イタリア・フィレンツェでウェディング・コーディネート 

イタリア、フィレンツェで日本人のカップル向けにフリーランスでウェディング・コーディネーターをしています。
このブログでは私の日常を綴っていきます。


イタリア・フィレンツェでオリジナルウェディングのコーディネートをしています。


どこを切り取っても絵になる美しい国イタリア
その中でもトスカーナ地方はフィレンツェを代表とするルネッサンスの町並み、
自然の景観の美しい郊外の丘陵地帯、美味しい食べ物に心暖かな人々と
訪れる人を虜にさせる魅力がいっぱい。
この美しいトスカーナ地方での思い出に残る一日のお手伝いをいたします。


詳細はこちらをご覧ください  www.felicewedding.com
お気軽にお問い合わせください info@felicewedding.com



テーマ:

こんにちは。

フィレンツェでウェディングコーディネーター&

フォトグラファーのMomokoです。

 

 

先日届いた念願のスキャンパン!

 

使い始めのお料理は〜

 

 

やっぱりまずこれでしょ。

 

 

リコッタと米粉のパンケーキ

 

 

バターもオイルもひかずにそのまま生地を流しましたが、

全くくっつかず、綺麗に焼けました〜

 

 

嬉しい〜!!

 

 

キッチン用品がお気に入りだと、お料理も楽しくなりますね。

 

 

写真はちょっとアンダー気味にダークな雰囲気で編集してみましたが、

パンケーキの雰囲気とはちょっと違うかなぁ。。。あせる

 

お料理写真もスタイリングも試行錯誤中です。

 

 


テーマ:

こんにちは。

フィレンツェでウェディングコーディネーター&

フォトグラファーのMomokoです。

 

 

朝アマゾンから荷物が届きました。音譜

 

 

念願のスキャンパンのフライパン!!

 

しばらく前からフライパンを買い換えなければ〜

と思いつつ。。。

 

 

健康を考えて、今回こそは奮発してノンスティックの

良いフライパンを買うぞ〜!

 

と勢い込んでいたのですが、

何せ今あるフライパン、常時使っているのが

20cm 24cm 28cm と28cmのWOK の4種類がいつもフル回転

このどれもがもう替え時で。。。

 

全てを良いものでと考えるとなかなか手が出ず。。。

 

とりあえず一番使っている20cmをまず買おうと決めたのですが、

(これ決めるまでも結構時間がかかった。。)

ここ一週間くらい、毎日口コミや気になったメーカーのサイトを

比較しながら、毎日ネットで色々調べ

 

 

結局、見すぎてどれが良いのかわからない〜 滝汗

になってしまって。。。

 

 

疲れたわ。。。ニヤニヤ

 

 

で、最終的に何が決め手になったかというと

 

 

この深さ。

 

 

 

スキャンパンのソテーパンは深さが6.5cmもあるのです。

それに蓋つき!

 

20cmの小さいフライパンは、娘のお弁当作りの為に

朝パパッと小さいフライパンで揚げ物をすることもあったので

揚げ物するにはこの深さはぴったり!

と思い、これに決めました。

 

イタリアのアマゾンで75ユーロほど。

日本では¥13,000くらいするので、¥3,000くらいお得かな。

 

でも私的にはかなり勇気のいるお買い物でした。

 

 

何も考えずにポチッとしたら今朝届いたのですが、

今日は私のお誕生日 照れ

 

 

これは自分へのお誕生日プレゼントということにしよう〜音譜

 

 

これが来たら一番に焼きたいものは

 

パンケーキ〜

 

お誕生日にパンケーキ焼くかな〜


テーマ:

こんにちは

フィレンツェでウェディングコーディネーター&

フォトグラファーの Momokoです。

 

先日のお客様をお見送りで

ヴェネツィアまで日帰りで行ってきました。

 

 

この日はあいにく雨。。。

そして、寒かった〜

 

少しだけ写真を撮ってきました。

 

 

 

 

 

