【ほいくのホ】子どもが嫌いな私からあなたへの手紙

アリミホが 本来の美穂に戻るまでの道程を記していきます。

時々、萌えあがります。こうへーいくーん!

NEW !
テーマ:

 はじめての方へ

 

◆青森津軽の大地から、自分をみつめて40年、時々萌える女がひとり◆

 

自分の生い立ちや、生まれ育った津軽という土地、

難病の経験から得たものを綴っています。

長年握りしめていたものを手放し、

新しい自分へと変わっていく過程をリアルタイムでお伝えできればと思います。

そして、今、何かに悩み苦しんでいる方に少しでも『クスッ』と笑ってもらえるような瞬間を感じていただけたらと願っています。

一緒に笑いましょう

 

【アリミホってこういう人です     】

 

インスタグラムやってます

 

 

仲間と友達の意味の違いをはっきり意識しているだろうか?どちらもだいたい同じ意味だろうとぼんやり過ごしていないだろうか?私は数か月前まで、仲間と友達の意味を正しく理解していなかった。

 


しかし今、私が学ばせていただいている場や、そこから広がりを見せていったさまざまな場において、【仲間】とはどういうものか、その意味と重要性を肌で実感し、これまで感じたことのない感情を沢山味わったことで、初めて見えた世界があった。

 

 


【人生を変えたかったら、仲間が必要だ】

2か月前の私はこの教えがとてつもなく無理なもので、ハードルが高すぎると感じた。それは、私が苦手な分野なので、無理です、できません、と心の中で泣いた(笑)出来ることなら逃げようと思ったりもした。

 

 

しかし、その教えを何度も何度も噛みしめる度に、自分の人生には仲間が必要だと思うようになった。過去に同僚と上手くやれなかった、友達と呼べる人がいなかった、それは確かにあったけれど、それを【仲間】を作らない理由にしてはいけないのだ。

 

 

怖いから、苦手だから、面倒だから、人はすぐに言い訳をしたがる(私もである)でも、そんな時ほど感情に飲み込まれずに自分がどう在りたいを明確にすることが大切だ。

 

 

私がこの【仲間】を初めて体感したのは、東日本大震災の頃だった。
被災地の方に救援物資を送ろうと声をかけられたことがあり、是非協力させてほしいと、あるグループにお願いしたことがあったのだ。自分はそれまで【仲間】と呼べる人達に出会ったことがなかった。

 

 

会うたびにヒントをもらったり、インスピレーションをもらったり、愚痴や不平不満ではなく、お互いの成長を認め合ったりする、自分の経験を出し惜しみしない人たちがそこにいた。その【仲間】の間では自分の夢を本気で話せて、【仲間】の夢を実現するために【仲間】が自分の経験や知識などを惜しまず出して、協力しあう体制が自然と出来上がっていた。

見たことのない世界だった。

 

 

その時の目的は達成され、いつしか私はその仲間から離れていった。それから数年、今は違
う場で仲間を作り、そこで視野を広げさせてもらい、たくさんのことを学ばせて頂いている。【仲間】がいなければ出来ないかけがえのな経験をして、素晴らしい時間を共有した。この時間はこれからもっと増えていくだろう。

 

 

 

{F55AD962-8EC0-47BB-8FFA-82AF577FDB1D}
(こうへいパパは、いつも全身全霊でお客様を元気にするステージを作っている笑!)

 

【仲間】は【仲間】の一人の夢に向かって押し上げていくチカラをもっている。押し上げてもらった側が、次に押し上げる側になったりを繰り返し、みんなで次元上昇していく。その中で自分は何が出来るか?どういう形で貢献していきたいか?を真剣に考え、実行していくことが私の目的でもある。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
参加しておりますサッ
応援ありがとうございます


 


にほんブログ村 その他日記ブログ アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「├仲間へ」 の記事

テーマ:

 はじめての方へ

 

◆青森津軽の大地から、自分をみつめて40年、時々萌える女がひとり◆

 

自分の生い立ちや、生まれ育った津軽という土地、

難病の経験から得たものを綴っています。

長年握りしめていたものを手放し、

新しい自分へと変わっていく過程をリアルタイムでお伝えできればと思います。

そして、今、何かに悩み苦しんでいる方に少しでも『クスッ』と笑ってもらえるような瞬間を感じていただけたらと願っています。

一緒に笑いましょう

 

