------------------------------------    

昨日はご自宅整理収納レッスン3カ月コースのお客様、

3回目の訪問でした。

 

家全体を暮らしやすい空間に整えていく上で

とても大切なのは、全体のモノの配置。

どの収納に、何を仕舞うか。

 

もっと広い範囲で言うと、家電をどこに置くか、とか

テーブルの場所はここでよいのか、とか、

この部屋の使い方はこれでいいのか、というところまで

話は及びます。

 

私は、1回目のヒアリングの後に、

このあたりを提案書としておまとめしています。

基本的な配置は、現状でOKな方もいらっしゃいますし、

結構モノを入れ替えた方がよいお客様もいらっしゃいます。

 

昨日のお客様は、初回訪問時から、

決して家が乱れているわけではないのですが、

配置のせいで動きがスムーズでありませんでした。

ご本人もそれを自覚されていました。

 

たとえば、ダイニング横のこのスペース

黄色い花ビフォー ダイニング横

お写真掲載可プランのお客様です。ありがとうございます。

 

とてもいい場所なのですが、収納されていたのは

そんなに読んでない本とか、う~ん、ここでなくてもいいですね、と

本人もおっしゃるもの。

 

もう一か所、少し離れたところにも収納がありました。

黄色い花ビフォー洗面室横

こちらにお子様がよく使う文具や勉強道具がありました。

 

春から小学生のお子さま。

宿題をすることを考えても、ダイニング近くに

このお子さまセットがあった方が、

自分で出し入れしやすいに違いありません。

 

この収納には、こういうものを…とお伝えして、

昨日の訪問前までに、不要なものは減らし、

入れ替えておいてもらいました。

 

黄色い花途中 ダイニング横

 

昨日私がやったことは、これを使いやすいように配置しなおす

だけです。

 

黄色い花アフター ダイニング横

 

どう置いたら、お子様がアクション少なく、ラクに取り出せるかな、

を考えます。

粘土セット。

この箱を取り出せば、すぐに粘土が始められます。

型が入っているフタ付の箱は、お菓子の箱など、

フタがついていないものに変えた方がアクションが少なくなります。

 

お絵かきセット。

このカゴを出せば、色鉛筆類がさっと使えます。

 

このあたりのグルーピングは、簡単にできるので、

ぜひやってみてくださいね。

 

でも、グルーピングだけやるんじゃだめで、

それをどこに納めるか、がとても大切です。

繰り返しますが。

 

基本は、使う場所のすぐ近く、ですね。

この、家族間でのバランスが難しいですが、

お子さまを優先してあげるとよいでしょうね。

 

 

洗面所前の収納も、事前に頑張って減らして

入れ替えてくださいました。

 

黄色い花洗面所前収納 途中

 

こちらは、小さい引き出しがたくさんついた収納グッズの

中が気になり、どんな分類でしょう?と聞くと、

「何となく~」とのことでしたので、一度全部出してもらいました。

 

 

こういう小さい引き出しって、ついつい空いているところに

モノを入れちゃって、結局どこに何が入っているのか

分からなくなりがちです。

 

きっちり分けて、ラベリングです。

 

無理に細かく分類しすぎない方がいいですね。

ざっくり大きなカゴ等に収納しておいた方が

結局は分かりやすい場合もあります。

 

アフター取り忘れですが、こちらの収納は、

主に大人が使うものが取り出しやすくまとまりました。

 

 

このお客様は、とてもきっちりしてらっしゃって、

整理収納ブログなんかも読まれている様子。

でも我が家の場合はどうしたらよいのか分からない、

とのことでご依頼くださいました。

 

こういう頑張り屋さんは、方向性をお伝えすれば

ずんずんご自分で変えてくださるので、

あぁほんとにヒントが欲しかっただけなんだなぁと思います。

 

お手伝いできてよかった。

次回最終回はキッチンです。
O様、あと少し頑張りましょうね~
 

-----------------
今回のかげいろレクチャー

チューリップ紫おうちを大好きな空間にするための
  整理収納レッスン3ヶ月コース
  (ヒアリング込み 4回中3回目)

チューリップ紫場所:ダイニング横収納・洗面台横収納・

     洗面台収納

 

チューリップ紫時間:2時間

チューリップ紫費用:(4回トータルで)¥23,900

(クーポン利用で10%オフ)

 

ありがとうございました。

 

クローバー三か月で理想の住まいを実現する!

整理収納レッスンの詳細はコチラ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。