中学生ぐらいの頃だろうか



僕はよく深夜の映画をオカズにソロ活動に励んでいた。






深夜にしか流せないエロい映画を期待してるのに







眠くなるようなミニシアター系の映画




ひどいバッドエンドの暗い映画





前衛的なアート映画もよく流れた。





それらの映画は勃たせないにしても





僕の脳みそをしこしこにして




たっぷりと刺激をくれた。




今の自分の趣味趣向に大きく影響していると思う。









現代の中高生はスマホやインターネットがあるので






簡単に情報もエロい画像も動画も手に入ってしまう。






これは良いことじゃない。






パンツの向こう側の宇宙を自分の中でどう解釈、イメージするか






一番な多感な時期だからこそある程度の渇きが必要だと思う。






家族が起きて来ないかドキドキしながら





テレビにかぶりつき




じっとエロいシーンを待っていたあの頃の渇望感。





エロいシーンに遭遇した時に



ここで勝負するべきか




いや、まだビックウェーブが控えてるかもしれない




待つべきか?というかけひき。





待って、




待って、





待った結果





波がなくエンドロールが流れた時の絶望感。




ズボンをずらした状態で呆然とエンドロールを眺める、あのエモい感覚を僕は大切にしたい。



AD

停止の果てに

テーマ:


お久しぶりです。




更新がすごく滞ってましたが






皆さん



いかがお過ごしでしょうか?






人生




調子どうですか?







僕の方はほんとに散々で、辛いことがたくさん起きてました。






39℃を超える熱が何度も出るし




大切な友達は亡くなるし





大事なモノは次々となくすし





計画したことはちっとも前に進まない。





これはどうやら前世の行いが悪かったのかなと思い





先日、チベット寺院にお参りに行ってみたけど




住職の『お金じゃんじゃん入るよ』に騙され




変な数珠を買ってしまうし




集合時間はいつも間違えてるし





タンスの角には何度も小指をぶつけるし




朝勃ちしたままトイレに行ったら大惨事になるし





さすがに僕も精神がファラウェイしかけました。





人間、ここまで追い込まれると、なにもできなくなってしまうもので





ひどく落ち込んでしまい『ああ、ここが底なんだなあ』



なんて思う間もなく




たたみかけるように、もっと嫌なことが矢継ぎ早に襲ってくる







『もうどうにでもなれ』と開き直ってみても




どんどん後ろから突き落とされ続けるような日々でした。











そんなどん底の日々の中、『monolith』というアルバムが出まして






このアルバムを出して



僕の人生に希望の光が射した気がした




『グワーッ!!!』と燃えるように熱いモノが



こう身体の奥の方からグングン込み上げて来て



パーッ!!!と未来に向かって光が飛び散るのが見えた




人生が(やっと)動き出した





半分死んでるように暮らしてた僕も





今では、『生きてるんだ!!』という確かなコアを感じながら生活をしている。





なにがそんなに変わったのか






まず、夢がみれるようになった。





夢がみれる人生は楽しい。





夢があって、人生がある暮らし







数年前


『シーンを作りたいね』とバックリのキチクなんかと




なんとなく漠然と話してたことが、少しずつ現実味を帯びてきて




具体的にカタチになって来た。







E.L.Lのワンマンが即完したり




幕張メッセのピザのイベントに出れたり




楽器始める前から好きだった、ロットンやTFのツアーに参加できたりと




あの頃の僕が知ったら




鼻血を出して射精しながら失神してしまうような





刺激たっぷりの毎日が訪れた。










最近、あの頃の懐かしい友達も連絡をくれる






『雑誌で見たよ』とか





『ラジオ聴いたよ』とか






『通勤する時聴いてるよ』とか









すごい嬉しい








僕は、遠くに住んでる友達にも






自分の存在感を届けられるようなことをしたいと







昔からずっと思ってた。








レーベルの人、事務所の人、流通の人、テレビの人、ラジオの人、雑誌の人、各地のイベンター、プロモーター、アパレルの人、カメラマン、先輩バンドマン、もちろんファンのみんな







