アメリカ大使館のビザ申請の待合室で、

ヒマすぎるので(?)、

周囲の人々を観察するようになります。


たぶん、みんなしてると思います・・


家族連れ、赤ちゃん連れの人、

なんか知らないけど3~4人で来てる人、

スーツ来たサラリーマン・・・


もちろん、アメリカに関係する人なので日本人だけではなく、

いろんな人がいます。

ヒスパニック系の方も多いかな。


なかでも、

中国人や韓国人らしき人の名前が多く呼ばれることに驚きます。


たぶん、日本では日本名を使っておられる、在日の方々。

日本語も流暢で、面接官の方と日本語で話しています。

っていうか、個人的には私たちと外見同じです。


いろんな人がいるな、って見ていると、

自分が、「ビザを取るには恵まれている」ことに気づきます。


まずもって、

うさんくさい外見を持ち合わせてしまっている人っていうのはかわいそう。

ま、ビザを取るときぐらい、もう少しまともな格好で来たらいいのに、とも

思っちゃうけど。


それ以上に、台湾の方の面接が自分に響きました。


どうやら観光ビザをとるだけのようなのですが、

「あなたの持っている身分証明書は、アメリカの法律では身分証明として認められて

 いませんので却下です。」


「そんな、、、台湾のパスポートは、台湾に住んだことがある人にしか

 発給されないのです。だから私はこれしか持っていないのです。」

(きっと、この方は日本で生まれ育ったから台湾のパスポートをもてないらしい)


「でも、アメリカではその書類では認められないのです」


「観光だけなのに・・・」


10分以上のやり取りがあった後、

彼女は書類を全て返却され、唇をかみしめて大使館をあとにしました。



・・・それってどうなのよ!


じゃ、あの人がアメリカに観光に行くためには、

まず台湾に住まないといけないってこと???

台湾に住んだら、すぐに発給されるの??

されないのかも・・

住むって定義は何?!?!


あの面接官さんが悪いわけじゃない、

そして申請していた彼女が悪いこともひとつもない、

それでも、お互いに決められたルールのために、前に進めない。


私は、そこにいた彼女より優れているということもないし、

同じ日本の土地に生まれて育っている点で差はひとつもないのだけれど、

自分ではどうしようもないことのために彼女は却下されて、

私は簡単に発給される。


さらに考えをめぐらせると、

私は、世界中のどこにでも行くことはできるけれど、

ムスリムの人たちの行かれる国っていうのは、とっても限られている。

もちろんそれを望んでいないかもしれないけど、

豚肉を食べる国にはまず、行けないものね。


これが、

どちらが幸せかということの定義づけにはならない、

それでも、少なくとも自分たち日本人はあふれるほどの自由をもらっていて、

ただ使っていない、もしくは使い方を知らないだけなのだ、という気がしてきます。


AD

面接当日①編を読んでない方は、こちらもどうぞ♪


アメリカ大使館 J1ビザ取得~面接当日①編~

http://ameblo.jp/0613akikan/entry-10204487047.html



で、面接です。


笑顔で挨拶したら日本語になるかも!というアドバイスを鵜呑みにして

笑顔を向けてみたものの、

面接官さん、こっち見てないし(撃沈)


で、結局フツーに英語面接です。


以下、質問内容。


1:どこでトレーニングを受けるのですか?

  (書類の住居の欄に、地域が書いてないので)


2:トレーニング企業の名前は?


3:それは旅行会社ですか?


4:何の会社?


5:日本でこの業種で働いたことがありますか?


6:なぜ、この業種で働いていたなら働き続けずにトレーニングに行くのですか?


7:帰ってきたらどうしますか?


8:一つ目の会社を辞めてから、二つ目の会社に入るまでの6ヶ月間、何をしていたのですか?



やはりいくつかのNGワードひっかけ問題が入っており、

それを潜り抜けてビザ取得。


私の受け入れ企業の社名に「Tour」という単語が入っており、

その企業名では旅行会社だと勘違いされます。

もし旅行会社へのサービス業系のインターンなら、12ヶ月のビザしかおりないのだそう。

でも、私はあくまでマーケティングとセールスを勉強しに行く、ということで、

18ヶ月の申請中。


それから、

最後の質問は想定外だったのでちょっと驚き。


えーと・・・実家に帰ったんです。父が病気だったので。


って言ってみたら「りょうかーい、じゃあビザ発給するね~一週間で手元に届きます」


ありがとーバイバーーイ



で終了!



