LOVELYZ - 이별 Chapter 1(別れ Chapter 1)
作詞:김이나 作曲:OnePiece
debut album『GIRLS’ INVASION』2014.10.17





はやっけ なむん ぱんじじゃぐっ ぼに
하얗게 남은 반지자국 보니
白く残った指輪の跡を見ると

ちょんまる へおじょっぐな くろん せんがぎ とぅろっそ
정말 헤어졌구나 그런 생각이 들었어
ほんとに別れたんだなぁって そんな感じがしたわ

いげ さらじみょん くってん のる じょんぶ いじゅるっか
이게 사라지면 그땐 너를 전부 잊을까
これが消えたらその時はあなたをすっかり忘れられるかな

はなっしっ さじぬる ちうだ ぼに
하나씩 사진을 지우다 보니
ひとつずつ写真を消してみると

ちょんまる ちょあっそっぐな いろっけ うっご いったに
정말 좋았었구나 이렇게 웃고 있다니
ほんとに幸せだったんだなぁって こんなに笑ってるなんて

しがに ちょむ と こるりる ごっ がた
시간이 좀 더 걸릴 것 같아
時間がもうちょっとかかりそうよ


あむど なる ちぇちょかじ まよ
아무도 나를 재촉하지 마요
誰も私を急かさないで

な ほんじゃそど ちゃらる す いっそ
나 혼자서도 잘 할 수 있어
私はひとりでもうまくやれるわ

どぅり へっとん いるる ほんじゃ っくんねぬん げ
둘이 했던 일을 혼자 끝내는 게
ふたりでやってたことをひとりで終わらせるのは

すぃうる すのぷちゃなよ
쉬울 순 없잖아요
簡単なはずないでしょ

あむど なえ まむる ある すのぷじょ
아무도 나의 맘을 알 순 없죠
誰も私の心はわからないわ

あむり おるにら はよど
아무리 어른이라 하여도
いくら大人だっていっても

ちどかげ ちょうむ あるるん かむぎちょろむ あぷん ね まむる
지독하게 처음 앓는 감기처럼 아픈 내 맘을
初めてひどくひいた風邪みたいに苦しい私の心を


ちょむろ やうぃん ね おるぐるる ぼに
첨으로 야윈 내 얼굴을 보니
初めてやつれた私の顔を見ると

ちょんまる ひんどぅろっぐな ねが ちょむ あんっすろうぉっそ
정말 힘들었구나 내가 좀 안쓰러웠어
ほんとに辛かったんだなぁって 自分がすこし気の毒だった

ちょらへじるすろっ なぬん ちょむじょむ いじょじる てんで
초라해질수록 나는 점점 잊혀질 텐데
みすぼらしくなればなるほど私はだんだん忘れられるはずなのに

っくちゅろ ぼねっとん むんちゃる ぼに
끝으로 보냈던 문자를 보니
最後に送ったメールを見ると

ちょんまる そるじけっぐな いろっけ かんじょれったに
정말 솔직했구나 이렇게 간절했다니
ほんとに正直だったんだなぁって こんなに切実だったなんて

ふふぇぬん はじ あぬる ごっ がた
후회는 하지 않을 것 같아
後悔はしないみたい


あむど なる ちぇちょかじ まよ
아무도 나를 재촉하지 마요
誰も私を急かさないで

な ほんじゃそど ちゃらる す いっそ
나 혼자서도 잘 할 수 있어
私はひとりでもうまくやれるわ

どぅり へっとん いるる ほんじゃ っくんねぬん げ
둘이 했던 일을 혼자 끝내는 게
ふたりでやってたことをひとりで終わらせるのは

すぃうる すのぷちゃなよ
쉬울 순 없잖아요
簡単なはずないでしょ

あむど なえ まむる ある すのぷじょ
아무도 나의 맘을 알 순 없죠
誰も私の心はわからないわ

あむり おるにら はよど
아무리 어른이라 하여도
いくら大人だっていっても

ちどかげ ちょうむ あるるん かむぎちょろむ あぷん ね まむる
지독하게 처음 앓는 감기처럼 아픈 내 맘을
初めてひどくひいた風邪みたいに苦しい私の心を


ね まむる ちょうむ かじん くでらぬん もっちん さらむ
내 맘을 처음 가진 그대라는 멋진 사람
私の心を初めて奪ったあなたという素敵な人

く さしるん ぴょなじ あんきる
그 사실은 변하지 않기를
その事実だけは変わりませんように


あむり くで むどじんだ へど
아무리 그대 무뎌진다 해도
どんなにあなた鈍くなったといっても

ね いるんまぬん いっち まらよ
내 이름만은 잊지 말아요
私の名前だけは忘れないで

おぬ なる ばむ っとおるん ね きおけ っこっ みそ ちっきる
어느 날 밤 떠오른 내 기억에 꼭 미소 짓기를
ある日の夜 頭に浮かぶ私の記憶で笑顔になりますように

いじぇん くでる ぼる す おぷた へど
이젠 그대를 볼 수 없다 해도
もうあなたに会えないとしても

い まうむる た もっ ちょなんでど
이 마음을 다 못 전한대도
この気持ちをすべて伝えられなくても

あじぐん な するぷん なり ちょぐむん と なまいっそど
아직은 나 슬플 날이 조금은 더 남아있어도
まだ私に悲しい日がもう少し残ってるとしても









AD