1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月24日(金) 15時22分59秒

「英国EU離脱」はまだ確実ではない

テーマ:ブログ
国民投票で「離脱」と決まったことと、ホントに離脱するかどうかはまた別の話。英インディペンデント紙によれば、国民投票は”not legally binding" であり "merely advisory"だと。つまり

「国民投票は "法的拘束力" のない参考程度のもので、国会はこの投票結果に従う必要はない。政府は最終決断を国会に任せることが可能」としています。

BBC聴いてたんですが "independence day" とか "terrible day" とかいろんな評価を紹介しつつ、日本のマーケットが大崩れしてることを報道してます。

タラレバですが、サミットもこの後に行われれば、安倍首相の各国への財政出動要請も「リーマン級の危機」といった発言も、受け入れやすかったでしょうね。

それにしても円はほとんどの通貨に対して超がつくほど高くなりました。たまたまですがこんなタイミングでセブ視察を予定してよかったw








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016年06月21日(火) 17時12分48秒

「先行事例ジャパン」から学ぶ韓国

テーマ:ブログ


今日は韓国文化放送(MBC)の取材でロケに出てました。韓国は日本に少し遅れる形で少子化・高齢化が進行もその角度は急激、やがては日本を追い抜く勢い。先行事例の日本で起きている様々な社会現象を踏まえ、自分たちに何ができるかを考える番組だということです。




前回の韓国放送公社(KBS)では多摩ニュータウンでしたが、今回は墨田区の商店街がとり上げられます。寂れた商店街からスカイツリーの威容が垣間見れるという、絵的にはなんともいえない対比が映し出されます。




高度成長期の産業構造や商店街の賑わいからバブル崩壊、社会の成熟化、そして少子化・高齢化で、どのようなことが起き、また起こりそうかということを、主に「人口」「生活」「経済」そして不動産的な観点から一通り解説しました。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016年06月21日(火) 10時47分00秒

住宅の「資産効果」に着目した経済モデル

テーマ:ブログ



住宅市場ではこれまで、新築建設による短期的な「経済波及効果」ばかり強調されてきた。それは「穴を掘って埋める」みたいな無意味な公共工事と構図は同じ。まあケインズは、そうした言い方はしてなかったようですが。

公共工事の負債は国民が薄く広く負担し、新築では所有者が35年に渡って負担。

これから注目するべきは、不動産を所有することの「資産効果」。価値が落ちない住宅を所有している場合とそうでない場合とで、消費をはじめとする経済にどうした影響をもたらすか。たとえば今は中途半端な「リバースモーゲージ」がまともな形で実現すれば、国家財政にも、もちろん国民の幸福に効くわけで。

日本では住宅の資産効果に着目した研究がまだ見あたらないが、住宅で重要な経済との結節はまさにこのあたりにあります。

こうした視点での研究が進むと、中古市場を整備しないで新築買ったそばから価値ゼロになるこれまでのあり方がいかにバカバカしいかわかる。この点は、国や政治が世間から不作為を責められるのか、業界が消費者を騙してきたと糾弾されるのか知らない。

いずれにせよ様々な市場整備の一環でやがては結局「住宅総量管理」が必須であるとの結論に到達。ここを「自然に任せればイイ」と本気で言う人もいて「自然ってなんだよー」と突っ込みつつ、どこから説明して良いのか途方にくれるのですが、そういうこともなくなり、そこでようやく健全の住宅市場の土台ができる。

まあここに行くまでもうちょっと工程は必要だなと思います。あと5年かな。いや3年で常識を変えたいかな。ざっくり同じ志向を持つ同志の皆さん、お互いに頑張りませう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
長嶋 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み