【アリミホってこういう人です     】

 

インスタグラムやってます

 

 

私はケンカという言葉を耳にすると、長い間、一方的に嫌悪感を持っていました。誰かが誰かを殴ったり、傷つけたり、言い争ったりするなんてことは、怖くて耐えられない自分にはそういうものに違いないと捉えていました。

 

 

ケンカの意味を調べてみると・・・・

「喧嘩(けんか)とは、個人的な争いの中でも、裁判に持ち込まれないもののこと」とありました。

(※出典 wikipedia)

 

 

自分がケンカをしたことがないわけではありません。弟とケンカして母に怒られたこともあります。でも、弟は生まれつき病弱で心臓が悪かったりで、本気でケンカすればダメだと思っていたようで、本気じゃないケンカをしていたように思います。

 

 

自分が保育士になったばかりの頃、『えええ!!子どもってこんなにケンカするものなのか!!』とびっくりでした。

ケンカは百害あって一利なしだと思い込んでいたのでしょう、目の前でケンカされると、お互いの言い分を聞く余裕もなく、だた辞めさせ、引き離し、くっつけないようにしようとそればかり考えて焦ってばかりいました。

 

 

今なら、子供達がケンカしても、やりたいならなれ(笑)と思うのですが、こんな自分はあまりに適当過ぎるかな・・・?と人目を気にする自分もいますが、ケンカも貴重な経験の一つだと思うからです。


何でケンカしたくなったのか?やってみて何を思ったか?それをケンカをした本人がじっくり味わうことが大事だと思います。

 

 

子どもだけに限らず、大人でもケンカはあります。

親子喧嘩、夫婦喧嘩、嫁姑喧嘩、国同士の喧嘩、と規模は違えど今もどこまでケンカが絶えない世界である一方で、争うことをやめて、愛の意識で生きましょうと願っている人々もいる。

 

 どちらがいい、悪いではないのです。いい悪いだけで物事をみて(判断して)しまうと、視野が狭まり、小さな世界しか見えなくなっていく。これは私が心底経験したことなので、子供達にはいろいろな見方があることを伝えていきたいと思っています。

 


{0ABD3119-8996-46D3-9154-5E6386388B49}
(日比谷線。お世話になりました!)


 私の大好きな人は、自分のお父さんとよくケンカをしたそうです。

子供の頃からお父さんの仕事のことで、同級生からからかわれて悲しい思い、悔しい思い、寂しい思いをたくさんして、そんな子ども時代を経験し、自分も親になった時、お父さんがどんな思いでいたのかを心から知ることが出来たそうです。

 

ケンカするのは、世間一般的には『間違っていること』と言われるかもしれません。でも、この世の中に間違いを経験せずに成長出来る人はいないと思うのです。

 

 

その経験から何かを学び、掴み取ってきたからこそ、多くの気づきを得て、深みのある人になれるのだと思います。



まちがいながら、さぐりながら、もがきながら、くるしみながら、そうやって人は自分の人生のゴールを目指していくのでしょう。

 

 

人生にこれが正解と呼べるものはありません。

 

 その人がその人の全身全霊でつかんだものが、その人の人生になるだけです。


私も私としてつかんだもので、人生を送っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
参加しておりますサッ
応援ありがとうございます


 


にほんブログ村 その他日記ブログ アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 はじめての方へ

 

◆青森津軽の大地から、自分をみつめて40年、時々萌える女がひとり◆

 

自分の生い立ちや、生まれ育った津軽という土地、

難病の経験から得たものを綴っています。

長年握りしめていたものを手放し、

新しい自分へと変わっていく過程をリアルタイムでお伝えできればと思います。

そして、今、何かに悩み苦しんでいる方に少しでも『クスッ』と笑ってもらえるような瞬間を感じていただけたらと願っています。

一緒に笑いましょう

 

【アリミホってこういう人です     】

 

インスタやってますカメラカメラカメラ

 

 

今日という日を一言で表すとしたら?


