Lovelyz - 비밀여행(秘密旅行)
作詞:엔느 作曲:OnePiece
debut album『GIRLS’ INVASION』2014.10.17








よっけ ちらん ぴんく りぷすてぃくど
옅게 칠한 핑크 립스틱도
薄く塗ったピンクの口紅も

My lies my lies

なっそん うぉんぴす いぇっぽ ぼいるっか
낯선 원피스 예뻐 보일까
慣れないワンピース 可愛く見えるかな

My lies my lies

ったっ まっちゅん すたいりんごりょ
딱 맞춘 스타일인걸요
ぴったりのスタイルなのに

My lies my lies

あにん ちょかじぬん まるご
아닌 척 하지는 말고
違うフリしてないで

My lies my lies


ちょんちょに ちょんちょに こるむる まっちょじょ のれちょろむ
천천히 천천히 걸음을 맞춰줘 노래처럼
ゆっくり ゆっくり 足取りをあわせて 歌みたいに

ちょ もるり ちょ もるり あむど おむぬん ごし ちょあ
저 멀리 저 멀리 아무도 없는 곳이 좋아
遠くへ 遠くへ 誰もいない所がいいわ

あどぅき あどぅき っとなじゃ ぬぐど もるら ぼげ
아득히 아득히 떠나자 누구도 몰라 보게
遠くに 遠くに 行こう 誰にも気づかれないように

と もるり と もるり のわ たん どぅりらみょん ちょあ
더 멀리 더 멀리 너와 단 둘이라면 좋아
もっと遠く もっと遠く あなたと二人っきりならいい


あじっ ぴょるど っとぅじ あぬん ごる そどぅるじま
아직 별도 뜨지 않은 걸 서두르지마
まだ星も出てないわ 急がないで

しげまん ぶぁど なん どぅぐんどぅぐん っとるりじゃな
시계만 봐도 난 두근두근 떨리잖아
時計ばっかり見ても私はドキドキ震えてるじゃない

きだりょ おどぅみ うりる すむきる ごや
기다려 어둠이 우릴 숨길 거야
待ってて 暗闇が私たちを隠すわ

く ってん ぱるけ うそじょ きだりん まんくんまん
그 땐 밝게 웃어줘 기다린 만큼만
その時は明るく笑ってね 待ってた分だけ


ちょんちょに ちょんちょに こるむる まっちょじょ のれちょろむ
천천히 천천히 걸음을 맞춰줘 노래처럼
ゆっくり ゆっくり 足取りをあわせて 歌みたいに

ちょ もるり ちょ もるり あむど おむぬん ごし ちょあ
저 멀리 저 멀리 아무도 없는 곳이 좋아
遠くへ 遠くへ 誰もいない所がいいわ

あどぅき あどぅき っとなじゃ ぬぐど もるら ぼげ
아득히 아득히 떠나자 누구도 몰라 보게
遠くに 遠くに 行こう 誰にも気づかれないように

と もるり と もるり のわ たん どぅりらみょん ちょあ
더 멀리 더 멀리 너와 단 둘이라면 좋아
もっと遠く もっと遠く あなたと二人っきりならいい


そとぅるじまん うり としらくど
서툴지만 우리 도시락도
へたくそだけど二人のお弁当も

My lies my lies

ちゅるぱるはぬん まじまっ きちゃ
출발하는 마지막 기차
出発する最終汽車

My lies my lies

っとなよ なっそん ごすろ
떠나요 낯선 곳으로
行こう 知らない場所へ

My lies my lies

もどぅん ごる いじょぼりご
모든 걸 잊어버리고
何もかも忘れちゃって

My lies my lies


Kissing, Kissing you baby

ぱらみ のれ がた
바람이 노래 같아
風が歌みたい

とぅり はむっけ ちゅむる ちょよ
둘이 함께 춤을 춰요
二人一緒にダンスを踊るの

しがに もむちゅん ごっちょろむ
시간이 멈춘 것처럼
時間が止まったみたいに

いろっけ あなじゅん ちぇろ ね まむる かじょかみょん
이렇게 안아준 채로 내 맘을 가져가면
こんな風に抱きしめたままで私の心を奪っていったら

なん おっとけ なん もるら
난 어떡해 난 몰라
どうしたらいいの わからないわ


ちょんちょに ちょんちょに こるむる まっちょじょ のれちょろむ
천천히 천천히 걸음을 맞춰줘 노래처럼
ゆっくり ゆっくり 足取りをあわせて 歌みたいに

ちょ もるり ちょ もるり あむど おむぬん ごし ちょあ
저 멀리 저 멀리 아무도 없는 곳이 좋아
遠くへ 遠くへ 誰もいない所がいいわ

あどぅき あどぅき っとなじゃ ぬぐど もるら ぼげ
아득히 아득히 떠나자 누구도 몰라 보게
遠くに 遠くに 行こう 誰にも気づかれないように

と もるり と もるり のわ たん どぅりらみょん ちょあ
더 멀리 더 멀리 너와 단 둘이라면 좋아
もっと遠く もっと遠く あなたと二人っきりならいい


おんじぇぶと たんよねじん ごるっか
언제부터 당연해진 걸까
いつから当たり前のことになるかな

たるまぼりんぬり とぅ さらむ ぱだ うぃ うぇったん そむ がた
닮아버린 우리 두 사람 바다 위 외딴 섬 같아
似てしまった私たち二人 海の上の離れ島みたい

のわ はむっけ どぅりそ こんぬん ちぐむど
너와 함께 둘이서 걷는 지금도
あなたと二人で一緒に歩く今も

もどぅん げ くんまん がた っくみらど なん っけじ あんけ
모든 게 꿈만 같아 꿈이라도 난 깨지 않게
何もかも夢みたいよ 夢だとしても私の目が覚めないように


ちょんちょに ちょんちょに こるむる まっちょじょ のれちょろむ
천천히 천천히 걸음을 맞춰줘 노래처럼
ゆっくり ゆっくり 足取りをあわせて 歌みたいに

ちょ もるり ちょ もるり あむど おむぬん ごし ちょあ
저 멀리 저 멀리 아무도 없는 곳이 좋아
遠くへ 遠くへ 誰もいない所がいいわ

あどぅき あどぅき っとなじゃ ぬぐど もるら ぼげ
아득히 아득히 떠나자 누구도 몰라 보게
遠くに 遠くに 行こう 誰にも気づかれないように

と もるり と もるり のわ たん どぅりらみょん ちょあ
더 멀리 더 멀리 너와 단 둘이라면 좋아
もっと遠く もっと遠く あなたと二人っきりならいい











AD