1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月29日(月) 17時07分58秒

不動産市場の「今」と「これから」を徹底解説

テーマ:ブログ



久々にこんな感じのセミナーをやります。昨年12月に開催したセミナーでは「市場は天井が近いですよ」とお話ししましたが、現在はすでにピークを打ちやや下落、といった局面。それではこの後どうなるのか。また2020年くらいまで、またそれ以降にどんなシナリオがありそうか。簡潔に解説します。

【東京】9月22日(木・祝):東京の不動産市場に失速感!? 〜売るべきか?買うべきか?オリンピック後までのシナリオを描く



その他こんなものも↓↓


【全国】9/3~26:「宅建業法改正でどうなる? ホームインスペクションがもたらす不動産市場へのインパクト 

【東京】9/18:フィリピン・セブ島不動産投資セミナー








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016年08月28日(日) 14時27分47秒

ものすごい記事を見つけてしまいました w

テーマ:ブログ
ものすごい記事を見つけてしまいました w

ここでいう「理事長」というのは私のことでしょう。驚きを通り越して笑うしかないレベル。

まあ私がdisられる分には(慣れてるので)一向に構わないのですが、うちの理事たちは全員完全なボランティアで、私以下、協会からの報酬は一銭ももらってません。ゲスの勘ぐりにもほどがあるだろう。こんな文章を書くあなたとは志が違うのです。

(そもそも協会提唱のインスペクションには補助金はつかない。何も知らないんだな)

※業者間で3倍も価格差…住宅リフォーム業界、
 ぼったくり横行の実態!絶対ダマされない方法!

 



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

業者主催の新興国数か国同時セミナーに思う…

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

その通り。

アジアの、みんなが知るようなところは供給過剰。
そうしたリスクも特性も織り込みつつ、リスクをなるべく低減しながら。
かつそこが「好きであること」が大事だと思います。

また「融資使わず現金買い、しばらく放置できる資金で」というのが理想。
たんに融資金利とのギャップなら、国内投資がベスト。
国内で、円だけに依存するのも、それはそれでリスクを取っているとも言えますが。

先進国には先進国の、新興国には新興国のメリットとデメリット。
まずは落ち着いてよく勉強してから。
海外投資には十分な魅力がありますが、
いろんな意味での健全さを超えた「行き過ぎ」には
適度な歯止めがかかった方がイイと思います。

※業者主催の新興国数か国同時セミナーに思う…



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

フィリピン・セブ島不動産投資セミナー 9/18(日)東京

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

9月にセミナー開催します at TOKIO.

「円高をどう活かすか」。

「投資」には「株式」「債券」はもちろん「金 (Gold) 」「不動産」など各種選択肢。
そして「不動産」は「国内」「海外」、さらに海外は「先進国」「新興国」に分類。
こうした多様なカテゴリをどう考えどう位置づけ、
どうした行動をとるのが自分にとってベストか。

そんなことをこのセミナーではみなさんと一緒に考える感じです。

※フィリピン・セブ島不動産投資セミナー 9/18(日)東京



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

9月にお会いしましょう

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

9月に全国行脚します。
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡と全国七大都市をひととおり。
「不動産市場どうなるか?」みたいなお話です。がんばります(講演後も楽しみ)


「宅建業法改正でどうなる?
ホームインスペクションがもたらす不動産市場へのインパクト」





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016年08月21日(日) 12時54分59秒

中古改修費に50万、インスペクションに5万補助で、何が変わるか?

テーマ:ブログ

※中古住宅購入時に改修費補助 最大50万円(日本経済新聞)

 

※(きょうのことば)住宅診断 日本、欧米に比べ普及遅(日本経済新聞)
 

「改修費に50万円。インスペクションに5万円。早ければ年度内」

 

「40歳未満対象」というのが、この仕組を通す際のポイントだった感。それにしても昨今は、中古市場やらインスペクションやらが日経新聞一面に何度も載るなど、時代も変わったもの。まあこうした制度は、ないよりはあったほうがいいのですが、50万円程度では効果は限定的かと。

 

「空き家解消促す」としていますが、それをやるなら同時に新築・賃貸も含めた住宅市場全体に手を付ける必要があるものの、まあ今はそこまではできない、というところでしょうか。

 

例えば「新築と中古の相対的な買いやすさに配慮」「相続税対策による賃貸乱立を抑制」「住宅総量の管理」など。日本の住宅市場にはいまだに「トータルプラン」がないのですよね。かつてドイツがそうしたように、新築振り向けられている予算をゴソッと中古市場に、とりわけ耐震・省エネ系に振り向け、戸あたり数百万とか補助するくらい思い切っていいと思いますよ。

 

というか、それくらいやらないと、住宅業界の産業構造も、市場構造も変化は限定的で、そうこうしているうちに、空き家はドンドン増加するでしょう。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み