実は風景写真って苦手なんですが、

ヴェネツィアはどこを切り取っても

やはり絵になりますね〜

 

 

 

 

ほんの少ししか時間がなかったので、

ゆっくりじっくり撮影できなかったのが残念。

もう一度ゆっくり訪れたいです。

 

 

フィレンツェからは日帰りでも十分行けます。

 

 

 

 

 

ヴェネツィアでの出張撮影も受付ています。

 


テーマ:

こんにちは。

フィレンツェでウェディングコーディネーター&

フォトグラファーのMomokoです。

 

先日ハネムーンでフィレンツェにいらっしゃった

カップル様とフィレンツェ市内散策&

フォトセッションをご一緒させてもらいました。

 

ずっとどんよりお天気が続いていた

フィレンツェですが、この日は朝から快晴

コートがいらないくらいのポカポカ陽気です。

 

 

今回も、お二人と楽しくお話ししながら、

フィレンツェの街をご案内。

 

さりげないペアルックが可愛いお二人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィレンツェ市内のおすすめのお店なども

ご紹介しながら町歩きをします。

 

 

こちらは手作りの革製品のお店

 

 

とーっても可愛いくて、カラフルな

お財布やバッグがたくさん!

ここは私一押しのオススメショップですので、

また別の機会にゆっくりご紹介したいと思います。

 

お二人もとても気に入られて、

早速お買い上げ〜ルンルン

 

 

 

そして、散策後は中央市場へお連れして

軽くランチです。

 

 

これはフィレンツェ名物

ランプレドットのパニーノ。

 

ランプレドットは牛の胃袋です。

胃袋って聞くとビックリされる方が多いですが、

キチンと処理されているので全く臭みもなく

日本人の口にも合う優しいお味です。

香味野菜などと一緒にじっくり煮込んだものを

一口大に切り、グリーンソースやチリソースと

一緒にパンに挟みます。

 

今回はこの定番ランプレドットと

ポロネギとトマトソースで煮込んだものと

2種類を試されました。

お二人は博多からいらした方で

臓物系は普段から食べ慣れていらっしゃるので

とっても喜んでいらっしゃいました。

 

フィレンツェにいらしたら、一度はお試しあれ

です。

 

 

 

 

最後は市場でお土産用のチーズやハムの

お買い物をお手伝いして。

 

 

 

この時期はオフシーズン期ですので

比較的人混みも少なく

撮影にはオススメシーズンです。

 

 

イタリアでの新婚旅行の記念に、

写真で思い出を残しませんか。

 

 

お問い合わせはこちらまで

photofirenzemomoko@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。

フィレンツェでウェディングコーディネーター&フォトグラファーの

Momokoです。

 

先日パリからいらしたお客様にいただいた

ALAIN DUCASSEのチョコレート

 

 

 

 

シンプルな板チョコかと思いきや

裏を返してみたら、ドライフルーツがぎっしり!

 

もうこれがね、一口一口

食べる度に違う味でね、止まらない〜

 

チョコレートのお味も、やっぱり本場おフランスですね。

イタリアは敵いません。

ミルクチョコレートなのにベタっとしてなくって

スッと溶けるような繊細なチョコレート

ドライフルーツも自然の甘みとナッツ類のコクが

 

もう〜 たまりません!

 

私の好みにどストライク!!

 

一気に全部食べてしまいそうでした。。

(結局2回で食べちゃったのですが。。ニヤニヤ

 

 

お客様はパリで素敵な写真を撮られている

私の憧れのフォトグラファーさん

 

物腰が柔らかくって、女性らしい雰囲気、

それでいて凜とした自分の軸をしっかり持っている

女性としても憧れの存在です。

 

今回初めてお会いしたのですが、

もう一目惚れです〜

 

 

 

今回も素敵な出会いに感謝〜

 


テーマ:

こんにちは。

 

イタリア、フィレンツェでウェディングコーディネーター兼

フォトグラファーのMomokoです。

 

今日は朝からずっと雨。。。

気温も下がって、寒いです。

 

 

ルリジサって、ご存知ですか?