どうやら、ここでアメリカに長期行ってたりすると、あらぬことを疑われるらしい。

観光ビザで働いてただろー、とか、彼氏つくったやろー、とか。


すごく驚いたのだけど、

同じ質問でアメリカに行ってた方が、どうやら当日、落とされたらしいのです。



でもね、

ビザ申請書類には「渡米歴」も書かされるので、

うそを言うわけにも行かないしアメリカに行ったって言っちゃうよね?

そうしたら却下、なんて、ひどすぎる・・

あらぬこと、なのに。


自分は「正当な理由で申請してるのだから、発給されて当たり前」って

思ってたけど、

決してそうはいかないことを知って、またひとつ「オトナの事情」を実感。


うーむ。。



AD

これは、

2009年2月5日に、

アメリカ大使館(東京)へJ1ビザ取得に行ったときの、

一連の流れです。


それまでの間に、

必要な書類を準備して面接予約をオンラインでしなければなりません。


ということで、

アメリカ大使館のWebsiteを開き、手続きした上で、

時間が決まります。


私は、2月5日8:45。

朝、はやすぎるやろーー


しかも、大都会東京で迷うかも、と思い、

8:10に最寄の溜池山王駅到着。


大使館に着いたのは8:20。


すでに20名ぐらいの行列。


まず、空港と同じセキュリティチェックの小屋があるので、

ここで食べ物・飲み物・電子機器系は預かってもらい、

ゲートを通過します。


通過するとなんのサインもないので、

一瞬どこにいけばいいのかわからなくなりますが、

すでに「書類申請の人っぽい列」が15m先にできているので、ここに並びます。



で、その列の先頭がパスポートなどのサービスセンター建物入り口となっていて、

入り口に入るときに、

ものすごく素早い動きのお姉さん2名が、

自分たちの持ってきた書類のチェックをしてくれます。

早すぎてちょっとコワイ感じのお姉さん。そりゃそうだよな、こんな仕事を延々・・


と公務員への尊敬を感じつつ、

書類をそこで渡して中に入ると、

総合病院の受付みたいな待合室があります。


待合室の奥がカウンター。

指紋採取のカウンターと、面接カウンターに分かれており、

総合病院と、銀行と、ハローワークを足して割ったような感じです(?)。


まず指紋を取って、

その後面接。

どちらも名前を呼ばれるので、呼ばれるまでひたすら待つ。

トイレありです(←添乗員さんぽい情報提供・・・)。

しかも、英語と日本語両方のテレビがついてるので、割とヒマをつぶせます。


指紋までの待ち時間、私は50分。 ふぅ


最初は緊張してるのだけれど、だんだん疲れて無心になってくる。


指紋から面接までの待ち時間、 私は45分。 ふぅ・・・・・・


トイレ行きたくなってきた・・・でもその間に呼ばれたらヤダな、

どうしようかな~ と思っていると呼ばれる。

「 akikan サン、 8バンへオネガイシマース」

って、めっちゃ日本語やないのーって思うのだけれど、

面接は英語。


面接 3~4分。

イミグレ(入国審査)のカウンターに立って話す、あの感じです。

だから、待合室の人がみんな見てる状態ですが、

それぐらい、いわゆる面接らしい感じでは、ナイです。


面接は「ビザ発給するよー」か「ダメだよー」のどちらかなので、

すぐに結果が分かります。

分かったら帰る。

以上。


そのときに提出している書類(パスポートとか)は、

郵送で返却してくれます。


Jビザだけじゃなくいろんなビザを発給してるので、

日本語でやりとりしてる人もいれば、英語だけの人もいます。

たぶん、Fビザ(学生ビザ)とか短期商用ビザとか目的がはっきりしてる人は短い。


最初は何も分からず座ってるのですが、

ヒマなので人の面接を見ていると、だんだん合否が分かってくる。


書類一式を返された人は却下、

白いプリントをもらった人は発給。


あーん、白いプリントほし~い


と思っていると、自分の番がやってくるのです・・・

(長いので二つに分けます。すぐつづく)