【自分の楽しいを最優先したどー!我が魂よ!ありがとうー!】な一日でした。


ただひたすら楽しむ、それだけ!
という感じ。


自分で行きたいと思う場所に行けることは、楽しい。


自分が観たいと思う人達の輝く姿を観に行けることは、楽しい。


その時感じた気持ちをつぶやいたり、インスタしたりするは、楽しい。


同じこうへいくん大好きーなファンの方々と一緒に応援できることは、楽しい。


楽しいから、やる。
やるから、もっと楽しくなる。
一人でそういう楽しさを脳内で膨らませていました。




{25CD01F5-5103-4CDA-B529-867372A8880C}
(明治座に近づくにつれて、ポスターの数が増えていくのが面白くて、いちいち立ち止まっていた人形町駅構内)




{C05484C2-73CB-4197-B681-FB3D758ED09B}
(着いたー!ここが明治座なのですねー。こうへいくん、私来ました。横断歩道をドキドキしながら渡る。)





{0304DB71-FF58-4BCC-89C8-A7D6932DAE85}
(昨夜の弘前は寒かった。冬服のままで明治座に行った私、到着時には汗だく!読者さんでいらっしゃる、ごまきなこさんにオススメされた【アイス最中・バニラ】をあっという間に完食!パンフレットの表紙で、既にウルっとくる)



{7A40AA8B-6865-41F2-8C7A-F8E7D5AA1BA0}
(幟の写真をもう一枚。この後、こうへいくんがオフィシャルブログでアップされていた写真と、同じポージングで撮って頂きました(笑)ありがとうございます!ずっーと笑いっぱなし!)



{CAA0501C-0BCB-4CBC-AA51-37CFA8F5DA74}
(いきなりだんご?も食べました。お芋入り〜食べ過ぎー?ふふふ、この後、黒蜜わらび餅も食べました)


こうへいくんのお芝居の感想は
恐れ多くて言えませんが、、、泣きました。


舞台に立つ全ての役者さんが魂のチカラを全部そこに集結させて、想像力×表現力×仲間力で、福田こうへい特別公演を最高のものにするぞ!という目的のもと、心を一つにしてお稽古を積まれたのだろうなぁと感じました。


歌のステージも、そのように感じました。
こうへいさんを強力に盛り上げていく!
パワーアップしたステージを観て頂く!
今日のステージを観た人が、一人でも元気になって帰ってほしいという、こうへいくんの真剣な思いが全身全霊というエネルギーの塊になって、私のハートに、ズドーン(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾と何度となくきて
こうへいコールを叫ばずにはいられませんでした。



昨日より今日
今日より明日
人は進化していけるのです


過去のやり方に囚われず、こうへいくんの可能性を色んな角度から見せ続けてほしいと思います。


こうへいくん自身の人生も楽しんでほしい。
今日もありがとうございました。
これからも応援します。


次は雫石だなぁ!




 ブログランキング・にほんブログ村へ

※青森(市)情報 第2位です
 応援ありがとうございます
 
 
 
 
参加しております
応援ありがとうございます



 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 はじめての方へ

 

◆青森津軽の大地から、自分をみつめて40年、時々萌える女がひとり◆

 

自分の生い立ちや、生まれ育った津軽という土地、

難病の経験から得たものを綴っています。

長年握りしめていたものを手放し、

新しい自分へと変わっていく過程をリアルタイムでお伝えできればと思います。

そして、今、何かに悩み苦しんでいる方に少しでも『クスッ』と笑ってもらえるような瞬間を感じていただけたらと願っています。

一緒に笑いましょう

 

【アリミホってこういう人です     】

 

インスタやってますカメラカメラカメラ

 

 

今、私は弘前から上野駅前行きの高速バスの車内で眠っているかもしれない

 

 

もしくは、寝ようとしたけどやっぱり眠れなくて

『母ちゃんの浜唄』を聴いているかもしれない

 

 

まあ、どっちでもいい(笑)

 

 

こうへいくんのお芝居を観るのは初めてだね

て言うか、明治座行くのが、初めて(笑)

 

 

行ってこい!腹いっぱい、思う存分

泣いでこい、笑ってこい、歌ってこい、震えでこい、!

 

 

座長こうへいくんの生き様を

その目に焼き付けてこーい!

 

 

そして、今までこうへいくんからもらった元気と勇気を、応援という形で

【ありがと〜の気持ち】

にして循環させてこい!