 

 

 

イタリアではBORRAGINE ボッラージネ と言います。

 

結構どこでも自生している野草なので、

こちらでもスーパーや一般のお店ではあまり出回っていません。

 

昨日いつもお世話になっている農家さんでたまたま見つけました。

 

何度か食べたことはあったけど、自分で料理したことはなく

農家さんに聞くとラヴィオリの詰め物にしたり

フライにしたり、オムレツに入れたり

と色々と教えてくれました。

 

 

解毒作用、抗炎症効果があり

胃腸にとっても良い薬草です。

 

 

ちょうど子供達がここ数日ちょっとお腹がゆるいと言っていたので

今日はこれを使ってラヴィオリにすることにしました。

 

最近娘の学校のおやつにいつもパニーノを持たせていて、

白い小麦が多くて良くないな〜 と思ったりもしていたので

パスタだけれども、家にある古代小麦を使えば

精製された白い小麦を食べなくって済むし。

 

 

うちはパパがあまりお米を食べない人なので、メニュー作りが大変。。。

どうしてもパスタが多くなり、私は白い小麦はあまり子供達に食べさせたくないので

スペルト小麦やカムット小麦のパスタを買ったりしていますが

家計が。。。えーん

 

 

 

 

 

卵も、農家さんの放し飼い鶏の卵

黄身がプリプリ〜

 

 

 

 

このイラジサを茹でて細かくしたものと、リコッタチーズ、

パルメザン、オリーブオイル、卵

を使ったフィリングを詰めます。

 

 

ルリジサの茹で汁も効能たっぷりなので

この茹で汁でラヴィオリを茹でました。

 

 

 

ゆでたて熱々にバターとパルメザンチーズ、胡椒をすりおろして。

 

 

 

 

子供達もモリモリ食べてくれました〜

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。

イタリア、フィレンツェのウェディングコーディネーター兼

フォトグラファーのMomokoです。

 

日本はとっても寒いそうですね。

今日も関東では雪がちらついているとか。。。

 

フィレンツェは初冬に寒さが何日かきましたが、

それっきり

また暖冬なんだな〜

 

 

と思っていたら、また寒さが戻ってきました。

 

周りでもあちこちでお腹のウィルス、とかひどい頭痛とか、

高熱出てる〜 とかそんな人がいっぱいです。

 

 

我が家は今年はなんとかまだ持ち堪えています。チョキ

 

 

先月12歳になったばかりの娘はアトピー持ち&喘息持ち。

気管支が弱くって風邪をひきやすいのです。

この時期は毎年一度は熱を出すのがお決まり。

 

でも、そんな娘が今年は元気一杯!

熱どころか、喘息も全く出ていないんです。

 

それは、多分体を温めているからかなと思っています。

 

 

昨年の秋の終わり、寒くなり始めた頃に夜寝る前に

お腹が少し痛いと言いだした娘。

ちょうどその時 ある方の記事で腹巻きのことが書いてあったのを思い出し

そういえば私が妊婦だった頃に使っていた腹巻きがあったはず、と

引っ張り出してきて娘に使わせたら

翌朝開口一番に「ママありがとう!ぐっすり眠れた〜」

と、いたく気に入ったようでした。

お腹痛もすっかり良くなって。

 

それから娘は昼も夜も肌身離さずつけています。

学校へ行く時も。ニコニコ

 

お腹があったかいと気持ちがいいんですと。

 

 

東洋医学では体の冷えが万病の原因とされていますよね。

 

体温が一度上がると、体の免疫力は5〜6倍になるそうです。

42度でがん細胞は死滅するとか。

他の臓器と比べ心臓に癌が発生しないのは温度が高いからなのだそうです。

 

現代の生活習慣や食生活は体を冷やすものでいっぱい。

それによって発症しやすくなる病気がいっぱいなんですと。

 

