フィンランド式サウナにおいて、熱い石にアロマ液体をかけて蒸気を発生させるサウナをロウリュサウナなどと表現される。タオルを用いて空気を循環させ、スタッフがサウナ内のお客様にサービスとして、タオルを使用して瞬間的に猛烈な熱い風を送ることを熱波と定義いたしました。




 

元・プロレスラー・サウナ皇帝

 

井上勝正

 

今日も日本のどこかであなたを扇ぐ。

 


このブログは熱波道闘いのブログであり、

 

おふろの国所属・サウナ皇帝井上勝正の喜びと苦悩の日記である。



井上勝正衝撃的流動的風力的熱波訓練映像 



 

 サウナ皇帝・井上勝正FACEBOOK


 

サウナ皇帝・井上勝正ツイッター



皇帝グッズ通販・月刊サウナプレミアムストア



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-20 15:00:00

ジャンプ50周年アニバーサリーフィギュア ~キン肉スグル~

テーマ:此はフィギュアという括りでよいのか迷う。

週刊少年ジャンプの50周年を記念して今年は様々なイベントが行われてますね、
ボクも息子と 六本木ヒルズでやっていたジャンプ展に遊びに行ったのは記憶に新しいな。

それの勢いは未だ止まらずという感じ、
バンプレストからクレーンゲームのプライズフィギュアとしてキン肉マンが遂に出るぐらいだからだ!!


ジャンプ50周年アニバーサリーフィギュア
~キン肉スグル~ だ!!

インジェクションのフィギュアです。
これは正直すごい。
↓この様に分割でボックスに入っている。
ボックスはアートといって良い。



半世紀もの間ジャンプの紙面を彩った各年代の作品群は何時までも色褪せはしない、
それどころか年代を重ねる毎に芸術としての輝きは況してやしないか?

キミはどう思う? まさか少年ジャンプを一回も読んだ事ないなんて言わせやしないぜ。

ボクなどは人生を左右されたと言っても可笑しくはない、
「北斗の拳」がなければ身体を鍛える事も無かったと思う、
つまり 北斗の拳 が無ければプロレスラーになっていた事も無かっただろう。


此方の作品では人生を左右されていないが
「ゴッドサイダー」がなければ天使の名前を覚える事もほぼ間違いなく無かった。
そして
「Drスランプ」では うんこ が喋ると言う描写に言葉を失った…


あれはボクが小学校4年ぐらいだったな、
うん、5年じゃない。
「キン肉マン」は売れている漫画だった。
第1巻は近所の本屋に行っても売っていなくて
母親に「阿倍野のユーゴー書店に行ったら大きいからあるで。連れて行ったろ。」
と言われ 母親と買いに行った思いでの漫画。

それ以前のジャンプコミックというのは
「ドーベルマン刑事」を買ったぐらいだ。


よく考えたら今ウチの息子が小学校3年生だから まぁ、息子ぐらいの頃からなんだな、
キン肉マンを愛読しているんだな。
(途中 皆もそうだと思うけど離れた時期もありますが)
ボクが20代、30代を通して何度も読み返しているんだけど
自分の経験や体験を踏まえてからだと
その都度新しいインスピレーションを感じて
何かに気づかせてくれて印象も解釈も違ってくる。 
皆さんもね、何度でも気に入った同じ漫画作品を読み返してみるべきだな、
ストーリーを知っているし。では括りきれないキャラクター達の会話の中にある人生のヒントに気づかされる事がきっとありますよ。

もっと感受性のアンテナを張り巡らせるべきです。


ボクが何で今 キン肉マン、スグルが好きなのかと言うと、彼は武器を使わないでしょ。

ボクは一時期の現実世界でのテロリスト達が垂れ流す残忍な動画を見て
  銃やナイフが嫌いになりました。

独身でなく 現在家庭を持った自分を取り巻く状況も多分に影響している事もありますが

それ以来例えフィギュアでも銃やナイフを携えているものは自分の所有している物からは外しています。

     云わば武装放棄です。

これはもう今後変わる事はないでしょう。


(これは自分個人の事ですから、他者の表現や解釈には関係ありませんし 皆さんの表現は楽しみにしております。あくまで自分の感性で個人的なものであります。)


スグルはどんな相手とも鍛えた身体一つ、それとアイデアで闘って行きます。
(ネタ的には色々ありますが。)

↓この画像が実際の彩色に近いかな?

後ろ。
ハムストリングス、大腿二頭筋は正しく2つに割れているしバルクも凄い。

カーフも相当な筋量で中の骨も頑丈だということが解りますよね。

やっぱり上半身に目が行きがちだけど
下半身の筋肉群は特筆!!
フィギュア自体の接地性を踏まえられているのは解りますよ、「足」の大きさと言うのは。

しかしこの大腿筋、脹ら脛の長さと筋量は
「敢えて」と思いますね。
(照明を凝るとフィギュアの印象が全く変わる)



ダブルバイセップス。

バックダブルバイセップス。
(ポージングとしてはそうではないけど、それでも三角筋が凄い!)

ボディビル知ってる、コンテスト観たことある。って人なら解ると思いますけど
ちょっと個性的なダブルバイセップスポーズなんですよね。
若干 上腕の筋肉のつき方も特徴的なんだ。
モデルのビルダーはいるんだろうか?


今回はね、ゲームセンターの景品用に本来製品化されたものなので販売品ではありません。
ゲームセンターに行ってガタゴト楽しみながらプレイしてほしいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

井上勝正ドキュメント 16時間熱波

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。