 

 

 

 
{467D6123-84AC-455C-82F9-08443339FAF7}

(※画像はお借りしました。)
 
こうへいくんのこーんなお姿も観られるのだよ
(何着ても、似合うなぁー!萌ええ~~)
 
 
舞台に共演されている俳優さん方からも
作曲家の方からも、演歌界の先輩の方からも
一緒にお仕事をする仲間の皆さんから
信頼されて、
慕われて、
可愛がられて、
愛されているこうへいくん
 
 
そして、お客様を喜ばせることに、
喜びと幸せを感じているこうへいくん
 
 
私の世界をcolorfulしてくれたこうへいくん
私の世界に愛と勇気と希望を与えてくれた
それこそが、こうへいくん(私のアンパンマン的存在?)
 

世界(いまここ)は
ーーっても広くて、深くて、厳しくて、でも面白いのだよと教えてくれる、こうへいくん
 
 
【だって好きなんだもん】の思いで生きていいのだよ!と思わせてくれる情報が私の所に毎日入ってきます(私と繋がってくださる方々、いつも本当にありがとうございます!)
 
 
{BE20FB17-25BE-4D28-BCD0-830AB98A5554}
(背中も好きですーーーー!!!!!)
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
 
 
毎日歌うと体も心も喜ぶことを教えてくれた、こうへいくん
 
 
腹から声っこ出して歌えば、こったらに『これ程に)気持ぢイイもんだ!って思い出させてくれで、本当にありがとうございます!
 
 
明治座での公演、ずーーっと続けてほしいけど…
こうへいくんに、ゆっくり休んで欲しいとも思う
まあいっか。私が心配することではないなぁ(笑)
 
 
こうへいくんが、ますます幸せになりますよう
私の願いはそれだけです
 
 
{4FA993FB-9EEC-4C68-9A97-258C370B83D9}
(※画像はお借りしました。)
 
こうへいくんの作業服&タオル姿
(そして、おでこ全開・・・!!)
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
全部バシッーーっとハマっていて感動しました♡
(お父さんのヤツがいっぱいあるがら~笑)
同じ衣装で明治座に行こうかと思ったくらい!!
 
 
{529BEC29-73BE-451E-AF0C-6EFEBB998236}
(※画像はお借りしました)
 
 
こうへいくん?
鯛持ってるよーーー!!!!!!お魚持たせてもかっこいいいーー!!
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
鯛になり鯛ラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ(たいになりたい!)
ダシャレです!
 
 
 
実は、あまりにもお芝居が楽しみでコンサートもあるって忘れていたけど・・・(汗)
 
 
コンサートも楽しんでくるどーー!
ワクワクするぜい
 
 
 アリミホの超個人的記事を最後までお読み頂き
ありがとうございました。


行ってまいります

 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 はじめての方へ

 

◆青森津軽の大地から、自分をみつめて40年、時々萌える女がひとり◆

 

自分の生い立ちや、生まれ育った津軽という土地、

難病の経験から得たものを綴っています。

長年握りしめていたものを手放し、

新しい自分へと変わっていく過程をリアルタイムでお伝えできればと思います。

そして、今、何かに悩み苦しんでいる方に少しでも『クスッ』と笑ってもらえるような瞬間を感じていただけたらと願っています。

一緒に笑いましょう

 

【アリミホってこういう人です     】

 

インスタグラムやってます

 

 

私が今のブログを始める前にやっていたブログがあるのですが。

それがまた当時の自分のドロドロとした混乱状態をこれでもか!これでもか!と書き綴った、もう永久に封じ込めておきたい感じの恥ずかしいものなのですが、自分こんなネタあったんやねーと笑いたいので残しておいてます←どうでもいいっっ情報

 

 

それは今から5~6年前でした。自分には保育関係の道しかない!それしかできないもん!と強烈に思い込んでいて、他の仕事は無理だ、やったことないし、人が怖いし、コミュニケーション苦手だし・・・と出来ない言い訳ばかりを数えるのが趣味(ライフワーク?)でした。

 

 

姪が生まれた頃はその思いがピークでした。

「出産と母乳をあげる以外ならなんでもできます。だってプロですから!」が心情で(重い)私が面倒見なくては、私がこの子を育てなければ、と仕事を辞めて休職していた時期も重なり、気持悪いくらい姪の面倒をみていました。

 

 