そんな東洋医学の本も以前読んでいたこともあり、

ブログの記事で体を温めることの良さが書いてあったのを見て、

「そうだ、これだ!」 と思い出して

つけさせた腹巻きでしたが、お陰で夜中にゼーゼーすることもなく

毎晩ぐっする眠れているようで、

最近は全く風邪ひかない下の息子も腹巻きはお気に入りになって

毎晩ぬくぬくで寝ています。

 

 

この腹巻き姿が可愛くってね〜ドキドキ

なんか、このお間抜けな姿がママ的にはたまりません。笑

 

 

 

 

今日もギューッとして、おやすみなさいして寝ました。

 

 

腹巻き、オススメですよ〜

 

 

 


テーマ:

こんにちは

フィレンツェでウェディング・コーディネーター&

フォトグラファーのMomokoです。

 

 

今日は私が今一番イチ押しのストリートフードのご紹介です。

それは、ギリシャのピタパン。

 

サント・スピリト地区からほど近い場所にあるMAMEというお店です。

ふかふかのギリシャ風ピタパンにお肉とポテトのオーブン焼き、
好みのお野菜とソースが入ったものです。

 

 

 

 

お肉は鶏肉や豚肉の串焼き、または牛肉のミートボールの中からチョイス。
ベジタブルボールも選べます。
お野菜はトマト、生玉ねぎの薄切り、キャベツとニンジンやピーマンの千切りサラダ。
そしてソースはギリシャヨーグルトのソース、ビーツソース、チーズソース、くるみのソース。
それにポテトのオーブン焼きがたっぷり。

私は欲張りなので、お野菜もソースもいつもぜーんぶ入れてもらいます。笑
これが美味しいんですよ〜!

 

 

しかも、オーナーの奥さんが毎朝手作りでピタパンも生地から焼いていて、
お肉やソースもすべて手作り。
オーナー自らが厳選したフレッシュな素材だけで作られているんですよ。
美味しくないわけないですね。

 

 

 

お肉もお野菜も、そしてビーツソースやクルミのソースなど
美容に良いものもたっぷりとれて健康的。
イタリアでよくあるパニーノは生ハムだけとか、ソーセージだけとか
どうしても野菜不足になりますが、これは一つで栄養満点です。
 

しかもこれだけボリュームがあって一つ4ユーロ! 安い!
フィレンツェの市内で食べる生ハムだけの寂しいパニーノも

このくらいの値段しますから、これは断然お得。
かなりのボリュームでこれ一つでかなりお腹いっぱいになりますので、
ランチだったらこれだけで十分です。

 

実はこのピタパン、娘の大好物で、
娘が通っているピアノの先生のお宅のすぐ近くなので
レッスンの前のランチに毎週通っているんです。
それでも飽きないくらい、かなりのマイブームです。笑

少しフィレンツェの街の中心からは外れますが、

徒歩でも十分歩いていける範囲です。


この界隈はフィレンツェの下町地区にあたり、
昔ながらの職人さんが多く残る地域。
家具職人や靴職人、最近は若手アーティストのジュエリーや雑貨の

ショップなどもあり、お散歩がてら回られるのも良いと思います。

サント・スピリト地区へ行かれた際はぜひ!
おすすめです。

 

 

 

 

 


テーマ:
こんにちは
フィレンツェでウェディングコーディネーター&フォトグラファーのMomokoです。


1月15日の小正月に小豆粥を食べるって知って、
ずーっと小豆を炊きたかったのですが、
なんやらかんやら予定が入ってしまい
一昨日になってやっと、小豆を煮ました。

小豆粥には日が過ぎちゃったので
娘が大好き(だったはず。。)な大福を作ったのですが、軽〜く却下されてしまいました。笑い泣き


{02B95ED0-0700-40FF-B90E-DE2BED1606DC}


結構美味しくできたんだけどな〜
とろ〜んと柔らかめのお大福ラブラブ



小豆いっぱい作ってしまって、
でも冷凍しちゃうと私すぐ忘れちゃって
結局捨ててしまう事になるのがオチ。

餡子は足が早いので早めに食べちゃわないと、
と思い、急遽あんぱんを焼きました。


夕方から生地を休ませておいて
夕飯の支度をしながら餡子詰め、
夕食後に焼き始めたので出来上がったのが
22:30。。。

焼き上がりがね、もういい香りで〜
かなり格闘して、やはりこの時間に
あんぱんはまずいでしょって自分に言い聞かせ
部屋に篭ったのですが、
FBであんぱん焼いたってことを書いたら
お友達みんなから甘い誘惑の言葉が〜びっくり