本当に力を貸してくれる味方が増えた






限りなくノリで始めたこのバンドも






もう僕達だけのモノじゃなくなって来た気がする








夢がどんどん叶う






だからもっと大きな夢がみれる






みんなで夢をみたい。






みんなでもっともっと良い場所に行って






良い時間を共有したい














なんだかんだバンドは夢がある


AD

部屋とTシャツと私

テーマ:


たまに僕の家に遊びに来る



近所のおじさん。



おじさんは嫁と3人の子供がいて



やたらとマッチョな沖縄出身のお坊さんである。



いつも変なTシャツを着ていて



ちょっと気持ち悪い人だけど




音楽と本の趣味が合うので



意外と仲が良い。






先日、


おじさんが深夜に尋ねて来た時



僕は眠かったので居留守してシカトしたら







翌朝、





僕のバイクの上に


『水回りにでもどうぞ』



という書き置きと






シャコガイの貝殻が置かれていた




全然意味が分からないし


いらなすぎてどうしようと思ってたけど




僕は、劇的かつ無意識に



台所のスポンジ置きに使ってることに気付く







確かに水回りに合う。







今月、誕生日を迎えるためか



最近やたらとプレゼントをもらう




後輩がくれた
猫のTシャツ
photo:01







ドイツに行ってた友達が

お土産でくれた
犬のTシャツ
photo:02







祝うのも良いけど


祝われるのも良いよね



ちなみに僕の誕生日は


10月28日です




噂ではビルゲイツと一緒らしい



こんなにMacユーザーなのにね




おやすみ

AD

sonor

テーマ:

遂に

2nd mini album


『sonor』
photo:01




発売しました。

おめでとうございます。



ありがとうございます。



ずいぶんお待たせしました。



僕は多趣味というか浮気性というか


色んなものに興味があるんですが



その中でも音楽は最大級の趣味です。


趣味という表現は


あまり響きがよくないかもしれないですが


それぞれ一曲一曲に


かなりの


手間と元手



時間をかけた趣味なわけで



作品ひとつひとつが



ほんとにかわいくてしょうがないです。


音楽を作るのが好きな僕と



音楽を聴くのが好きなみなさんとで



趣味の時間を共有。



何処かの誰かがsonorを聴いて



歌詞カードを読んで



そうやって僕の作品がみなさんの人生に


何分か、何時間か、何日間かお邪魔する


そういうささやかな交流こそが、


僕の生きるモチベーションになっています。


いつもありがとうございます。





よく『目が死んでる』と言われるけど



ライブ中だけは生き生きした目をしてると思います。



今日はいよいよレコ発初日



明日はバックリのツアーファイナル


どちらもソールドアウト


生きてる実感を掴み取りに行って来ます。

ジップロック

テーマ:



あ、お久しぶりです





ツイツイTwitterの気軽さに着いて行ってしまい




アメブロの更新率は、、、、、。








ずいぶんと時間が経っていました。





まったく


時間ってやつは気付いたら過ぎてて



ちょっと目を離した隙に過ぎてる




僕の許可も取らず勝手に過ぎてる



本当に身勝手なやつだ




今だに自分の年齢にさえリアリティがない




世の中、時間が経てば分かることがありすぎる



ありすぎて、困る。




もういっそのこと



時間が経っても気づかないでいた方が



幸せなんじゃないかと思ったりもする



その時間っていうのも


5分後だったり


一週間後だったり


3年後だったり


もっともっと遠い先の話しだったりして



もうどうしたらいいのか分からなくなるんだけど




まあ

生きるって多分そういうこと








そして時間ってやつは記憶や感情を風化させて



人は忘れてしまう。




良いことも嫌なことも忘れてしまう。



どうせ忘れるのなら



『しなくてもいいや』






なんて思うことはなく



みんな日々を続けてる。



それぞれが、それぞれで


どうせ忘れてしまう今日を生きている




でも、人は残すことが出来る




形にして何処かにしまっておける



文章にしてみたり絵にしてみたり



写真にとってみたり




僕にとって曲を作ることは




日々の感じたこと考えたこと




ラップで包んで真空パックする方法のひとつだ



最近作った曲はどれも大好き



みんな違ってみんな良い。






つまり

なにが言いたいかと言うと



そろそろ良いお知らせが出来そうです。



おやすみなさい。