義妹の妊娠から出産までを見させてもらった姪はとても可愛くてかけがえのない存在に感じました。保育園でいっぱい子供達を保育してきたけれど、この子は特別な感じだ!と思い、もしや母乳出ないかな?と自分の乳をぐいぐい搾ってみたこともありましたが(書いていて恥ずかしい)さすがにそれは出なかったです。

 

 

初めて保育園(所)で実習した18歳の時、子供達の元気さに腰を抜かしそうになり、すぐに帰りたくなりました。『うーわ!オラこの子どもたぢの元気さ、ついでいげねえー、ああ、無理だ、はやぐ家さ帰りたい!!』と心の中はぐらぐらでした。

 

 

子供が何を考えているのかわからない、子供が次に起こす行動が予想できない、一度に複数の子に来られるとパニックになる、子供同士でトラブルが起きるとどう接していいかわからない等。それを肌で学ぶために実習であるのですが、あの時ほど慌てた経験はありませんでした(苦笑)

 

体だけは大きかった(3Lサイズ)けれど、心は未熟でした。目の前で泣かれると、こっちが泣きたい!!お願いだから私の前で泣かないで!!と思いながら保育していました。今思えば、自分のすべてに自信がなかったし、責任を取りたくなかったのです。

 

 

その子を全部包み込めるだけの心の余裕がない自分が嫌で、イライラして、子供に対し怒ってばかりの時期がありました。口から出る言葉は、命令口調ばかり。「これやって!」「早くして!」みたいな。その言葉の根底には、不安・恐怖・焦り・憤りなどがあったことに当時の自分は気づきませんでした。

 

 

自分以外の先生達の話す言葉が、とても優しく感じられる。それなのに、自分の口から出ている言葉は何だ?ただの毒じゃないか。(当時3歳未満の子の保育園で働いていたので)この子達が言葉を覚えていき、自分の言葉を話し始めたりする大事な時期に、私はマイナスな影響を与えるだけじゃないかと。

 

 

明日は優しい言葉を話そう、優しい気持ちで、愛の気持ちで子供の前に立とう。そう思って保育園に行くけれど、なかなか思い通りにはいきませんでした。自己嫌悪と罪悪感でもんもん悩み、ああ、こんなに私は辛いの、こんなに私は悲しいという(うざい)悲劇のヒロイン保育士でした。

 

 

ここでも、もれなくあの癖が登場です。

【自分にも他人にも減点ポイントを探す】

もうそれを探さないことには落ち付かないまでになっていました。子供達のことも、プラス面でなく、マイナス面ばかりクローズアップして見ていた私は、毎日のお家の方との交換ノートを書く時や、毎月の書類をものすごく悩みながら書いていたのを思い出します。

 

 

この子のプラス面ってなんだっけ?今日、この子がキラッとしていた所はどこだっけ?どういう言葉を話して、どういう時泣いたり笑ったりしていたっけ?この子が成長した所ってどこだっけ?それがスッと出てこないのです。

 

 

他人の減点ポイントばかり探していると、プラスポイントが見えてこなくなるんだ・・・(私の視野が狭いからですが)そのことに気づいた時から、少しずつ変わりはじめ、自分を本気で見つめてみようと思うようになりました。

 

 

自分の中にあった、理想の保育士像が本来の自分から発せられたものではなく、自分以外のものから刷り込まれたものであることを実感していく度に、私は段々と子供達を感情を発散するためだけに怒ることが減っていくのが分りました。

 

 

叱ることはあるけれど、怒るというのは最近しなくなったなあと思います。怒ってばかりいた頃と今を比べると、体(クローン病)の方も落ち着き、暴れることなく穏やかな腸でいてくれています()

 

 

 

{AD7B234D-80D2-4106-A1F0-8209EC7F482F}
(筆ペンで遊ぶ。模写めっちゃ楽しいなぁー)

 

 

私自慢をしたいわけではありません。

感情のコントロール出来てまっせー自慢でもありません。

ただ、これからももっと広い世界をみたいから、自分を知ることを続けていきたいから、強くなりたいから書きました。

 

 

自分に感謝

自分をうつしだしてくれる他人に感謝

 

 

明治座で座長のお仕事に燃えているこうへいくんに

大感謝ってことで・・・

おやすみなさい!こうへいくん(きゃー、、、、、萌え~バタン!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

※青森(市)情報 第2位です
 応援ありがとうございます
 
 
 
 
参加しております
応援ありがとうございます
 
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。