やっぱり焼きたては違うよ〜 とか
お茶淹れて一服しようよ〜 とか 滝汗


あ〜、なんと誘惑に甘い私

結局一個ペロっと食べてしまいました。。。


いや、でもやっぱり美味しかったよ。お願い

{7C638AC2-43F3-4483-8C68-28993D9562A7}




あんぱんの上に乗っているのは
妹が作ってくれた桜の花の塩漬けです。
妹が自分で摘んだ桜の花で作ってくれたのです。

ちょっと塩気があって、ふわっと桜の香りがして
見た目も可愛いし バッチリでした。


日本にいたらあんぱんとか大福とか
作るって発想は出ていなかったかもしれない。


食い気って凄いエネルギーですね。笑




テーマ:

こんにちは。


フィレンツェでウェディングコーディネーター&フォトグラファーの桃子です。


 


 


先日家族でサーカスを観に行ってきました。


 


サーカスは実はあまり得意じゃないんですが、


ピエロがどうも苦手なのと、動物を使った昔よくあったタイプのサーカスはちょっと。。。


それにどうもあの雰囲気が、なんとなくもの悲しいような、寂しいような。。。


 


今回のサーカスは動物は主演しないということと、


シルク・ド・ソレイユやモンテカルロ・サーカスのアーティストが出演するということで


サーカスというよりはよりエンターテイメント性の強いショート聞いて


行ってみることにしました。


 


サーカス自体は、うーんアーティストの技術的には期待していたほどではなかったかな。


でもショーとしては、音響もライティング効果も素晴らしかったです。


 


 


 


私が今回びっくりしたのが、サーカス自体ではなくって、


ただ観客として来ていたイタリア人。


 


サーカスでの定番、道化師が観客の中の何名かを舞台に招いて


面白いことをして笑わせるっていうのありますよね、あれ。


 


舞台近くにいた3名が選ばれて舞台に立ったのですが、


その人たちがみんなエンターテイナー!


 


観客ですから、もちろん事前に打ち合わせをしていたわけでもなく


何をするかを聞かされていたわけでもなく、


最初にそれぞれの名前を言っただけで、あとは道化師が指示した通りのことを


するだけなのですが、それぞれがすっごく個性的。


 


アドリブも交えオーバーアクションで踊ったり口パクしたり。


おしゃべりをするわけでもないのに、身振り手振りで観客を大爆笑の渦に!


 


大きなテアトロで、ざっと見ても観客7〜800人はいただろうな。


私だったら、舞台に上がっただけで膝ガクガクで、


とてもアドリブ入れて笑わせることまで考えつかない。。


 


 


自分を見せること、相手を楽しませることが本当に上手なイタリア人。


これに関心しきりでした。


 


 


イタリア人ってみんな子どもの頃からすごーく愛されて育っているんです。


どの子も「あなたは世界一美しい、素晴らしい子、愛してる、愛してる」って。


だからみんな自分に自信を持っている。


いつでも家族が見守ってくれているっていう安心感があるから、


自分に自信を持って成長できるんですよね。


そして、自分の意見をはっきり口にできる人は社会でも認められます。


 


子どもの頃からきちんと自分を出すことに慣れているので、


こうやって大舞台でも全く物怖じすることなく、


それぞれ自分なりのパフォーマンスをすることができるんでしょうね。


 


 


 


私も、堂々と自分の人生のエンターテイナーであれるよう


自分に自信を持って生きたいな


などと思いながら楽しんだサーカスでした。 笑


 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。