初めてのハロウィン

テーマ:

通勤途中、


つぶれた靴屋さんだと思っていた場所や、

「ここって空き家?」と思っていた建物が・・・


急に、ハロウィン専門店にはやがわりして。


スーパーで大きなカボチャを売り始めて。


「今年は何になる予定?」と話し始めて、ハロウィンが近づきます。



日本にいたら、雑貨屋さんでハロウィングッズを見かける程度だったけど、

今年、初めてハロウィンを体験しました。



ビジネスからNGOへの道→いや、NPOかも。-カボチャ売り場
ショッピングモール、THE GROVEでのパンプキン市場



初めてのハロウィンの感想・・・・「いやいやいや、これって、イメクラかコスプレでしょ!」



私、もうちょっと無邪気なものかと思ってたんですけど。

子供が「Trick or Treat~♪」って、変身して家々を回る、節分みたいなイメージ。


もちろん、その文化もあって活発なので、

楽しそうな家族の姿も見かけたのだけれど。


それ以上に、自分の変身どうしよう、と考えて、ハロウィングッズショップへ行ってびっくりでした。


特に女性向けのコスチュームは、


・ナース

・ポリス

・審判

・姫系


とにかく、セクシー系の衣装ばっかり!

胸元が大きく開いたもの、スカートめっちゃ短いもの、

アキバ系のメイド衣装みたいなもの・・・


そこに群がる無国籍な人々・・・

せっかくなので、私も割り切って購入。


でもね、最初は大人のコスチュームを見てたんだけど、

サイズが大きすぎる!

どう考えてもぶかぶかでヤバイ・・・


そう思ったら、ティーン向けコーナーにあるじゃないですか!

12~14歳向けのぴったりサイズが。


年甲斐もなく、ネコになりました。


しっぽも生えて、大満足のハロウィンの夜。


これが終わると、サマータイムも終わり。

導入している州は、1時間、時計をはやめます。


迷いに変わりはないけれど、

私も、目の前のことだけ考えてたら、前に進めそうな気がしてきました。


今できることに、集中。

AD

コメント(4)