今朝、大橋巨泉さんが12日に亡くなっていたことが速報で流れました。

最近の著名人の訃報は、亡くなって1週間~1ヶ月経ってから出るのが多いですね。

通夜、葬儀は近親者のみの密葬で、後日に「お別れの会」というのが基本的な流れになっていますね。

 

故人本人が生前残した意向もあるかと思いますが、私はこの「密葬~お別れの会」に、違和感を感じています。

 

そもそも、葬式って誰のために執り行うのでしょうか。

 

ある葬祭会社がとったアンケートによると「参列者が故人を弔う儀式」という回答が約50%を占めているという結果を公表しています。

 

・・・つまりは、参列者が故人を偲ぶための式典であるわけです。

 

なぜ近親者のみで密葬という形をとるのでしょうか。

 

 

先日、東京都内でとある家庭から出棺している場面に出くわしました。

遺族が家から棺を搬出して車にて走り出しました。

近隣の道路事情もある(狭い)と思いますが、ご近所で一連の動作を見届ける人がいませんでした。

 

・・・私の住むような田舎なら、考えづらい光景です(そうはいっても最近はこのような光景に近づきつつありますが)。

 

 

「村八分」という言葉があります。

 

ものすごくざっくりとした意味として、悪いことをした人を相手にしないことを言いますが、あくまで「八分」であって残りの「二分」はちゃんと付き合うんですよね。

 

その二分は葬式と火事です。

 

現代、悪いことも何もやってないのに葬儀にすら顔出さない(出せない)・・・。

 

 

 

こんな時代に誰がした、と思って仕方ない今日この頃です

 

相続診断士のエース

吉澤塾 相続研究会会員

 

相続診断協会認定相続セミナー講師
・エンディングノート作成セミナー
・相続の現状セミナー
その他 もろもろ実施しております

ご興味いただいた方はお気軽にお問い合わせください。
県内、および一部県外で出張開催対応いたします。

お問い合わせ
相続診断士 山田 英智
MAIL hedgecution61@gmail.com

AD

昨晩、天皇陛下が「生前退位」の意向をお示しになられたという一報が入りました。

これに対して、宮内庁はそのような事実はないと否定しました。

 

陛下の実際の真意はどこにあるのかは置いておいて、「生前退位」について考えてみたいと思います。

 

明治以降、天皇陛下が崩御されることで皇太子が次の天皇にただちに即位するという制度を採っています。

 

江戸時代以前、天皇が後継者に天皇の地位を譲位して「太上天皇(だいじょうてんのう)=上皇(じょうこう)」となった天皇がいました。

数にして59人。歴代の天皇のおよそ半分が「上皇」になっているという統計になり、歴史的感覚で見ると、それほど珍しいことではありません。

なお、現時点で最後の上皇は文化14年(1817年)に仁孝天皇に譲位した光格天皇です。

 

 

現在の皇室典範では上皇について明示されておらず、法改正によって明文化する必要があるそうですね。

 

 

さて、もしこの生前退位が皇室で制度化されるのであれば、われわれ一般市民にも生前退位・・・言うなれば「隠居(?)」という制度ができるのでしょうか。

 

被相続人の死亡前に相続人に財産分与・名義変更など全て完了し、特定相続人の扶養のもとで余生を過ごし、実際の死亡時には死亡届の提出とそのほか最小限の手続きのみ。

 

 

・・・これだけでは問題はまだまだ多いでしょうが是非制度確立してほしいですね。

 

 

相続診断士のエース

吉澤塾 相続研究会会員

 

相続診断協会認定相続セミナー講師
・エンディングノート作成セミナー
・相続の現状セミナー
その他 もろもろ実施しております

ご興味いただいた方はお気軽にお問い合わせください。
県内、および一部県外で出張開催対応いたします。

お問い合わせ
相続診断士 山田 英智
MAIL hedgecution61@gmail.com

AD

本日深夜から日本テレビ系(読売テレビ制作)にて『遺産相続弁護士 柿崎真一』が放送されます。

昨年、テレビ朝日系で『遺産争族』という連ドラが放送され、葬儀会社の社長の相続をめぐるトラブルを採り上げたドラマが放送されましたが、今回は遺産相続を専門に取り扱う弁護士を主役としてオムニバス形式で「争族」を採り上げる形式のようです。

 

第1回目の内容は・・・資産家の妻からの依頼を受けるが、その妻が資産家の亡くなる6時間前に入籍しており、、、、

 

ふむ、深夜でしかできないような内容になってると考えていいのかな?

 

 

 

 

 

 

相続診断士のエース

吉澤塾 相続研究会会員

 

相続診断協会認定相続セミナー講師
・エンディングノート作成セミナー
・相続の現状セミナー
その他 もろもろ実施しております

ご興味いただいた方はお気軽にお問い合わせください。
県内、および一部県外で出張開催対応いたします。

お問い合わせ
相続診断士 山田 英智
MAIL hedgecution61@gmail.com

 

 

AD