AD

私、ビザを取りに行ったの初めてだったんですが、

J1ビザ取得には面接があります。


これまでは観光ビザで、しかも会社が取ってくれてたからね~


アメリカ大使館(東京)か、領事館(大阪)に行って、とる。


書類を出してはんこ押して終わり、ならラクなのだけれど、

入国の目的とか滞在期間とか聞かれるので、

きちんと準備していかないといけません。



「聞かれたことに答えればいいだけでしょ?

 それなら準備なんてイラナイじゃないのっ(怒)」



と思っているアナタ、そうではないのですよー


ま、何を隠そう私もそう思ってたのですが。



移民大国、不法滞在大国アメリカとしては、

「目的のない人間がめちゃくちゃ流入しちゃってる」わけで、

正しい目的のもと、正しい期間の申請をしていただかないと受け入れません、

とのことで、

申請書類をもとにいくつかの質問をされます。


Jビザ(研修生ビザ)にも、こてを言ったら「秒殺!」のNGワードがあります。

以下の回答は全てNG!


1: 働きに行くのですか?  → はい  


2: アメリカに知り合いがいますか? → はい

   それは異性ですか?   → はい


3: 研修後、どうするのですか?  → 向こうで就労ビザとれたらいいな


4: 日本でどんな仕事してました? → マネージャー系(管理職)やったことあります/

                          今回行く会社とは全然違う仕事でした


5: 採用面接は英語?日本語?

   現地企業の指導者は日本人? 

   現地企業の会社の公用語は日本語?

   などなどの現地の日本に関する質問  → 日本語、日本人という回答


6: アメリカに語学留学したことがありますか? → (観光ビザで入国) はい



このあたりでしょうか。


このビザでアメリカに行く人は、

あくまで現在の仕事では活躍の範囲が限られていて、

アメリカで「世界一のビジネスを学び」、

日本に帰ってきてさらなる活躍をする目的でなければならない、とういことで、

それにそぐわない回答は一発却下なのだそう。


だから、向こうに友達がいまーす、ということをにおわせた瞬間に却下、

(異性の友達=彼氏彼女だと思われ、不法滞在のにおいプンプンなので)


日本では結構えらかったでーす、という方も却下、

(じゃあ日本で活躍しろよ、ってことで)


観光ビザで3ヶ月以内の滞在で語学学校とかに通った人も却下。

(ただしいビザの取り方してないじゃないか!)



なのね。



注意しなければいけないのが、「言い間違い不可」なので、

日本人にありがちな、「なんて言ってるか分からなかったからテキトーに答えた」も

キケン。

あとから「あ、友達いないのー」って言ってもウソにしか聞こえないもんね。



面接は、東京はほぼ間違いなく英語、

大阪はときどき日本語、ときどき英語、なんだって。


私のように両方の地域の間にすんでる恵まれた人間はどちらでもいいのだが、

「大阪に行って英語だったときの凹みっぷりを考えたら、最初から英語で面接したほうがいい」と

思い、私は東京に行って来ました。


私のような英語未熟人間でも、

「英語の発音やスピードについては問われない」と聞いて、安心できました。

また、

分からなければ聞き返せばよい、とも言われたので、

それなら困ることないわけです。


困るのは、英語の試験のように「え?今リスニングの問題聞き逃した!」って思っても、

もう二度とその問題に戻ってきてくれないこと。


心構えとしてイチバン大事なのは、

「落ち着いて、自分の目的を筋道立てて話せること」かなぁ。


普通に面接を受ければ、普通に通るわけなので、ね。


観光ビザじゃなくて、

ちょっと長期で海外に行きたいなぁ~


と考えると、なにかしらのビザを取る必要が出てきます。


ビザなしで6ヶ月滞在できる国だったらそれほど問題ないけれど、

英語を勉強しよう、とか、

向こうの生活を感じてみよう、とすると、

やはり1年ぐらい行きたい、と考えるようになります。


で、

私が選んだのが、アメリカのJ1ビザでした。


最初はね、ワーホリ(ワーキングホリデー)とかのビザを考えます、

誰でもそうかな、と思うのです。


でも、ワーホリのビザを発給してる国は、

オーストラリア、カナダ、イギリス、韓国、ドイツ、などなど・・

ということで、アメリカはないのです。


ドイツもいいなぁ、ドイツ語勉強してたし(もう忘れたけど)。

と思ったのですが、

ドイツ語ってやっぱり、ヨーロッパの3番目の言語程度なわけだし、

(まず英語、次にフランス語、そしてドイツ語)

世界で多くの人に話されてる言語としてはスペイン語とかの方が

自分の住んでる地元的にもイイし。。


そもそも、ドイツ語学んで何したいか不鮮明だし・・

英語はね、公用語ですからネイティブでなくても読み書きそろばんの気持ちですけど。


じゃあ、アメリカで働くか!

とはいっても、就労ビザ=Hビザをとって働かなければいけないのだけど、

それはムリ!と気づく。


たとえばね、

日本食レストランの住み込み、とかやるならいいけれど、

自分にその能力ないですからね・・


そんなことを考えているときに、

Jビザというのがあることを知ったのです。


もともとは、日本の会社のサラリーマンさん向け海外研修ビザ、だと思います。


私の友達も、

大手の電器メーカーに勤めていて、

Jビザで1年間、アメリカに研修に行ったのだそう。

あくまで、帰ってきて日本でその経験を生かすためのインターンビザです。


研修ビザなので給料は出ませんが、

手当てのようなものがもらえます。これが言わば生活費にあてるものとなり、

一人前の給料に近い金額を出してもらえる人もいれば、

ほとんどナシ、とか、時給みたいな感じのサービス業系給料の人もいます。


私は、遊びは一切なしでぎりぎり生活できるかな、という感じの給料になりそう。

遊びは、汗と涙の添乗員さん時代の貯金でまかなうことになります(汗)。


メーカーの友達は会社の異動的な意味合いで行ったので、

給料も出るし、住宅やら渡航費やらも手配してくれるし、

なんだか非常に楽しかったらしいが、

このテの研修と、私のように仕事を辞めて新しい会社に受け入れてもらう研修では、

資金面に大きな差があります。


私は、渡航費、ビザ申請費、保険料、

その他もろもろを全部自分で出していくのです(涙)


しかも、採用されるまでもタイヘン。


自分で受け入れ企業を探してもいいのですが、

どんな会社がJ1ビザ受け入れOKなのか分からないので、

自分で探すなら、ある程度の労力(お金と時間)が必要。


もし、仕事をしてお金を貯めながら、ということなら、

代理店にお願いしたほうが手っ取り早いのは事実です。

私は、代理店にお願いして企業を紹介してもらい、

不採用なら別の会社、ということで4社ぐらい、受けました。


結果、思ってもみなかった会社に行くことになりましたが、

社長がまともそうなのと、会社にお金とデータの資産がありそうなので、

偶然の出会いを楽しみにしています。


私自身、

Jビザでの渡航を考え始めてからすでに1年が経っています・・・


昨年1月 資料請求

4月    プログラム申し込み

6月ぐらい? 採用面接開始

10月下旬 採用企業決定

11月から  DS2019(というビザに必要な書類)申請開始

1月中旬   DS2019発給

2月5日    J1ビザ取得

2月中旬   出発


という流れです。        


添乗員さんという仕事をしていると、

お休みが不定期すぎて面接が入れられないという欠点があったことと、

1社で決まらず(不採用)、4社も受けて時間がかかったのと、

書類申請が年末年始にまたがってしまい、

時間がおそろしくかかったというのが、1年経過の原因でしょうか。


それでも、働きながらお金を貯めることはできたのでよかったんですが。


1社で採用が決まってすぐに渡航、となれば、

プログラムを申し込んでから、4~6ヶ月で渡航も可能です。


こんなビザもあります。

私は18ヶ月のビザを取りましたが、

旅行業なら12ヶ月のビザもあるそうです。

こういう研修を取り入れている会社さんに行くのも、アリなのかも。

もしくは自分で提案してみるのもいいのかな~